完全に猫なのさ

3年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ

「グランメゾン東京」第2話感想/瓶人パパに永遠に寝かしつけられてしまった件

www.tbs.co.jp

もうだめだ。完全に相沢瓶人回でした。

数日前のイベントで中の人・及川光博さんから第2話の大活躍を耳打ち(超語弊)されていた私ですが、これはもう想像を絶する呼吸困難回でした。今夜中に書いてしまわないと萌えが渋滞して週明けの仕事にさしつかえるレベルなのでバッタバタ書いちゃうよ!もちろんネタバレですご注意!

 

ていうかその前にこの笑顔を御覧ください…何?このかわいさ???これが50歳を祝われるお顔ですか???

しかもこのコックコートはあれですよね多分、コンクリ打ちっぱなしの背景の雰囲気から、少しお話が進んだあと、きっとお店の仲間に加わってからのグランメゾン東京のユニフォームなんだ!!あああ胸アツ!!ネイビーのパイピングとボタンを省略したミニマムなデザインがなんとも都会的。

 

TBSのドラマは現場レポートが充実してて好きなのですが(半沢直樹のときなめるように全部読んでた)、そこでは

♪HAPPY BIRTHDAYの音楽に合わせてダンスダンス!!

 という破壊力高い一文が踊っていましたね…。動画でください(真顔)!!

www.tbs.co.jp

 

レシピ動画の貴公子+天使アメリーちゃんの必殺コンボ

冒頭、キッチンでレシピ制作に没頭するあまりうたた寝していてハッと目を覚ます瓶人さん…リネンのエプロンがかわいすぎます。この時点(開始9分)で軒並みなぎ倒されているTLのベイベーたち。

 

「500円レシピ本」のサイン会のシーンでは優しい対応が完全にミッチー…。だいたい二つ名が「レシピ動画の貴公子」って中の人の十八番そのまんまじゃないですか。

そこへ乗り込んできた尾花たちとの会話では、

瓶人「先約があるから無理」

尾花「女か?」

瓶人「ウィ」

えっ女って誰?とか思うんだけどそれはさておき、第1話の「答えはノンだよ!」に加えて時々フランス語が出ちゃう瓶人さん。すきです!!

(女ってアメリーちゃんか!理解力パァンしてた)

 

しかもサイン会のポスターを読み込んだフォロワーさんの情報から瓶人さんは福岡県出身ということが判明。巻き戻して一時停止したら本当にそう書いてあった…あああああ(親指を立てて博多湾に沈んでゆく福岡出身ベイベーの図)。

 

今週もお迎えシーン、萌え死にました。胸に飛び込んでくるアメリーちゃんかわいいよぉかわいいよぉ天使だよぉ。ピンクのゴムのお下げ髪かわいいねパパにやってもらったのかな(超笑顔)。いやいやアメリーちゃんを食べ物で釣るんじゃないよ尾花は。

ここで初めて、瓶人アメリーが、母親と同居していることが判明します。演じるのは木野花さん!すてきなキャスティング!

「息子がねぇお友達連れてくるなんて小学校以来かしら」

……ねえ瓶人さんお友達いないの?小学校ってどんだけ??

 

パリで一緒になった奥さんはエスコフィユ解散後にアメリーを置いて家出。パリでやっていける実力があっても父子家庭では難しく帰国…という背景が明かされます。「保育園の送り迎えはパパがする」という愛娘との約束を頑なに守ろうとする瓶人の人物像に好感がもてます。この誠実さ中の人みたいだなぁって。

さらに、京野から【名前だけ貸すコンサルシェフ】を頼んだことについて、「お前は自分がにかかわった料理には責任持つ男だよな」と詫びられる瓶人名前だけ貸すなんて無責任なことはしたくない、そんなキャラクター設定も中の人っぽくて好きです!

 

開店資金調達をかけた試食会のテーマ食材をナスと決め、人んちでレシピ開発に没頭するグランメゾン東京の面々(尾花・倫子・京野)を追い出さない優しい瓶人さん。行き詰まった尾花が「アイデアぐらいくれたっていいだろ」と持ちかけると、「チョコレートはどうかな」と製菓用チョコの袋を投げ渡してくれる優しい瓶人さん。その直後、撮影セットのポールを両手で握るのかわいすぎません???

 

その後ですよ。

並べて敷いたお布団でアメリーちゃんを寝かしつけ、物思いにふけったあとメガネを外す短いシーン…もうだめだ…むり…尊い永遠に寝かしつけられた……

 

5分レシピ対決がかっこよすぎた件

序盤、料理教室に尾花がアシスタントで入り込むシーン。尾花は瓶人に差し入れられたワインをネタに、5分で作れる即興おつまみ対決を持ちかけます。生徒のマダムたちに愛想よく笑顔を振りまいた後の瓶人先生、お顔が激おこ。

 

このドラマではお料理のカットが小気味よくかっこいい演出でたいへんに好きなのですが、このシーンでは瓶人先生のマジなお料理ぶりがかっこよすぎて身悶えました。だってマジすぎてメガネがくもるんだよ????

さらに放送後、公式が破壊力高いエピソードを投下。

 

ぐええええええ!!!!及川さんが5分間ガチでお料理してたんだよ!!!!!たすけて!!!!

 

瓶人さんファッションショーだった件

瓶人さんは一貫して「サイコバニー」のお洋服をお召しでした。衣装替えがはちゃめちゃに多すぎて眼福です。中の人がぜったい着なさそうなデザインのオンパレードで脳がギュンギュンに刺激されて死にそう。チェックのシャツが可愛かったんだけど、柄シャツにはこんな世界もあったんだな。と思った次第。

 

そして第2話終盤。付かず離れずでレシピ開発を見守ってきた瓶人は、結局、試食会をのぞきにやってくる。淡いピンクのシャツにネイビーのカーディガン…!

この衣装のままのラストシーン。保育園*1の前で尾花に手を差し出された瓶人は逡巡したあげく握手を拒むのですが…萌え袖と血管ありがとうございました。

えぇい仲間になっちまえよ!と思ったのですが来週にお預けですね。たのしみ!

 

人の意見を受け入れた尾花、やっぱり舌で考えちゃう倫子

第1話で「クスクスアラメゾン」に柚子を取り入れるなど、人の意見に耳を傾けはじめた尾花。第2話ではこの1話のテーマだったナスを中心に、相沢の意見を取り入れる姿が描かれました。

そして倫子はやっぱり自分の舌の言うことを100%聞いちゃうそこそこヤベーやつでしたね。尾花が完成させたナスの一皿に賭けて、母と自分の歴史そのものである家と土地を抵当に入れてしまいます。第2話で尾花が作り上げた「ナスのプレッセ」は、やっぱり倫子の心を動かし、本来は味オンチな信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)の心を動かしたのですね。昇太師匠、存在感あってよかったなぁ。

逆にいうと瓶人は「味はわかる」と言って、今回は尾花の料理を食べてないんです。はは〜ん、だからか。ていうか食べたら心操られるの不可避てどんなサドンデスなんだ。

 

おっさんおばさんと言い合う尾花と倫子のかけあい、テンポよくてよかったなぁ〜やっぱこの2人はバディだよね恋模様はないよね、とか思ったんだけどもしかして京野さんは倫子が気になってたりしないですかね。どうですかね。

 

来週も瓶人さんが活躍しそう、っていうか今度こそ仲間になってくれそうで楽しみです!それでは明日こそ現実世界に戻るという誓いを胸に、おやすみなさい。

 

 

*1:先週は幼稚園か保育園かわからなかったんだけど今週引きで映った看板が「小鳥保育園」でした