完全に猫なのさ

3年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ

2020年のツアー日程が発表になって情緒がドスンバタンしてるベイベーの超個人的な吐露(※独り言です)

これはTwitterにあげない記事なんだけど、今日あまりにしんどくって、自分だけのために書きますね…。

 

突然すぎました。まさか今日、ツアー日程が発表になるなんて。

 

再配達になってしまったPURPLE DIAMOMDのブルーレイを会社近くの郵便局に転送しつつ、みんなの感想を見るの我慢して低浮上を宣言した矢先のことだったので、公式のツイート通知にひっくり返るかと思いました。

 

わかっていたことなんだけど4〜7月の具体的な日付がバァンって示されると、本当にそう遠くない未来なんだ、という、なんとも言えない現実味がワーッと体を包み込んだ。

病院で、採血されたところの小さな絆創膏をぎゅうぎゅう押さえながら。

悲しい。とても悲しい。いま人生のために取り組んでいることと、来年やりたいことが、ぜんぜん、ぜんぜん噛み合ってない。

悲しくて、午後から出社するために駅のホームを歩きながら、少し泣きました。

 

この半年ほんとうに及川さんのことが好きで、好き!好き!!ワンマンショーの及川さんに会いたい!!って気持ちで生きてきたなか、私のテンションは当然、全通したい!一択だったんですけれど、やっぱり1公演も叶わないかもしれない。それを悲しい、と思ってしまう私は人間として終わっているかもしれない。でも嘘偽りなく、いまは悲しいのです。

 

何もせずにうまくいく人がたくさんいるのに、どうして私は治療が必要なんだろう。自由診療って、どうしてこんなにお金がかかるんだろう。私の周りには、どうして同じ思いをしている人がいないんだろう。世の中に出回ってるこの界隈の情報は、どうしてこんなに前向きでキラキラしたものしかないんだろう。

そして50歳になった及川さんは、いつまでツアーをやってくれるんだろう。

 

天秤にかけるつもりは決してないし、かけるべきものでは当然ない、そんなのこと言われなくてもわかってる。でも今はやっぱりつらいな。

 

 

しばらく泣いたら少し元気が出たので、またがんばりたいと思います。

 

 

お説教は、しないでね…