完全に猫なのさ

3年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ

この夜のために、生きてきた/及川光博ワンマンショーツアー2021「SOUL TRAVELER」7/3オリックス劇場・後半(感想/レポ)

f:id:purplekuina246:20210704145035j:image

開演前に撮ったのだけど、「オリッコリー」の後ではなぜかジワジワきてしまう写真。

 

第1部はこちら!

 

purplekuina246.hatenablog.com

※以下、ネタバレです!必要に応じてご自衛くださいませ。

※個人の感想/主観です。

 

第2部

はしょっております!

愛と哲学の小部屋〜オンライン

ミッチーさんは登場して「良かったんじゃない?第1部!」とご満悦。「一夜として同じワンマンショーはないからね」と、大切なメッセージを繰り返します。

「みんなありがとう!」「3階ベイベー!見えてるぅ〜〜〜、メーテル〜〜〜〜〜」という突然の銀河鉄道999

コミュニケーションを手探りで積み重ねてきたミッチーさんですが、「時代が時代になったら、そのうちおしりで文字を書くようになるかも」と思いつき、「ひらがなの『み』」!」と宣言して、書いてくれましたよ、おしりで、「み」を…。最後の一画を書くときに、確信と共にギュン!と下ろされるダイヤモンドヒップ…。「なにやらせてんのあんたたち!」って笑いながらツッコむミッチーさん、楽しそうでした。

「毎回、(これが)最後かもと思っていた」と旅を振り返りつつ、前乗りしては毎週、金ローを見てた、という話に。そしてその内容にうっすらワンマンショーが影響されたというので(ボヘミアン・ラプソディとか)、思わず福岡公演の「エーオ!!」を思い出してしまったのでした(あれはすごかった。フレディのまま締めてフレディのままはけたからな)。

 

 

Q1 七夕の短冊に何を書きますか?

A1 癒やされたい。

こちらのベイベーさんは午前中にお子さんの学芸会を見てから来られたそうで「歌って踊る3歳児を見てから歌って踊っておしゃべりする51歳を見に来ました」、これめっちゃ好きですw

最初にそれを受けて言ったのが「ワンマンショーが七夕みたいなものだから」ということで、本人も気に入った様子でしたが、1年に1回だけミッチーを見に来る人もいるでしょ?って地方公演で言うのが私はすごく好きです。

短冊に書く願いごととしては、しばし考えた上で「癒やされたい」。ヨギボーとか買おうと思ってる、と話してくれたのですが毎回「ヨギボー♪」ってCMっぽいハイなトーンで言って、しかも例えが「でっかいバーバパパみたいな」ビルを倒すウルトラマンみたいにバーン!って飛び込みたいんだそうです。なんて可愛い51歳児でしょうか。

最後に「喋り続ける、僕。」って言ったのが、さりげなく「求めすぎてる?僕。」みたいでした。

 

Q2 今の幸せを大切にすべき?それとも、さらに上の幸せを目指すべき?(意訳)

A2 ※回答とは少し違うかもですが→幸せって人と比べるもんじゃないんですよ。

これは、ベイベーさんご自身での幸せの「上」を話していて(上を目指したら今ある幸せが薄れそうで怖い)、人と比べて幸せになるという文脈ではなかったのですが、お答えとしてはこんな感じ。

導入としてはこの社会状況で小さな幸せを大事にするようになった、という話を踏まえていたかな?この後の流れが超愛哲で最高だったので以下にいっぱい書きます!

「幸せって人と比べるもんじゃないですよ。感じたもん勝ち、『あー幸せ』って」

(コンビニのレジの横にあるコロッケがあるでしょう、それを買えば)数十円。サクッ、『うまっ』。まずはこれで幸せゲットです」

「嫉妬したところで手に入んないんだぜ?」

「幸せになるには努力が必要なんです。その努力をしないなら、今ある幸せを大切にすべきなんだよ

「世の中を暗くするのは、嫉妬する人々。(嫉妬って)悪循環だと思いませんか?」

…という感じでバーッと喋って、まとめは古畑任三郎のマネで及川光博でした」

 

Q3 学芸会みたいなベイベー&男子を見て、ひとこと。

A3 楽しんだもん勝ち!

このベイベーさんが出掛けにご家族に言われたのが「学芸会みたい」…って、微妙にQ1とシンクロニシティ起きてますね?答えは一言で、上記の通り!

この言い方が本人的に声優っぽいと感じたらしく、声優さんは大活躍しているよね、という話になり、宮野真守さんと銀英伝の話をしたエピソードを披露。「DVD…持ってますッ!」って、テンションが完全に共演者じゃなくてオタクのそれ。

 

Q4 ギターは何本持っていますか?グリーンのギターに名前はありますか?

A4  ギターの名前→エメラルダス(仮)

この質問を読み上げるとき、文章に「ミッチーさんは前乗りですか?」という問いかけがあったのでセルフで\前乗りでーす/って答えていたのが可愛かったし緩かったです!

終演後ツイッターによると、足りないらしいんですけど、今回挙がった分はメモを残しておきますね(正確に名前があるのかもですが、今回の本人の発言ママで書いてます)

  1. 悲しみロケット1号(スタインバーガー
  2. 強烈☆ロマンスの星(フライングV
  3. 黒ちゃん(レスポール
  4. 木目ちゃん(テレキャス
  5. アコギがうちに1本ある
  6. 天使(←天使のうたのギターのことかな?これ本人思い出せなくて、サポートするチエさんの声がちょっと聞こえました)
  7. ピンクのテレキャス
  8. 緑のエレアコ(タカミネ)

数え上げてはいなかったですが「10本くらいあります!」とまとめ、今回初登場した緑のエレアコについては、ちょっと考えて「エメラルダス(仮)」命名していました。まだ仮名だそうです。普通に定着しそうじゃない…?

 

Q5 ツアーの印象的なエピソードは?

A5 心配しないで聞いて。疲れた。

ツアー終盤らしい愛哲ですね♪ここでも、ベイベーさんが書いた「愛してまーす!」に、ゆるーく\俺も!/って答えていました。

初日を振り返り、さまざまな制約があるなかでどんなライブなるのか、「ゆくミッチーくるミッチーだけでは読みきれなかった」。そして公演を重ねる中でも「来週ができるかも、わからない」。そんな状況から「気持ちが疲れた」と率直に吐露していました。「だから、(スケジュール的には忙しかったけど)高原教頭先生を演じているのは、バランスがよかった」「ツアーの印象は、心配しないで聞いて、『疲れた』」

明日が終わったら心が軽くなるんだろうな、ということで「最後まで気を抜かずにステージに立ちたいと思います!」やっぱり、かっこいいなぁ、ついていきたいなぁ。

 

メンバー再登場で、最近おなじみになったミツコ&リエコーナー。「姉さん、持ってるわね!」「ヒップも輝いてるわよ!」みたいなやりとりが、いつもより長〜く続いたあと、最後に理枝さんが「どうするコレ」ってちょっと困っちゃったのが可愛かったです。

曲に入る前のC&Rは

  • 1階:ときめいてますか?
  • 2階:輝いてますか?
  • 3階:楽しんでますか?

でした。

 

13. 死んでもいい/14. 今夜、桃色クラブで。(新)

死んでもいいのイントロは、「大人の大人の学芸会♪」でした。これは聞き取りに自信がないので、「大人に大人の学芸会♪」だったかもしれないです。愛哲を踏まえた内容ですね!

ゆうこりんとサックスのわちゃわちゃは、はじめちゃんがかなりウザ絡みするのに対してくわっちは控えめなので、ゆうこりんが結構勝ってて私はひっそりとウケてました。ゆうこりんといえば桃色クラブにさしかかって、前髪のスタイリングがデコ出し気味に変えてある!って気づきました(センターパートかな?)。この前髪はアンコールでいつもの斜めに戻っていたので、いろいろ見られてお得感満載でした♡♡

桃色クラブ、本編の振り付けもあわせて、すきすきソングまでフルで踊れたときの達成感がすごいです。その分、最近「死んでもいい」で間違えまくっているのでリソースは有限だなって思いますね…。

 

15. CRAZY A GO GO!!

イントロでガッツリ腕まくりして、そういえばメガネを外さなかった!外したのは、半分以上過ぎてからじゃないかな?曲の途中からお顔が変わるのって、ものすごくドキドキするんですね…。

上手、下手にミッチーさんがやってくる、かつての「よしよし」パート。ここでしっかりしゃがんでベイベーに目を合わせに行くのが大好きなのですが、今回、上手に来たミッチーさんは、しゃがんで左手で頬杖をつくようなポーズをとり、にっこりしてその左手で指ハート!ぐあああ!!可愛かったぁぁぁ!!!

最後は、首をコキコキしながら、やりきったなぁ、という表情を浮かべ、「ありがとーーーー!」

たぶんここで各フロアに呼びかけるやつがあった気がするんだけど、3階ベイベー!2階ベイベー!ときて、「1階みんなベイベー!」って出てきましたね(たぶんここ)。

最後は、限界だったのか、ステージからまろび出るように小走りで、袖に消えました。

 

EC1. Shake me, darlin'

ミッチーコールでは、ハッキリと始まった強烈バージョン。うん、通常と強烈どっちが多かったかわからなくなってきました。ファイナルの後に数えよう!再登場したメンバーはファイナルグッズの爽やかなSOUL Tシャツ。女子ーズはミントカラーのほうで、さっちんは長袖がついてるアレ。

 

そして…

 

そして…

 

ステージ上に姿を現す前から、見えてしまいました…

 

シャア総帥、再び降臨☆☆☆

 

センターに立つやいなや、風になびき始めるマント。さすがです…!

「この夜のために、生きてきたんだろう?」ともう一言あって、シェイクミーですか!\シェイクミーでーす!!/

笑顔で退社〜、注目していましたらお辞儀してカッコよく敬礼☆で退社しました!総帥は残業などしないよね。あ〜〜、余裕をもって踊れるようになったのは、シャア総帥のオタ芸をこの目に焼き付けるためだったんだなぁ…としみじみ!とまりんもそうですが、この曲はオタクの気持ちを歌っているだけあって、コスプレとの相性の良さが異常ですよね。

Shake me  darlin'という、「ライブという奇跡」を一緒に確かめ合う時間。ああどうかどうか、これからのツアーでも時々やってくださいね…!

 

EC2. バラ色の人生

とにかくマント。本当にマント。

1番の終わりだったかな、ちょっとターンっぽい振り付けのところではマントを持ってエレガントに。そして2番、上手に来て2サビを歌ってくれたときがマジでキュンのキュンだったんですけど、狂喜乱舞の後の「僕のすべて注ぎ込んで」では完全に振り付けを変えて、右へ、左へと後ろにマントを払ってくれたので昇天しました…!

 

 

EC3. ファンキー☆ミュージック

メンバーが整列して、なんやかやあって、最後は1部のMCで宗さんが無駄なトークをしたから(←厳しいよぉ!)というこじつけで、3曲目のプレゼントがいただけることに!ここでもタンバリンで遊んでくれて「バイバ~イ!」っていじわるがあって、いや「バイバ〜イ!」って!

 

…そして固唾を呑んで見守っていました。どの曲がくるか。っていうか、ファンキーが来るか、ですよ…。「ファンキーですか?」\ファンキーでーーーす!/のあとに聞こえてきたのは、師匠のカウント…この入りは、このテンポってことはぁ…!!

 

そこへ黄金色に輝き出す、「SOUL TRAVELER」のロゴ、そしてきらめくイントロ…!

 

ありがとうございますありがとうございますありがとうございます

 

ファンキー☆ミュージックでした!!!!!

 

年末に超練習したものの、ダンスは全体的に超発展途上です!でも、福岡公演以来、このときに備えて、最初のイントロのキメの振り付けはかおりん先生のDVDを見直して復習してきたんです…!うれしかったぁ…!

そしてこの曲も、とにかくマント!!ああやっぱり、フォーマルな祝祭感のあるこの1曲に、マントって本当に合う!そして、登場の時点でうっすら気づいてはいました。まさかまさか、シャア総帥がマントなびかせて理枝さんのバイクの後ろに乗らないでしょ、って(いやそれはそれで面白い?)。だから納得なのでした!

間奏のクラップでは、ガチ踊りのためにタンバリンは置いていましたが、ミッチーさんをまっすぐ見て、心を込めて確信をもって手をたたきました!ゆくくるでこのクラップを習得して、もう半年がたっている…!

最後のところ、両膝に手をついてちょっとさすったりして「てへ」って顔で笑ってたけど、めちゃくちゃ声、出てるじゃん!

理枝さんが引っ張る面も大きい炎上に対して、座長がきっちり締めた!ということも大きいです。ああよかった、一昨年の求めすぎみたいに、福岡でしかやらなかった曲、にならなくてよかった!*1

 

エンディング〜Two of us

※2Daysのタイムリミットにつき、ちょっとここらへんからザックリします!笑

タイミングが思い出せないからここでメモしておくんだけど、衣装にちなんで「逆襲のミッチーでした」がありました。

メンバー紹介が逆向きで、宗さんから!だからダンサーもゆうこりんから。ゆうこりん珍しくポーズあり→さっちんもやっぱりポーズあり。そして龍ちゃんがさっちんのポーズを真似したところでタースーから「いやらしいポーズはいいからw」みたいな突っ込みが入りました。そうだよねいつもはさっちんの後は師匠だから!


万感の思いで愛を交換する、Two of us。神戸以来の関西公演だけど、踊れる人が多くて、やっぱりミッチーさんは会場を見渡して、(うんうんうん)って小さく頷いていました。このうなずきを最初に見たのは渋谷。これが本当に好きなんです。
「体操だから。痛めないようにね」と言いつつ、途中で手首をブラブラする動きも入りましたw

「みんなで呼んでみよう!せーの!」

\ミッチー!/

「それは俺!」

「スタッフのみなさん、今日は及川先生から差し入れがあります!持ち帰ってください。今日撤収ないからね!ゆっくり休んで!スタッフにも盛大な拍手を!」

そして

セミファイナルまたはファイナルイブに集まった980人に盛大な拍手を!」

「僕はミッチーでした。そしてみなさんは、ベイベーでした、男子でした。忘れないで。」

メンバーの見送りかたは超ざっくりで、最初名前の呼び捨てだったんだけど、「ゆうこ!」からの「水上!」でした。さっちんを水上って呼ぶの、ミッチーさんの中で流行ってない???

 

そして最後の遠隔ハグ。

「両手を広げて!遠隔はぁぐ」

(ぎゅっ♡)、*2

そしてベイベーを抱きしめたままのミッチーさん、大真面目に、冷静に、こう言いました。

「これから久しぶりに遠隔アーチェリをするけど、胸に刺さってもウッて言わないよ、無言で倒れるよ。いくよ?」

「遠隔〜〜アーチェリー!」

 (心の声で)(ウッ)(ちゃんと斜めに倒されてるベイベーたち)

「さようなら…ッ!」
ちょっとシャアが入ったままなのか、爆イケの敬礼を残して、マントをなびかせて、14本目を完全燃焼したスターが、袖に吸い込まれてゆきました。

 

 

たいへん。あと1時間で開演です。とにかく粉ものを食べすぎて、昨日と同じスカートなのにキツいです!!

 

それでは、それでは、オリックス劇場に集うみなさん、遠隔サポートのみなさん、最後の1本まで一緒にキラキラできますように。

いってきます!!

 

 

 

*1:この曲は友達がすごく楽しみにしていて、イントロの瞬間心の中で叫びました。よがっだぁぁぁぁ!!

*2:ここで笑った人はあとで教頭先生の部屋に呼び出しです!