完全に猫なのさ

3年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ

愛と、萌えと、ペンと。〜ブロガーさんにインタビュー:みあやさん、双葉りつさん(前編)

こんにちは!毎日とても暑いですね。ミッチーさん何してますかね、暑くて溶けてないですかね…?

さて今回は、継続的にブログを書かれている先輩ベイベーさん2名をお招きし、久しぶりにインタビュー記事をお届けします。最近、ご縁あってお近づきになれた方々です!うれし!

ご協力をお願いしたら熱のこもった長文テキストで打ち返していただけたので、前後編に分けて公開します(チョコレートケーキをねだったら煉瓦が送られてくる、それがブロガーの世界←褒めてます)。

前編はワンマン中心後編は俳優業中心の話題になる予定です。前編のコンテンツはこちら。

 

前回のインタビュー記事はこちら!(今読み返しても2019年の初心者は、やばかった)

purplekuina246.hatenablog.com

 

ということで、狭苦しいところですがお客様を歓迎したいと思います!(座布団をはたいて待機)(なぜ和室)

ピンポーン♪

いらっしゃいませ〜☆

 

①みあやさん

1人目のお客様は、詳細なレポでおなじみ、全方面で精力的に活動しているみあやさん!私は初ワンマンの後に熱にうかされて八王子公演のセトリを探し回ってみあやさんのブログに辿り着いたという経緯があります。

ご縁あってひょんなことから仲良くなったのですが、それまでは、たとえ話でいうと、藪の中に隠れているヤンバルクイナを見つけたけど絶滅しないようにそっと見守ってくれていたという感じです。以下、ご本人のテキストを中心に構成します(ときどき私の心の声が入ります)

 

f:id:purplekuina246:20210801193900j:image

写真提供:みあやさん(お題:思い出深い写真)

「初めて全通したPURPLE DIAMONDツアー後に撮影した写真。元号を跨いだのも印象的でした。」

 

【DATA】

  • ベイベー歴:10年半ほど(自分が自分のことをベイベーだ!と思ったところをスタートラインでカウントしています)
  • ブログ執筆歴:10年弱(アメブロ

 

ameblo.jp

 

Q1.初ワンマンの思い出を教えてください!

銀河伝説の八王子二日目公演(3月25日)です。一番の思い出としては、ミッチーさんに『2階届いてる?』と言われたとき(2階2列目でした)、初心者(とそれに近い)ベイベーの集団、かつ空席も目立っていた2階が、まるで今年タンバリンを持たされていなかった場合のブーイングかのように(シーン……)としてしまったことですかね…」

「“届いてないんだ”としょんぼりさせてしまったのが申し訳なくて…この感情が、恥ずかしがり屋(?)の私が、誰が隣にいても、どんな席でも、堂々とコーレスしたり遠隔技ができるようになった大元かもしれません(もちろんみっちーさんが大好き!って気持ちは大前提にありますが)」

「と、微妙にネガティブな思い出を挙げてしまいましたが、当日は緊張でお昼ご飯も喉を通らず、ふわふわしているうちに1日が終わってしまったので実はあんまりよく覚えてないんです!なんなら記憶がないことが思い出です!(笑)ごめんなさい💦」

→今のご本人のスタンスのきっかけになったという体験は、すごく意外な角度であり、感慨深いものがありました。いやぁ…でも…このときのみあやさん、ティーンなんですよね…(遠い目)。

 

「どちらかと言えば2回目の神奈川県民ホール公演のほうが、初めて至近距離でみっちーさんを見たり(入り待ち)、人生で初めて黄色い声を出したり(メガネにスーツの破壊力…👼)、Let's‘自己解放!がなんとなく分かったりと思い出深い…」

→あのメガネにスーツは破壊力ありすぎる…!あと、「黄色い声」って自分から出るんだ!?と知ったときは私も衝撃でした。

 

Q2.いちばん観てると思う円盤は何ですか?

「円盤、そりゃもう美しき…

……と言いたいところなんですが、たぶん『大人の恋。』ですね…w」

→えっ意外!美しきじゃないんですね。

 

「理由は、もちろん一推しの円盤は『美しき世界。』なのですが、美しき世界はかいつまんで見るっていうのはなんか違う気がして(特に一部)、そして世界観も重ためなので、回数で言うと一番ではない気がする…」

「大人の恋は、初めてリアルタイムで購入した円盤、かつ2枚目の購入円盤(最初は『日本舞踏館』)ということで、選択肢がないころから存在していてたくさん見ている&ダンスチューンが定番曲揃いなのでぱっと復習したり踊ったりしたいときに見る&ビジュアルが私が好きになった時のみっちーさんなんですもん…」

→大人の恋、私はエンディングが大好きです!あと私にとって、新しい円盤からさかのぼっていって「顔がよすぎて気が散る」という事象が起こる境目は「大人の恋。」なのです(何だそれは)。

 

Q3.ミッチーさんのMC、どうやって思い出しているの…?(震え声)※みあやさんのみ

どうやって思い出してるん…でしょうね???私が聞きたいです()」

→えっ……(絶句)。


「というのも、あまり、『覚えよう!』という気持ちでMCを聞いているわけではないんです(特に1部)。その場を楽しむことが大前提で、そのあとにレポがある、という認識なので…。」

えっ……(涙目)。

 

「実際、私は愛哲等はメモを取っていることが多く(席によって取らないこともあります)、第1部は取っていないのですが(バラード間は除く)、“思い出せる量”はさておき、思い出した部分に限って言うならば、クオリティはメモを取っていない一部のほうが高いような気もしているくらいです」

「書きながら聞きながら記憶する、とやっているつもりが、メモを取りながらだと、どうしても“記憶する”が疎かになってしまっているのか、メモが追いついていないところが思い出せないこともあります。記憶と対照する結果、第1部のほうがクオリティ高く思えているだけかもしれませんが…。」

→みなさん…、ここで各自、任意の宇宙猫の画像を思い浮かべてください。*1

 

〜にゃーん〜

 

「私は単語があれば、そこから芋づる式に思い出せるので、鍵となる言葉、第1部だったらコーレスだったりトークテーマ、愛哲だったら質問数と質問内容は意識的に覚えて、できる限り直後にメモに叩き付けています」

「ただ、タイムライン等を見ていて、単語レベルにMCを拾って、そこから芋づる式に思い出してることもありますし(もちろん丸パクやコピペは絶対にしませんし、記憶にないことを書き綴ったりはしませんが!!!)、特にメンバー紹介等、抜けることも多いので、そういう時は『誰か助けて~!』ってつぶやくと大抵誰かが覚えていて教えてくれるという…皆さんに助けられてます!!!(結論)」

 

…ということで、私が個人的に一番聞いてみたかった質問にご回答いただきました。そしてやっぱり宇宙猫になりました。聞いても絶対にマネできないことはわかってはいたけど、改めて聞かせてもらうと、もうね…!!

しかし、分からないなりに、“メモすることによって記憶するための脳のリソースを食ってしまう感覚”は興味深いお話でした。“芋づる式”については、トリガーとしての単語がある?らしい。これ、ある程度なら誰もが持っている力ですが、みあやさんは、この“つる”の太さがごんぶとで、釣り上げられる芋が大きいってことなのかなぁと。でも思い出せるから楽勝ってわけじゃ、もちろんないですからね!特殊なインプットとアウトプットをもって、レポは生まれているのですよね…。

*2

 

f:id:purplekuina246:20210801193918j:image

写真提供:みあやさん

「私のブログのライブレポートの行く末w今年は何枚になるのでしょうか…(映えゼロ)」

→ 「映えない」からこそ、ブロガーっぽい圧のある1枚です。何万字なのよ。

 

②双葉りつさん

続いてのお客様は、様々にクリエイティビティを発揮して大活躍の双葉りつさん*3。お互い「はてなブログ」を使っていることからずっと親近感をもっていて、お近づきになる前からも、そっとスターを送り合う仲でした☆(※はてな民のイチャイチャ)。

同じく、以下ご本人のテキスト(+私の心の声)でお届けします。

 

【DATA】

  • ベイベー歴:9年
  • ブログ執筆歴:3年(はてなブログ)(Twitterでお知らせするようになった歴:1年←)

 

deception303.hatenablog.com

 

Q1.初ワンマンの思い出を教えてください!

2013年『ファンタスティック城の怪人』栃木公演(4/6)です。神戸くん卒業を機に、約1年かけてミッチーさんにハマり、仲の良い妹(非ベイベー)と2人で参加しました。大阪人ゆえ、本当は関西公演が良かったのですが、神戸公演は日程が合わず、大阪公演は先すぎて我慢できず。結果、小旅行がてら栃木へ」

「当日は季節外れの爆弾低気圧に見舞われ、会場までタクシーで向かった記憶。妹と『ミッチーめ🤣』と陰口(?)を叩いてました(冒頭のMCで平謝りされた記憶…笑)」

→このエピソードに関しては別途、「及川光博』をググり続けて約1年」というパワーワードも聞いておりまして、まずそこから驚愕でした。あと、さらっと書いてるけど大阪から栃木っていうフッ軽さにも注目…!


「幕が上がり、マイヤー様が降臨され、真っ先に抱いたのは、『うわああああテレビ越しじゃないいいい』という、フワフワドキドキした興奮でした。本物のミッチーさんが、我々と同じ次元に存在している…!?という、衝撃に近い感動」

「夢心地のドキドキは、しかし3曲目を終えたMCの時に、現実的なドキドキに変わっていきます。そう、『この人…喋ってる間もずっと汗止まらないな…!?』という健康上のドキドキに。人間がこんなに汗をかき続けて大丈夫な仕様なのか不安になり、脱水で倒れてしまわないかヒヤヒヤしました。あとめっちゃお水飲みはるなあと(そこは安心)。こんな感じで気を散らしまくっていたので、楽曲自体の思い出はほとんど残っておらず勿体ない限り…!」

健康上のドキドキ、わかりみが深いです。あと、「あとめっちゃお水飲みはるなあ」については、私も初ワンマンで同じようなことを思いました。“人間としての大丈夫”を優先している安心感というか、「私も水飲みますんで(≒みんなも無理しないで)」というメッセージを勝手に感じてホッとした覚えがあります(当時は体力がなかった)。


「以下、印象に残っている点を箇条書きで。

  • 三日月姫での「セイ・イェー!!」の洗礼(「!?CDと違う…!!」)
  • バラードでも滴り続ける汗(ヒヤヒヤ)
  • 最後の方の曲で、派手にミスが起こり1曲追加になった(当時は、変な空気になったな?ということしか分かりませんでした。むしろ毎回こういうおかわりサービスがあるのかと←)
  • 初心者イジリが雑(愛哲の時に「初心者ベイベーに説明すると、」って言及されたぐらい笑)

とにかく、楽しくてたまらない、最高の初心者デビューでした!」

→バラードでも滴り続ける汗。今では「仕様」って知っているけど、確かにそれは心配案件だったわ…。

 

Q2.いちばん観てると思う円盤は何ですか?

「FUNK A LA MODEです。マイヤー様再登場は何度見ても滾ります」

→うわああ!私も好き!!りつさんは衝撃の出会いがマイヤー様だったから、きっと喜びもひとしおでしたよね。私は円盤で観る限りですが、マイヤー様は再登場(47歳)のほうが怖いと思ってて、あと何なら50代のマイヤー様に私は会いたいです。50代のマイヤー様のほうが、より執念深いような気がするんだ(根拠なし)

 

Q3.アクセスコール「みちー三世」&「みちずきん」の制作意図を教えてください(直球)※りつさんのみ

→こちらは説明不要と思いますが、CROSS FM「RADIO◎CONNECTOR」でミッチーさんとDJのごしごし姉さんが展開する小芝居コーナーのこと。これまでたくさんの神脚本がお2人の手で演じられてきているとのことですが、私がベイベーになって以降によくかかっているのが衝撃の「みちずきん」。ということで、上記の脚本の作者であるりつさんに、制作意図を聞いてみました!

 

「どちらも、萌えの摂取です(直球)」

ですよね〜〜〜!!(笑顔)

 

「みちー三世については、ルパン三世が大好きなので俺得設定でした。峰不二子のノリで『ごし ごし子』って言ってほしい!というのも動機かも。前者はミッチーさんがノリノリでモノマネして下さったことで叶い、後者は私が脚本に盛り込み忘れたため叶わず(アホやん)。スウィートな雰囲気が不得意なため、出来上がってみたらコントになってました。」

→このミッチーさんの本気モノマネ(とっつぁん〜とか)、すごいですよね。ごし姉さんもノリノリで大好き。脚本としてはサラッと歌詞を織り交ぜているのも技術点高い!


「みちずきんちゃんはですね、実はオオカミッチーとごしずきんちゃんバージョンも考えていたのですよ…!(「どうしてそんなに目が切れ長なの?」とか言わせるのもアリかなって←)でも、やはりミッチーさんに幼女を…!という誘惑に勝てず、つい出来心でみちずきんバージョンを送りましたとさ(遠い目)。まさかの採用を受け、ミッチーさんとごしごし姉さんの懐の深さに感謝しています。ありがとう、幼女(49歳男性※当時

→ミッチーさんの「あれれ〜」とかの全力演技、脱帽です、かわいすぎる。脚本としては「朗々と」といった表現にみられる幼女らしからぬ語彙がポイントですよね。まさに、見た目は子供、頭脳は大人ってヤツ…!

 

以上、双葉りつさんにぜひ聞いてみたかったことを伺いました!以前から、萌えをフルスロットルで叩きつけるテキストが面白すぎて大好きだったのですが、最近、仲良くなって分かったことがあります…。この方、思ってたのより100倍、面白いわ…。

ちなみにりつさんからも「思い出深い写真」を1枚お預かりしています☆こちらは後編でご紹介しますね!

 

③夏休みの閑話休題コーナー

さて、後編では俳優業に関する話題が続くのですが、ここでは、閑話休題の質問をお届けします。夏休みということで、私も妄想が膨らんでめちゃくちゃ楽しかったです。

 

Q4.みちキャラと夏休みにしたいことは?

<みあやさん>

神戸君が腕まくりしてるのを見たい…アッこれは「と」じゃない…。
用務員として再雇用*4された高原先生にスポーツドリンクを差し入れ…アッこれも「と」じゃない…。
神戸君と!温泉に行きたい!!(そしてのぼせているところを看病したい!←結局「と」じゃない。)」

助詞の「と」に一生悩み続けたみあやさんであった…。スポドリ、やっぱりOS-1ですかね!?(←節子それスポドリやない)これで高原先生がゴクゴク飲んで「おいしいですね☆ンフ」って言い出したら問答無用で箒を奪って保健室に担ぎ込みたいです*5

神戸くんがのぼせてるシーン、私は初見のとき「地上波で大丈夫なやつ!?」って本気でうろたえるほどドキドキしたなぁ…。

 

<双葉りつさん>

「黎さんの行き先にひたすらついて行きたい…ほらネコチャンってそこいらで一番涼しい場所知ってるらしいから…(ウザがられて変な暗示かけられて追い払われそう)」

ニャーン!!!!!! ついでに浴衣の胸元に扇子で風を送る黎様も見たいです♡

 

私ですか?どうしよっかな!何しよっかな!

後述しますが私あんまり過去作の履修が進んでなくて引き出しが少ないのですよね。が、挙げるならこんな感じ!

  • 黎様と縁側でスイカを夢中で食べる(そして浴衣からのぞく腕をチラ見する)
  • 神戸くんにちょっといい日傘をプレゼントする。そしてその日傘を右京さんに得意げに自慢しているところを物陰から見守る。
  • 内藤と縁日に出かけてアメリカンドッグを買い与え、“何ですかこの庶民の食べ物は”という冷ややかなリアクションをされるも意外とおいしいって顔で完食する様子を見守る(そして危ないので串は回収する
  • 貨幣経済絶対許さないマンのノノくんを桃鉄に誘ってキレられる*6

 

…あんまり「と」じゃなかったですね😌

思うように弾けられない夏ですが、妄想の中なら自由に楽しめていいものですねぇ。

こんなところで、前編を締めたいと思います。続く後編では、履修があんまり進んでない私に、お2人からの熱いプレゼンが炸裂します。乞うご期待☆

 

 

*1:公開前チェックでこれを読んだりつさんから、宇宙猫・黎様(黒猫)Verが送られてきて腹筋がビックバンしました

*2:ちょっぴり補足。じつは私たち、お互いに書き終わるまで読まないようにしてるんです。そしてレポの間には、微妙な揺れや差異がありますが、これは、それぞれでがんばって覚えたりメモしたりしてるからなのですよ。まあ神戸の人数を580人と書いたりしてたら助けてもらうけど!!←

*3:イラストも大好きです!

*4:大阪1、MCより(みっちーさんによる捏造)

*5:たーすーはステージで「OS-1おいしい😆」って言っていたのでやっぱり心配ですよ…

*6:「悪貨」の自分の感想を読み返したらけっこう辛口だったわ。次に観たら、萌えに特化した感想になりそうです