完全に猫なのさ

4年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ

エンタメはやっぱり人を幸せにするから/及川光博ワンマンショーツアー2022「GROOVE CIRCUS」4/29三郷市文化会館・前半(感想/レポ)

f:id:purplekuina246:20220430033032j:image

祝・開幕!初日ソールド☆コングラッチュレーション!!

 

※以下、ネタバレです!必要に応じてご自衛くださいませ。

※個人の感想/主観です。

 

キラッキラの初日、お疲れさまでした!いやぁ〜〜ホント、ミッチー日和のいいお天気でしたね…(服を乾かしながら)

初日なので「内容そのもの」の感想が多いです!

 

 

 

セトリはこちら!

purplekuina246.hatenablog.com

 

1部

開演前

「Diamonds Are a Girl's Best Friend 」や「This is me」がかかっていました!とくに後者は今回のアートワークから想起される「グレイテスト・ショーマン」の曲なのでニマニマしてました。っていうか開演前にこの曲は超合う。

影アナはおなじみのサッシャさんだったのですが、なんかいつもよりこってりしたサッシャさんで、口上っぽい感じ。要はね、そういう文言はまったくなかったんですが「さあさあ皆様お立ち会い!」「よってらっしゃい見てらっしゃい!」的なテンションでした。内容も面白かったから(きっとwritten by たーすー)、また細かく聴いて覚えてみよう!

 

1.The Curtain Rises

明るくカラフルな照明のもと、上手・下手から軽い足取りでにぎやかに登場するメンバーたち!お衣装は全員サーカスです(後述)。ちょっとセンターで気取ってポーズをとってみたりしながら位置につくわけですが、おや、階段の真ん中でパントマイムのようにポーズをとって止まっているピエロさんがいます…えっ、なるほど、もしかしてこれがミッチーさん????と思っていたらこれは師匠で、ハッと気づいたら上の段の中央からピンクの燕尾服に身を包んだミッチーさんが現れていました!

個人的には、「愛と青春の旅だし。」みたいなエンタメ感にあふれたオープニングで超好みです!!

 

2.Don't Stop Me Baby

そして待ちに待ったこの曲!!曲の位置の予想は当たったんですが、曲の位置づけの予想を盛大に、それはもう盛大に外しました…!

ふわふわのチュールとタイツのドーリーなお衣装にウイッグをあわせた超絶かわいいダンサーの動きを目で追いつつ、サビに差し掛かったところで悟りました。これ、ダンス曲じゃなかった…!

ダンサーはバレエっぽい動きをベースにした優雅な振り付けで踊っていますが、明らかに「一緒に踊ろう」系の振り付けじゃなんかったんです。なるほど、間違えた!出直します!!!*1

それでも楽しみにしてたこの曲、冒頭のラップから高揚感が振り切れました。そして改めて、ミッチーさんのお衣装が最高。ピンクと黒のストライプ燕尾服に、ロングブーツ!ターンするたびに燕尾服の裾がくるりんと翻って表情豊かです。

 

3.ザッツ・エンタテインメント

ここまでの流れ、私、予想を当てましたよ…!でもね「想像通り」っていうことじゃなくて、ザッツのイントロが聞こえたときは「こうだったらいいなと思い描いたものが、想像の斜め上に素晴らしく具現化された」という喜びに震えました。カラフルで濃厚な照明が、天井から垂れるピンクストライプの幕に映えて期待感をかきたてます。実は照明が一番好きなのこの曲かも!

「たとえ何が起きてもハッピーエンドです♪」のシンガロングは、「心の声で!」と誘導。もうコロナ3年目、Don't Stop Me Babyのコーレスも声を出さずに十分成り立たせることができたし、物足りなさを感じることなく楽しめました。

指でバン!ってやるところでは、前ベイベーさんを具体的に1名、狙い撃ちしていました。合掌…

予想はあたったけどほぼ未履修なのでカナケンまでに練習します…!

 

4.インフィニティ∞ラブ

ああああ〜〜びっくりした〜〜〜〜!!!

照明が赤くダークな雰囲気になったと思ったらこの曲…!予想にロックナンバーを入れ忘れてしまったのですが、ここでポジティブなロックが投入されましたね!

Bメロで床にくずおれるミッチーさんに、心の爆音で「愛してま〜〜す!!」を浴びせかける私達(withサンプリング)。ここまでずっと、ポイントにコーレスやシンガロングがある曲が続きましたが、いまの私たちなら、やれるね!十分やれるね!という確信を、ステージと客席で一緒に積み重ねていくようでした。

 

MC(抜粋)

星は俺1人

三郷ベイベー!って呼びかけあったかな。ソールドアウト、1250人の動員であることを告げ、

「業界全体で(動員が)下がっているなか、超満員、ありがとうございます!」

「世の中がどう変わろうと、揺らがない我々の愛!」

と高らかに語りかけます。

なんかみんな“推し”がいっぱいいるんでしょ?とうっすらいじけつつも、

「“星”は俺1人だろ!」とドヤるミッチーさん。

 

初心者ベイベーとラブ・バズーカ

初心者ベイベーに呼びかけて、「ファンクラブ会員だけかと思った。いるのね!」「初心者ベイベー、また来いよ」

前も聞いたことがある「今まで何してたんだよ」「やっと会えたね」みたいなのもあったと思います。

で、いきなり放たれる新しい遠隔技。ラブ・バズーカ!

我々訓練されてるので、とりあえず、のけぞるじゃないですか。ところが、そんなもんじゃないとのことで、

  • 撃ったら、ちょっと間を置いて「ドン!」って言うから(=着弾)、そこでジャンプ

とレクチャーされました。愛(の実弾)が重い…!

1回ではタイミングが合わなかったので「カナケンでレクチャーなしでやりますから!」「もう1回やっとく?不器用なベイベーたち」。ということで練習。初心者ベイベーさんたち、ついてこられましたか大丈夫でしたか…!

 

C&R
  • 2階:桃色ですか!
  • 1階後ろ:ピンクピンクですか!
  • 1階前:サーカスですか!

今年の変更点→ここで手をつけるときの\シャンのシャン/が、タンバリンを振って\シャンのシャラララ〜〜!/になりました。スタッカートをテヌートにするんですね。確かに音がにぎやかになってレスポンスみが増した気がする!

 

ドラマの撮影と髪型

まだ解禁できないドラマの撮影をしているんですって!最近のバラエティでときどき見せていた「前髪が短い姿」は演じている役どころによるもので「カナケンでは(また)前髪パッツンですよ!」。やっぱり夏ドラマかな?前髪が短い…何の役だろう…ま、まさかグラメ2期…!?(たぶん、ちがう…!)

この流れで「気まぐれサーカス」発売の紹介があってめちゃくちゃおもしろかったのですが、後半がネットNGとなったので落とします〜。なんかあそこの口調はたっくんの真似だった気がするね。笑

 

メンバー紹介

メンバー紹介曲は、The Curtain Risesの短い版。アコーディオンの音はどっから鳴っていたんだろう、龍ちゃんの鍵盤か…?

  • あらケン:謎のハイテンション片言キャラ。ゴージャスな襟周りのお衣装はミッチーさんいわく「ライオン」なんですって!
  • 野村さん:なんとステージネームが野村裕幸だった。いや、合ってるんだけど!紫のオーバーオール。
  • フッシー:緑のオーバーオール。「あんたが一番似合ってる!」とタースー。「サーカスということで綱渡り気分でがんばります!」。今日も快調だねふっしー!
  • くわっち:赤のオーバーオール。いつものキラキラストラップをピンクで新調したのね!はじめちゃん(別現場かけもち)とのWキャストですがミッチーさんが言うには「クジで引いて当たったほうが出ます」。そんな!
  • 師匠:ピエロさんです。「悪いピエロだよ☆」「お願いだから(そのウイッグ)バラードの前に脱いで」
  • 宗さん:みんなの中では一番シックなグレーのスーツに山高帽。と思ったら「宗さんは、ぞうさんです☆」。Soul!Yeah!の掛け合いもぞうさんバージョンで「パオーン」入りでレンジ。それにしても「ぞうひではる」…じわる…w
  • 龍ちゃん:ジャケ写のミッチーに似た赤い団長風衣装。バンマスだもんね!!
  • 理枝さん:猛獣使いだそうです。モノトーンのコルセット+チュールスカート、後ろに黒いレースの裾が重ねられて超似合ってる!!ツアーのタイトルについて「とってもいいお名前ですよね」。略すと何?の質問から、一応「グルサー」の答えが得られましたよ。*2

 

5.気まぐれラプソディー

ダンサー再登場!黒のノースリーブにショートパンツに、黒のグラディエーターサンダル(的なやつ)!MVのお衣装よりタウン仕様に調整された、クールカジュアルお姉さん〜!ロングヘアをおろして、大人っぽい!

これも教材が少なすぎて、踊るのは諦めております…。そもそもガールズヒップホップは難しくて踊れないのよう。当日、実際に見て、トランペットソロの間奏中のあの動きも無理っぽいなと思ったところ。

演奏の感じ、なんとなく、2020年のゆくくるで初めてBE MY ONEを聴いたときの印象に似ていました。次回、また印象をまとめてみよう!

 

6.まるごとフルーツ

くっ…予想したとき、邪念とこれを迷って、まるごとフルーツは落としたんです!でも何にせよ念願の初聴きで嬉しい!

口元をぬぐうようなけしからん動きを目撃。曲中にベストを脱いでチエホフに投げ渡し。

この、かっこいい重たいグルーヴに乗りこなせるようになりたいな。個人的に、ノリ方はちょっと要検討です!

(もしかしたら次の曲だったかもだけど)この曲で今夜最初の「おいで!」が出た気がします。

 

7.PARANOIA

バッキバキのイントロがはじまって、空中を切り裂くような高音のシャウト。そしてあのリズムのとり方、両手を掲げるあのポーズ…やっぱり間違いなくマイケルです!!この時点では脱ぐものは脱ぎ終わっているので、全身黒の締まったコーデに。もちろん襟元からは色気がダダ漏れ曲にすごく合っていて良い…!

生で聴くと演奏がめっっちゃ難しい曲なんだなと思いました。細かい音の噛み合いがさすがのファンタスティックスです…!

 

8.We love music

1月頃からずっと「SODA」と信じて疑わなかったのですが盛大に外しました/(^o^)\

ポジティブなメッセージに溢れた、アッパーな名曲。おそらくアルバム「TABOO」のリード曲ではないかと思います!大好きな1曲なのでもちろん嬉しいです!リエジェニライブ前に間違って鏡の鏡(=正しい向き)で練習したことが悔やまれます!!

ダンサーのお衣装はビビッドピンクと黒のストライプで、裾がフリンジっぽくなっていました。

 

9.君が好き。

前身頃にゴールドの装飾(ちょっとVの字になっている)がついた白シャツで再登場。きれい!♪もっとそばでよく見たいよ〜

白いドレープの幕が降りてきてそこに木漏れ日を模した照明が揺れ動きます。ちょっと柄シャツっぽい照明と思ってしまいましたごめんなさい!

おもしろかったのが2番のAメロ!「♪慌てずにツーショットのタイミング」のところでマイクを持ってない左手の様子がおかしくなり(なんか、一生懸命言うことをきかせようとする感じ)、「♪さりげなく肩に手を回してみよう」で肩をエアで抱く動き。全然さりげなくないよ!!ピースして自撮りでツーショ、までが一続きのマイム。ねえなんで歌いながらそんな器用なことができるの…?

ホーンの明るく抜けるような間奏では、口パクで「♪ぱっぱっぱーらっ♪ぱっぱっぱーらっ」と一緒に歌っていてキュンでした。

そういえばアウトロから曲をまとめるのがちょっと謎に早かったです。何かの理由だったのかな?

 

10.願い

観客は着席。歌い始めてすぐに、上手に向かって(上げて↑)のジェスチャー。マイクのレベルかなぁという気がしました。なんかその後、ボーカルもサックスもすごく大きいなと感じたので(2階だからかも)。プリズムみたいな四角い光がミッチーさんの足元を彩り、階段から投影される光が客席をゆったり乱舞。動的な照明のW使い。

音域が高いので、ちょっとドキドキ。喉をいたわって15公演完走してほしいな…!

くわっちはステージに降りていて、理枝さん(不在)の立ち位置でミッチーさんと掛け合うようにメロウな高音を響かせてくれました。そのアウトロに、ミッチーさんが優しくフェイクを重ねたのがよかったなぁ!

 

11.メロディア

ここで…メロディアス!嬉しいけどマジで!!!個人的にはバラードの静寂からの切り替わりにうまくついていけなかったので、次回は構えておこうと思います。ピエロ風お衣装のダンサーが再登場!ふわふわウイッグにハットが可愛い〜!

ええもう、信じられないほど張り切って雨乞いをしました。

 

12.Q.I.D.

マジで〜〜〜〜〜!!(2回目)

嬉しいけど動揺が止まらないよ!!やってくれるの!?いいの!?あれかなフィギュアスケートで時々2年連続同じプログラムを磨き上げることあるじゃない、そんな感じ?

昨年のレッスンでフル履修し、死ぬほど練習した1曲。そうと決まれば、気合を入れて磨き上げていこうと思います!(忘れたのを思い出すところから…←)

 

13.CRAZY A GO GO!!

この曲、ツアーのセトリから外れることはないんですね!!と思いつつ、よく練られた、まとまりのある演奏にホッとしたのも事実。私、なんか新曲に人見知りしていたのかしら?

Bメロでダンサーを引き連れて上手・下手へ動くところ、少なくとも私のいた側では(すごい遠いですが)、さっちんもゆうこりんもハットのつばに手をやるポーズをとっていて新鮮でした!

Cメロのボーカルの声量と伸びもすごかった。積み重ねって、やっぱすごいんだな…!

最後は「埼玉ベイベー!」「三郷のベイベー!」と呼びかけて、もうバッチバチでキメ!手のひらにキスをのせて飛ばして、「第2部もよろしく!」と言ってはけていきました。

 

 

特に冒頭ですが、エンタメへの信頼と、エンタメを届ける信念を強く感じた1部でした。心が震えました。

続きはまたあした☆っていうか全然短く書けなかったので反省…*3

 

 

*1:振り付けの予想記事を書くくらい180°間違えてました…

*2:本人は略すの好きじゃないとのことだけどやっぱり略称あるとコミュニケーションには色々と便利なのよう

*3:別記事に書いたんだけど、別の執筆仕事の兼ね合いで時間配分をせねばならず、今年は短くする努力をする…予定でした…初日だからゆるして…