完全に猫なのさ

4年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ I'm here for you.

ベイベーの日記/タライをかぶって土下座する(2022年のツアー反省会)

f:id:purplekuina246:20220824232840j:image

もぎられなかった半券の重み。忘れません。

 

久しぶりの日記記事です!

進研ゼミ記事、ぶっ叩かれるんじゃないかと思って一旦は公開を見送ったのですけど、ツアーの熱も冷めてきたところなので調整して公開しました(存在しない画像がアイキャッチに残ってしまっていて肝を冷やしたが)。勿体無いと言ってくださったみなさんありがとうございました。

戦いじゃなければ何なのよ、というのは削除予定でしたが残しました。本当のことなので。私、界隈のミームが嫌いなんじゃなくて指定されるのが地雷というだけなので…どうかご理解ください。。

 

 

3か月を振り返る反省会

そんなわけで「戦い」を振り返って反省会。

この記事に書いたことを1つずつ振り返ります。

purplekuina246.hatenablog.com

 

面白がってもらったので気分が晴れたのはさておき。やっぱりこの3か月、元気に乗り切っていきたいから抱負をメモしておきましょう。

  • 睡眠をとる

→レポ書いているときは4〜5時間だったのですが平日に寝るようにしました。やっぱり仕事の面では7時間寝た時にしか出ないパワーってあるので、これは今後も意識していきたいです。

  • 運動をする
  • ダンス自主練する

→今年はさちえ先生のレッスンがなかったので、練習量は昨年より劣りますね…。でも何回か個人でスタジオには入りました。

  • 考えすぎない

考えすぎました。また来年!!

  • 今やっている本をしっかり校了する(仕事のほう)
  • もうすぐ出す本をしっかり校了する(仕事じゃないほう)

→どっちもできました🙌とくに後者はライフワークの成果で、とても久しぶりに出せたので嬉しいです。でも進行がツアーと丸かぶりしたので校正戻しがすごく遅れてダメダメでした(私が)。新千歳の宮越屋珈琲でゲラ読んでました。※私は無名です。

  • 原稿の締切を守る(5〜7月の間、月1。5月はもう1本)

→5月は締切より早く、6月は締切当日に、7月は締切より少し遅れて出しました*1。その7月に書いた最後の1本が載ったものが昨日発売されました。終了〜〜〜!

土日がないのにどうやって、と本当に悩み、断ることも頭をよぎったけど「ミッチーさんなら引き受けて頑張るのではないか」と妄想し、結果的に納得のいくものが書けて達成感が得られました。ミッチーのおかげなのよ。

  • 遠征の「行き」の移動は上記のための資料読みをする(帰りはレポ)

ツイッターしてました。

そもそも全然コワーキング行かなかった、でも大阪でレポ書くのに役に立った(え?)

  • 考えすぎない

→いっそ無になれたらいいのに。

  • あっ忘れてたアンケート皆勤する(昨年の成績の悪さよ…)(きのうのまだ書いてない)

反省しています。(物理的限界)

  • お手紙も出そうかね

→1通しか出せてない…。これは去年よりめっっちゃ少ないです。そろそろ出そう!

  • 考えすぎn

一喜一憂する無駄なエネルギーをタースーの楽屋のエアコンを1℃下げるのに使いたい。

 

席、どうでした?

昨年同様前から並べます。

2(最前)
6
6
8
8
9(中止)
11(連番)
12
15
20
22
26(連番)
2階5
3階4(ゴーゴー)
3階12(サイコー)

 

…すごくよかったと思います。

ゆくくる入れると18公演連続で1桁がなかったことを考えると、すごくありがたいことです。

これは、100%になったことや今年の動員とかいろいろあると思うんですけれどね。

1月に神頼みをしたので、お礼参りにいかなくちゃです*2

 

金だらいシステムどうなりました?

ちょっと戻ります。こちらについては、さらに、元になった【泣き言記事】がありまして(ガチで泣いてた)。

purplekuina246.hatenablog.com

 

これは、すでに書いた、月1本の重たい締切が初日1週間前に振ってきてどうしよう!っていう話でした。このときの記事では、

落とし所としては、文字数を圧縮する努力をしようと思います。初年度に比べて2021年は色々スキルが上がって持ち帰れる情報量が増えたんですよね、それで少し長くなってしまいがちでした。前後で分けてるけど足したら1万1千字くらいだから、長いよね…。

ついつい、貧乏性ゆえに「もったいない」って全部書いてたけど今よりも意識的にはしょる方向で、時間短縮ができるかどうか、やってみます。

というふうに、参加本数を減らさずにレポは書きたい、ということで解決策を見出そうとしていました。

3000字を超えたら金だらいが振ってくるシステムの実装が待たれる」と、妹と盛り上がったりして。

つまり、「文字数を減らして、時間を短縮する」。

 

で、結果、どうなったか。

 

 

 

 

 

時間が短縮されて、文字数も増えた。

 

 

 

レポ、明らかにちょっと長くなってしまいました。

 

 

なんで???

 

 

でも、昨年より少し速く書けるようになりました(シラフで調子よければ1記事2.5時間くらい)。

 

 

「時間がないなら書くスピードを上げればいいんでしょ!!」

 

 

脳筋か?

脳筋なのか???

 

 

今年は前後編あわせて1.5万字の世界でした。本当にすみませんでした(降ってきたタライをかぶって土下座)

長過ぎるのは読む人に負担なので本当にどうかと思うんですけど、特にファイナルの記事は描写にものすごく心血を注いで、初めて1万字を超えてしまいました(HTMLタグ等も含みますが)。

 

*3には「すごいコストだよね」って言われています。

 

何やってるんでしょうね。

 

私のことをインフラか何かと思っている人もいるかもしれないですけど、、コスト意識が破壊されたプロが狂ったように書いているだけなので…。

 

遠征は生きがいで、レポは生きる意味って感じですかね…。

 

…反省しています。

 

 

でもなぁ、楽しかった、楽しかったよねぇ、うん、本当に楽しかった!

あと2本ばかし、セトリと愛哲の振り返りも書きたいところです。

 

5月にキットが届いていた保管クリーニングをやっと先週末出したよ、っていう生活破壊っぷりを報告して、終わります(10月に帰ってくる)(保管とは…)

 

 

*1:仙台公演の日に書いてた。それって開催されてたらどうするつもりだったの

*2:そしてさりげなくイベントの当選も祈願しようとしている

*3:勤め人だけど兼業作家的には先輩