完全に猫なのさ

3年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ

言葉は“人”だから。/及川光博ワンマンショーツアー2021「SOUL TRAVELER」まとめ④(心に残った愛哲編)

まとめ記事ラストです☆

「愛と哲学の小部屋」コーナーで読まれた15公演分62本*1のうち、個人的に特に印象的だったもの7選について振り返りたいと思います。

 

ちなみにタイトルの「言葉は“人”」は、愛哲じゃなくて、人見2のバラード間のMCからいただきました。同じ趣旨のことを繰り返しおっしゃっていると思いますが、私にとっては、これからも胸に刻んでいきたい言葉です。

 

f:id:purplekuina246:20210725184024j:image

人見2の前に高所恐怖症のたーすーをちょっと怖い目に遭わせました。天使の梯子を背負って、さすが☆

 

①タースーのベイベー愛を感じて泣けた愛哲。4/10広島

Q6 コロナが落ち着いたら一番何をしたいですか?

A6 ファンクラブイベント。あとはキャーキャー言われたい

2本目、広島の愛哲です。 ここでいうファンクラブイベントとは、もちろん2019年までのような形式を指しますよね…。ベイベーになって半年、勇気を出して参加したけれど、まさかその後こんな世の中になるなんて。求肥のようなふわふわの手のひらを、また思い出してしまう。アアッ゛…

脱線しました。私達だけでなく、ご本人がそう願ってくれていることが、心を強くしてくれるなぁとしみじみと思ったのでした。

 

②「価値観が一緒」の落とし穴とその攻略法に思いを馳せた愛哲。5/16八王子

Q4 恋人とのすれ違いを解消するには…?

A4 (答えというか全体のまとめとして)結局は他人。違いを認められるかが、ラブとライクの違い。

5本目、八王子での愛哲です。これは八王子1本目の答え「ラブとライクの違いを見つける旅、それが人生だよ!」をふまえたものでした。たとえばパートナーシップにおいて「いいこと」とされる「価値観が一緒」についても、「どんだけ一つになりたいと思っても、他人だからね」と鋭く指摘し、「違いを認める、それがラブとライクの違いじゃない?」と締めくくったのが痛快でした。

「私たち一緒だね♡」という喜びの感情が、いつしか自分を苦しめることもある。大切な人たちと違いを認め合って、楽しく生きていけたらなぁと思ったのでした。

 

③“気遣い”の解像度が上がるナイス愛哲。5/23愛芸

Q4 共演者やスタッフに対して絶対にすることは?
A4 お手振り♡

6本目、愛芸での愛哲です。「あのねー今、生徒さんがいるでしょう。現場にいくとさ、愛しいのよ」「好きパワーが漏れちゃう」といったお答えにキュンでした。自分のレポでは上記のような簡単な見出しになっていますが、ミッチーさんが現場でみせる「気遣い」の具体的なところに切り込む内容だったので、個人的に推しです♡

特に元の質問では「絶対にすること/しないこと」だったので、「しないこと」も聞いてみたかったです。ツアー中にいろいろ聞かせてもらった「ドラゴン桜」の裏話、どのエピソードにも年長キャストとしての気遣いや目配りが感じられて、大好きでした!

ミッチーさんが生徒役のキャストさんのことを思いながら話すとき、本当に「教頭先生」として生徒のことを愛しているんだなぁ、というのを感じられてジーンとしました。

→まさかその後裏切るなんて、この時は知らなかったんですけどね。

 

④ものを書くベイベーに永遠のテーマを突きつけた愛哲。5/30渋谷2

Q2 好きだからのダメ出しと、ディスりの違いは?

A2 悪意があればそれはディスり。それを外に出して得られるものは何か、考えてみて。

8本目、渋谷2の愛哲です。私、答えそのものよりも、この質問を読み上げたあとにタースーが「タースーに、タースーにこんなこと聞くんだ」“批評”“悪口”の違い。ここは大きいですなぁ」と感慨深げにつぶやいていたのがクリティカルすぎて、内藤薫ばりに串刺しになりました。だからとても個人的な理由での選出です。*2

この回答のとき、この日のチーム分けにちなんで「ねぇ、おさるさんたち。 ウサギ!くま!パンダ!」と前から順に途中から雑な感じで呼びかけたり、いきなり袖に向かってハクビシン!」ってスタッフに呼びかけたりしてたのも面白かったです♡

 

⑤ベイベー自身への信頼を感じた愛哲。5/30渋谷2

Q3 大きな決断がゆらぎそうになったときは、どうする?

A3 集中して悩んで、信頼できる人に相談して、決めたらもうレッツゴーだよ!

同じく8本目、渋谷2の愛哲です。こちらの具体的なお悩みは「10年つとめた会社を退職するかどうか」というものでしたが、このお答えってすっごく普遍的ですよね。大阪2の1本目の答えとよく似ています。「自分でしっかり考える」ことと「相談すること」が柱になっていて、とくに後者はベイベー自身だけでなく周囲の人間関係まで信頼してくれているような感じがしました。

 

⑥ベスト公演におけるベストオブ愛哲(※主観)。6/5福岡

Q3 いままで選ばなかったのに、あるものを取り入れて人生が変わったことはある?

A3 笑顔!!

こちらは9本目、最後に頭皮を噛みちぎられてキュンキュンした福岡での愛哲です(思い出しのクセが強い)。屈託のあった若い頃を振り返りつつ「いつからか、笑顔という武器を手に入れたんですよ。そしたら仕事がうまくいくようになった!」というお答えでした。 個人的に、62本のベスト1に選出したいと思います…!

マスク生活が1年以上に及び、口角の上げ方がちょっとわかんなくなっている昨今ですが、私、これを聞いて、目だけでもしっかり笑おうって思うようになり、ちょっとずつ実践しています。目元の皺が増えてもいいじゃないの…!

 

⑦時事ネタと絡めてキラーフレーズが生まれた愛哲。6/12金沢

Q3 仲良くしたい人に嫌われてしまったときはどうしたらよい?人付き合いが苦手で、処世術を身に着けたいのですが…。

A3 笑顔と、心のソーシャルディスタンスを大切に。

最後に選ぶのは10本目、金沢での愛哲です。依存や執着って、本当に危険な心の動きだなと内省させられた1本です。人と人との適度な距離感について、

「冷たくしすぎない。共感できる範囲ではしていいよ。でも(意見の相違があったら)衝突せず、踊るようにスッと(ここでジャズ系の、バラ色とかで頻出の手をきれいに伸ばす動きで距離を表現)、笑顔でターンして逃げる☆(もちろんここでもターン)」「そう、だから笑顔が大事だね。心のソーシャルディスタンスをとっていこう」

ということで、ソーシャルディスタンスに絡めつつ、これもまた非常に普遍的なアドバイスだなと感じました。上記で選んだ八王子の愛哲にも通じるところがありますね。

 

以上、7本を振り返りました。記事の性質上、ゴリゴリに愛&哲なものを選んだのですごく真面目な気分になってしまいました。でも、「画面上をブロッコリーにしなさい」とかも好きでしたし大賞に選ばれた友人ベイベーさんのも、6歳ベイベーさんのも、あと初心者さんの「よかったら昨日の晩ごはんを教えてください」とかも、印象に残ったものはたくさんあります☆

読まれたみなさま、改めておめでとうございました!そして62本の愛ある回答をしてくれたミッチーさんにも愛を込めて、お疲れさまでした。

 

 

これまでのまとめ記事は、こちら。

 

①セットリスト編

purplekuina246.hatenablog.com②全公演プレイバック編

purplekuina246.hatenablog.com

③箸休め・もろもろの、もろ編

purplekuina246.hatenablog.com

 

本日でファイナルから3週間、時間がかかってしまいましたが、これでツアー振り返りはおしまいです!

最後の最後に、読んじゃぁいねぇけれども、夫にスペシャルサンクスを捧げます。行かせてくれてありがとう。

 

次の更新は、ひっさしぶりのインタビュー記事をお届けする予定です☆

 

 

*1:広島でネタかぶりにつき途中で読まれなかったものを入れると63本。そして参考までに、私のメモ等の記録上ではっきり初心者さんだとわかる愛哲は6本ありました。約1割っていう計算ですね…

*2:私は批評が重要とされるジャンルでも活動していますが、ファンダムではその概念は毛虫のように嫌われる、これは自分自身が推し活をするうえで一生ついてまわると思っています。この加減については研究の途上ですが、「勉強と見識が必要」っていうのは共通しているよねやっぱり

小さく前へならえ!/及川光博ワンマンショーツアー2021「SOUL TRAVELER」まとめ③(箸休め・もろもろの、もろ編)

愛哲まとめより先にできたので上げておきます。「もろもろの、もろ。」を振り返る箸休め記事でございます。よろしければ!

 

ツアー3大ミステリ
  1. さっちんのツアTの袖どうなってんの
  2. 消えた「彼の比率」スパンコール衣装
  3. タースーは初日も階段に立っていた?

1…女子ーズのツアTは途中から2021年のミントカラーに変更になりましたが、さっちんのアレンジは2パターンあって、謎の長袖のパーツがついているやつと、Tシャツの残りみたいなやつ()でした。とくに長袖のやつ、どうなってるのか皆目わからん。映像で見たらわかるか…??

2…八王子と愛芸だけの登場と相成りました。破れたのか、及川P的に何かあったのか(たぶん前者ではない)。

3…広島で「あれっ?」ってなった記憶ですが何せ初日がバルコニーだったもので、単に視界の都合かもしれません。

 

「?」連発ですが、これは別に答えが知りたいわけじゃないのでいいのです…。謎は謎のままで…笑

 

個人的3大事件
  1. まさかの空路で大阪入り
  2. 神戸の動員数を580人と書き間違える
  3. 隣の席にいた先輩ベイベーさんに見つかる

1…ある意味一生の思い出!

2…ごめんなさい!!!(正しくは850人です!)

3…私、何というか色々とそろそろバレますね(気づくの遅い)。出頭したところ、ご迷惑はかけていなかったようでとりあえず安心しました…!

♪そこに〜私はいません〜〇〇*1ってなんか〜いません〜(目をそらす)


負傷記録

いろいろしょぼいケガをしたという、来年への反省です。座長も口を酸っぱくして「ケガなく!」って言ってますからね(←メンバーにね!)

  1. 出掛けに腕時計をつけようとして爪が(略)(松戸)
  2. エスノータンバリンで背中の筋を違えた(渋谷2)
  3. 愛芸5階の通路で膝に青あざを作った(愛芸)
  4. 手をあげてぴょんぴょんするアレを斜面席でやって太腿に巨大な青あざを作った(人見2)
  5. 光る指輪で指が腫れた(指輪使うようになってから毎回)

 

f:id:purplekuina246:20210723010624j:image

負傷ではないけど 3公演を戦って全うした2020年の手首がこちら(接触不良のためボタンを飛び出させて使っていたらボタンごと吹っ飛んだ)(神戸に死す)。

 

f:id:purplekuina246:20210723010800j:image

ボタン電池を吹っ飛ばしてアワアワしていた初年度に比べると、ドライバー仕事も早くなりました。手首は3公演で交換していますが、3公演目の夜、帰ってきてそのまま替えてから仕舞う、というのが私にとってはコツでした(荷造りや身支度が遅い人間なので)。来年もあればだけど、タンバリンも、もう少しマメに替えてあげよう…。

 

席を振り返る

個人的記録です。「小さく前へならえ!」でチケットの席番を並べてみました。※タイトルにしてしまったけど意味違いますね?背の順ですね??何言ってんだ?HTMLタグ的には「小さく」前へならえに調整したのでオッケーにします…笑

(FC先行はすべて自名義、連番なし。※印はお譲り・一般)

10※
14
16
16
17
19
23
28
29
29
2階8
2階13
2階バルコニーR
3階バルコニーL
5階12(サイコー)※

 

いや本当に、1桁はないけども、相対的には前の方で見れてますよね…。なんでそんなに病んだんだろう…って色々考えたらひとつの答えが出たので、今は完全にスッキリしました。

やるべきことは簡単、ってなったので、またコツコツがんばりたいと思います。成長って楽しいじゃん!この道は、きっと来年に続いてる。次は1回くらいは、1桁くるでしょ!

「5階」の破壊力もなかなかだけど、特筆すべきは、左右のバルコニーを制覇したことですね!イェイ!✌️

 

 

 

f:id:purplekuina246:20210723010945j:image

最後においしかった喜八洲のあんみつを上げて終わります。心の底からもう1回食べたいです…。

 

愛哲振り返ったら今度こそツアー終わり!

 

*1:メモ/踊

エメラルドに輝いた3か月を振り返る/及川光博ワンマンショーツアー2021「SOUL TRAVELER」まとめ②(全公演プレイバック編)

f:id:purplekuina246:20210716195004j:image

福岡公演からの帰り道、富士山。

 

本記事は、全15公演をざっくりと振り返る、プレイバック編です*1
参加した公演、遠隔サポートをした公演、みなさまにとっても様々だと思いますが、初日からは早くも3か月半以上経過しておりますので、「あの日のミッチーさん、こんなこと言ってたな」「TLがあの話題で盛り上がったな」等、記憶を引き出すきっかけになれば嬉しいです(いちばん引き出したいのは自分自身の記憶…)。

 

便宜上、序盤・中盤・終盤で区切って独断と偏見で名前をつけました(何の便宜かはわからん)。そして記事の最後ではこれまた独断と偏見でベスト3の公演を選出しています。

なお、本記事は私が参加して見聞きした一次情報をもとに書いていますので、間違い等あるかもしれません。ご容赦ください。そして、まとめるにあたっては各公演のレポとは違う労力が地味にかかっておりますので、内容をご参照いただく際はご配慮いただけると嬉しいです…。*2

 

なお、まとめ①(セトリ編)はこちら!

purplekuina246.hatenablog.com

 

 

うまれてはじめて「目次」機能を使います…ぶ、文明…!

 

序盤:ブロッコリー期〜お野菜になりたかったあの日々〜

f:id:purplekuina246:20210716195039j:image

広島は、川の風景が素敵な街だなぁと思います。お散歩、気持ちよかった。

 

①4/3松戸(森のホール21・大ホール)

葉桜の並木道を、緑の隊列を組んでみんなで歩いていきましたね。まだ肌寒く、トレンチコートなどが必要な気候でした。

<概要>

  • 950人(ソールド)
  • C&R:ブロッコリー(1階前。他メモなし)
  • 遠隔技:ハグ、紙相撲(1部MC)
  • ミッチーコール:強烈

<トピック&発言>

  • 「キャーって言われてぇ(第一声)
  • (遠隔ハグを呼びかけながら)いっちゃっていいすか?がっつきすぎ?
  • VVX情報解禁。「あなたたちのおかげで25年も続けていられるわよ!」
  • 「つらいのはみんな一緒。ここで強くなろうよ!強くなるということは、優しくなること」

<その他>

  • サックス→はじめちゃん(以降、カナケンまで)
  • 初回のみ登場が階段ではなくフロアだった…のではないだろう…か…?(初日の脳みそ沸騰&バルコニーの視界につき完全に気のせいかも)
  • ビトウィーン・ザ・シーツのミラーボールが抱き枕の終わりに静かに降りてきた(初日のみ、2本目以降タイミング修正)

 

②4/10広島(JMSアステールプラザ・大ホール)

2本目から旅へ。移動には葛藤がありましたが、新幹線、そして路面電車に揺られながら、静かに高揚してゆく心がありました。席は四面楚歌修行席でしたが、やっぱり思い出深い1公演です。*3

<概要>

  • 400人
  • C&R:芽キャベツ(1階前。他メモなし)
  • 遠隔技:紙相撲、ハグ(最後は髪に)
  • ミッチーコール:強烈

<トピック&発言>

  • (400人ベイベーたちに)仲良くしていこう!」「1対1かける400」
  • 「トータルな自己実現欲求」(「後悔したくない欲」「創作意欲」「輝きたい欲」→ある/「承認欲求」→ない)

<その他>

  • 「死んでもいい」→ファンタスティックスによるカープアレンジ(ユニとタオル!)
  • 愛哲でメガネ(以降継続)
  • コロナが落ち着いたら一番したいこと→ファンクラブイベント!!
  • 「ウルトラヒップ!ハァイ!」→腹チラ…!

 

③4/17神戸(神戸国際会館こくさいホール)

当時のご時世&個人的事情ゆえに、一番迷い、悩んで向かった公演です。実際、客席に対してはかなり神経質だったと思います(キレ散らかしてごめんよ…もう怒らないよ🐤)

<概要>

  • 850人
  • C&R: (3階メモなし不明、以下2階から順に)エメラルド、きらめいて、ラブリー、クレソン
  • 遠隔技:ハグ
  • ミッチーコール:強烈

<トピック&発言>

  • 「神戸トラベラー!!!」(第一声)
  • (ステージに対して)命こそかけないけど人生かけるでしょ!」
  • 理枝さんタレコミ→「キャーキャー言われてないと、ただの綺麗なおじさんだから」
  • 「こうべ、ぎゅー!!」
  • 「わたくしのお別れ会は、ファンクラブだけでやります!!」「まぁ〜とにかくパーティードレス着ていらっしゃいよ。赤いバラ1輪持っていらっしゃい。ずーっとファンクとかソウルが流れてますわ」
  • ドラゴン桜の現場で)「車から降りるときジャンプして『どーん!』って自分で言っちゃう」「メイクルームに入るとき『じゃーん!』って言っちゃう」
  • 「嫌いじゃないの、お注射」

<その他>

  • 言い換えの提案:推し→星、ファンサ→愛情表現、沼→泉
  • 「死んでもいい」→リテイク+「大人になっても変われません♪」
  • 「バラ色の人生」→「これが、達成感だ!!」「これが、幸せだ!!」
  • エンディング、サンプリングの音出しを「自分でやる!!」と言い張って袖にズンズン歩いていって自分でやるポチッと51歳男性
  • 規制退場が「ベイベー」呼び

 

④4/24カナケン(神奈川県民ホール・大ホール)

待ちに待った地元公演!そして緊急事態宣言の直前。忘れられない夜になりました。私の県民税はすべて神奈川県民ホールの維持管理に使ってほしい。

<概要>

<トピック&発言>

  • 「声を出さずに…出したことない声を聞かせて…」(Purple Diamond)
  • 「光の呼吸!全集中!」
  • 「今日、やれてよかったねぇ〜」
  • (ツアTについて)「リハ用とか、とっとく用とか」
  • (しばらく会えなくなる、最後の遠隔ハグで)「しっかりね。」

<その他>

  • この日の午後に人見の延期が発表に。それでも、あくまでも前向きなタースー。
  • ロック先輩降臨。「おいおいおい!声が出てない…のはしょうがない⤵️」
  • 「悲しみで胸がいっぱい」→「モノクロのみなとみらい」
  • 神戸のおさらい(推し→星、ファンサ→愛情表現、沼→泉)
  • 「死んでもいい」→大人になっても変われません♪
  • 「Shake me, darlin'」の締め→チェッチェッコリッ♪
  • 「バラ色の人生」の締め→達成感♪、充足感♪、幸福感♪、俺はこの道を〜ゆく〜♪(のだ)

 

⑤5/16八王子(J:COMホール八王子)

2019年にベイベーとして生を受けた思い出の地!いろんな席にいた人たちが「見やすい」と喜んでいて、私も2階サイコーなのに超見やすくて、ホールの設計に感動しました。

<概要>

  • 900人、ソールド
  • C&R: 大好き、ハッピー、エメラルド、真ん中、スナップエンドウ(ミッチーさんはサヤエンドウ)(1部MC)/大好き、グリーン(「グリーンダヨ!」 )、楽しかった、真ん中、 クレソン(エンディング)
  • 遠隔技:ハグ、ハイタッチ
  • ミッチーコール:強烈

<トピック&発言>

  • 「かかってきなさい!!」「マスクの下は!キラキラ笑顔!!」
  • (いろいろ制約はあるけれど)「愛情表現は手抜かりなく」「みなさんもストレス溜まってるでしょ?発散しなさい、無言で」
  • 「とくと見せつけてやる!俺とベイベーの仲の良さを!」
  • 「必ずカメラの向こうにはお前たちがいると思ってる!」
  • (S.D.R.って何の略か知ってる?)「ソーシャル・ディスタンス・ロマンス!」
  • 「ラブとライクの違いを見つける旅、それが人生だよ!」
  • 「今日来れなかった人の分も、いただきましたから!パワーを!ラブを!!」

<その他>

  • サックス→くわっち初日
  • 「彼の比率」→新衣装(グリーンのスパンコールタンクトップ、エメラルドグリーンのシアーなソックス)
  • 「求めすぎ」→イントロで八王子♪八王子♪、さっちん床あり、アウトロでタースーが仮面ライダー3号に変身
  • 「死んでもいい」→大人になっても変われません♪
  • EC→女子ーズのツアTが2021ミントカラーに変更(さっちん謎アレンジ)

 

中盤:アニバーサリー期〜出演ラッシュのタースーと共に〜

 f:id:purplekuina246:20210716195126j:image

福岡公演の翌日。元職場近くのカフェに久しぶりに行けました!

 

⑥5/23愛芸(愛知県芸術劇場・大ホール)

愛芸5階・サイコー列に登頂。激せま通路で踊り散らかして青アザを作りました。

<概要>

  • 900人
  • C&R:(5階から順に)高い高い、ときめいて、かがやいて、きらめいて、グリーン
  • 遠隔技:ハグ
  • ミッチーコール:強烈(ここまで6公演連続

<トピック&発言>

  • 「愛を知ってる愛知県!愛知ベイベー!」
  • 「それから、もろもろの、もろ。
  • 「ワカテルね、ワカテルね!今夜のこのShowが、24周年最後のShow!でございます。味わってね、味わってね!とくと見やがれ!」
  • 「ご自愛くださいね」「無事でいてね」「今日が終わったらもういいや〜、じゃないからね。だって、今日の連続が、未来だから!」

<その他>

  • 「彼の比率」→引き続き新衣装、そしてまさかの見納め
  • 理枝さん1部後半の衣装変更→シアーなミントグリーンのスカートから白のショーパンに変更(以降、ファイナルまで)
  • 謎サジェスト「ピョンピョン飛びながら1周まわってごらん?」
  • 「求めすぎ」→さっちん床あり
  • 「死んでもいい」→大人になっても変われません♪
  • 5階へのコール、最終的には「うえ〜〜!!」になる

⑦5/29渋谷1(LINE CUBE SHIBUYA)※モラリティーの日

記念すべき25周年、モラリティーの日!例の人外ライトをグリーンとピンクの縦割りグラデで再現しようとしたものの、まぶたに季節外れの桜餅が爆誕

<概要>

<トピック&発言>

  • 「働いてるのよ!毎日毎日メイクして、お肌だってボロボロよ!」
  • 「王子って年じゃないか、専務くらいか」
  • 「無駄に傷つかない。幸せには努力が必要。これだけ覚えて帰ってください」

<その他>

  • サックス→くわっち
  • 謎サジェスト「シャカシャカしながらピョンピョンしてごらん!!」
  • 「悲しみで胸がいっぱい」→「モノクロの公園通り」
  • Yes Noタンバリン爆誕(この命名は後から)
  • お野菜、思い出せず「…ニラ?」
  • 「求めすぎ」→さっちん床あり。アウトロで仮面ライダー3号に変身
  • ミッチーコール電飾→「5/29」あり
  • 「モラリティー」→ラメ入りの黒シャツ、サイドライン入り紫パンツ、紫ブーツ*6

 

⑧5/30渋谷2(LINE CUBE SHIBUYA)

縦割りグラデのグリーンとピンクを目尻と目頭で入れ替えてみました(オチはない)。

<概要>

  • 人数発表なし(ですよね…?)
  • C&R:赤坂BLITZ4days(1998)のチーム分け→パンダさん🐼、クマさん🐻、ウサギさん🐰、おさるさん🐵
  • 遠隔技:ハグ、紙相撲、ハイタッチ、ハグ
  • セトリ初入れ替え(懺悔/恋ノヒゲキ
  • ミッチーコール:通常

<トピック&発言>

  • 「すば♪すば♪すば♪素晴らしいサンデー♪」
  • 「今日はね、良くも悪くも、勢いでいくよ☆」
  • かわいいお腹☆(理枝さんは見た!)
  • 「意識を高く持っていれば感染対策はできてると思うけど、メンタル、へこたれないでね!」
  •  (前略)私のアニバーサリーウィークは一旦終わりますが、25周年はこれから1年間続きます。どうぞ皆様、ご指導ご鞭撻のほどを、よろしくお願いします!」

<その他>

  • サックス→くわっちはじめちゃん(タースーに間違えられ、マジ拗ねモードで歩いて袖に引っ込もうとするはじめちゃん)
  • 「両手を上げて〜!ぴょんぴょんして!」
  • 「悲しみで胸がいっぱい」→「モノクロの明治通り
  • 「抱き枕」→アウトロのアレンジ変更(以降ファイナルまで)
  • 「恋ノヒゲキ」の「ミッチーに似てるそうです」→「そうかな。」
  • 「求めすぎ」→さっちん床なし(でも激エロ)、ミッチー&さっちんチームの「おしりあい」
  • EC→シャアコスで登場

 

⑨6/5福岡(福岡市民会館

愛すべき故郷・福岡で“あの公演”を観られたことが今でもずっと嬉しいです。実家に泊まるのは諦めたけど、代わりにホテルステイを満喫。博多弁入りの愛哲は残念ながら読まれなかったのでまた来年☆

<概要>

  • 630人
  • C&R:上から順にヴァン・サン・カン(ばんばん、さんさん、かんかん)…🐼?
  • 遠隔技:ハグ(最後のみ、頭皮を噛まれる
  • トリプルアンコール→ファンキー☆ミュージック
  • ミッチーコール:通常

<トピック&発言>

  • 「愛しの博多ベイベーーーー!!!」
  • 「『HAKATA』って書いてあるTシャツでテレビに出てもいい」
  • 「あーーーー2Daysやりたい!!「今よりちょっと売れて、(でも)流行らないよ?、2Daysってどうですか!!」
  • ボヘミアン・ラプソディのイントロを龍ちゃんが弾きはじめて歌おうとするも)「♪ママー…うーううぅぅ、、、歌詞がわかんないよ!!」
  • (26年目に)突入だにゃー」
  • 「品格、品位…。品って、お金で買えないよね」
  • 「エーオ!!!」
  • 「風呂上りの爪を切りたい。どうしても」
  • 「いつからか、笑顔という武器を手に入れたんですよ。そしたら仕事がうまくいくようになった!」
  • 「現役アイドルです☆」
  • 「年齢なんて関係ない。これからも大人の学園祭、そして修学旅行を続けていきます」「大丈夫、キラキラできる!みんな、キラキラできない呪いを自分にかけてるだけだから!」「キラキラするのは簡単です。必要なのは、笑顔と、『ありがとう』」「お化粧が崩れたって大丈夫。心が崩れなければいいんです!」

※福岡はバランス無視で大量に抜粋しました。わかっちゃいたけど福岡公演、やばい。

 

<その他>

  • サックス→はじめちゃん
  • Q.I.D.で事件勃発→師匠が次の「求めすぎ」を叩く→まさかの詫びアンコールへ…!
  • 「求めすぎ」→ピンク・レディー縛りのダンスバトル
  • 1部ラスト、拳を突き上げてほぼほぼフレディのままはけるタースー
  • 「死んでもいい」→大人になっても変われません♪
  • アンコール衣装シメサバに戻る
  • 最後の遠隔ハグで頭皮を噛まれ、食いちぎられる
  • 下手に名残惜しげに居残って、最後までラブを大量に振りまいてなかなかはけようとしないタースー…涙
  • キョードー西日本さんがイケてた(感染対策のオペレーション等)

 

⑩6/12金沢(本多の森ホール

今ツアーで唯一、東京駅を使いました(北陸新幹線)。そして今ツアーで唯一、前ベイベーになれました!(お譲り大感謝!)

<概要>

  • 500人
  • C&R:少人数、かがやいて、エメラルド
  • 遠隔技:ハグ(肋骨を折られる。「ボキッ」)、ハグ(「キラキラしよう!」)
  • 本セトリ+炎上
  • ミッチーコール:強烈

<トピック&発言>

  • 「いとしの石川ベイベー!!!」
  • 理枝さんのタレコミ→「なんちゃっておじさん☆」
  • タースー「おれ、まだタースー…?」理枝さん「タースーですよ、ちょっと変なタースー♡」
  • タースーですか?\タースーで〜す!!/※シャンのシャン
  • (直接ハグにより出ると言われる幸せホルモンについて)「βエンドルフィンと…オキ、オキ、、、、オキシトシン!」
  • 「せっかく金沢まで来たんだから、今日あなたたち、私の夢に出なさいよ!」
  • 「心のソーシャルディスタンス」

<その他>

  • サックス→くわっち
  • 「小松の提灯劇場」に言及
  • お化粧直しタイム、ファンデを塗り直しながら真顔で振り返る
  • 「求めすぎ」→ダンスバトル4人横一列でサザンの「HOTEL PACIFIC」
  • 愛哲終わりに「一休さん」→「すきすきすきすきすきっすき♪愛してーる♪」「すきすきすきすきすきっすき♪一休〜さん♪」\新右衛門さ〜〜ん!/
  • 「炎上」のラスト→2人乗りの所、理枝さんのウエストに左手でしっかりホールド(以下、登場した公演では多分全部)、シェイクミーのダンサーのラストのポーズ(やっぱりこの2曲の間奏は遠い親戚説)

 

終盤:炎上期〜そして2年越しのゴールへ〜

f:id:purplekuina246:20210716200417j:image

なんとか辿り着いた、搭乗ゲート。大阪1(セミファイナル)の朝、状況を知ってスカイコインをつぎ込んで*7空路に変更したものの、羽田への交通機関も乱れまくり、家からの電車も遅れて大人だというのにYCATまで爆走。このゲートに着いた時点で、ほうほうのてい、でした(新幹線も動いて本当によかった!!)

 

⑪6/19大宮(大宮ソニックシティ・大ホール)※シューティング回

とっても見やすい真ん中ベイベーでした。個人的には髪編集ならぬ神編集を期待します…!

<概要>

  • 1150人
  • C&R:ごきげん、ソニック、真ん中、エメラルド
  • 遠隔技:ハグ、ハイタッチ、紙相撲、アーチェリー(エンディングで4連コンボ)
  • 本セトリ+炎上
  • ミッチーコール:通常

<トピック&発言>

  • (初心者さんに対して)「その位置で俺を見て、惚れずにはいられないよ?」
  • 「洗濯物って何…?」
  • 「祭りって大事、魂の救済。」
  • (振るものを出した客席に)「なんてキラキラしたブロッコリー畑」
  • 「なるべく続けていこう、こういう仲良し、続けていこう。

<その他>

  • ミッチーのおうちについて(庭には薔薇が咲き誇っている/ダイニングは蝋燭でいっぱい/寝室のベッドはドラキュラの棺桶→「洗濯物って何?」)
  • ホーンズの家政婦協会(月・水・金で派遣)(ミッチーさん曰く「いろんな押入れを開けそう」
  • 「抱き枕」→アウトロの照明の演出変更大宮公演のみ
  • 「求めすぎ」→さっちん床あり、激エロ(お尻を床につけて開脚して大回転)。

 

⑫6/24人見1(人見記念講堂)※5/6延期公演の振替

午後休をとって、用事を済ませていそいそと三軒茶屋へ。タンバリンやポンポンを持って会社に行ったことが今になってジワジワと面白いです。

<概要>

  • 800人
  • C&R:お二階・女子大、世田谷、サシスセソ*8、エメラルド
  • 遠隔技:ハグ(エンディング。\愛して愛してまーす/)
  • ミッチーコール:通常

<トピック&発言>

  • 「ひとみちゃん!!今夜は楽しもう!!」
  • 「なんと珍しい木曜日のミッチー!」
  • 「私を!温泉につれてって!ケンくんの車で!」(2人で作るユニット名は、ゆずならぬ「かぼす」)
  • 「今日この場に集まった800人、二度と集まらないからね!今日は今日しかねーから!

  • 理枝さんより→「ミッチーさんのまえあし」

<その他>

  • ドラゴン桜」第9話が放映され、ついにネタバレ的に解き放たれた高原教頭(そしてその背後で静かに被弾していた龍ちゃん)
  • 裏切りについての及川家のリアクション→お母様「えーーーーーーっ!!」、妹さん「キターーーーッ!!」、お父様はガックリ
  • 「悲しみで胸がいっぱい」→演出変更、ホーンのおじさんたちによる振り付けが登場(以降、ファイナルまで)
  • 「抱き枕」→「感情のゲリラ豪雨※翌日のMCにて談
  • 「求めすぎ」ダンスバトル→ミッチー&さっちんチーム「何でだろう」vs理枝さん&ゆうこりんチーム「恋ダンス
  • 1部ラスト、ポーズを解除してそろ〜〜っと手を下ろしかけているゆうこりん「色っぽいだすなぁ」ゆうこりんちっちゃく投げチュー♡
  • 「Shake me, darling」→競歩で退社
⑬6/25人見2(人見記念講堂)※5/7延期公演の振替

2Daysはレポとの戦い(当然、有給です)。間に合ってよかった!大宮もでしたが、人見記念講堂も改修のためいったんお別れ。味わってきました。

<概要>

  • 950人
  • C&R:女子大、トラベラー、真ん中、エメラルド(1部MC)/楽しんで、愛して、エンジェル(2部MC※1箇所メモなし不明)
  • 遠隔技:ハグ、ハイタッチ
  • 入れ替えセトリ(懺悔/恋ノヒゲキ)+炎上
  • ミッチーコール:強烈

<トピック&発言>

  • 「マスクの下はキラキラ笑顔なんでしょ?アイメイクがんばってきたんでしょ?
  • 言葉は“人”ですよ。そう信じて50年生きてきました。あらゆる表現が自己演出ですから。どうぞみなさま、ぬかりなきよう」
  • 「徹夜で麻雀したあとの1限の体育」(※2Daysの2日目について)
  • 「あんまりスーハーすると過呼吸になっちゃうからね」ゆっくり吐いてーーー、吐いてーーー、吐き続けてーーー

<その他>

  • ヘアメイクさんに「韓流っぽくしてください」って頼んだというヘアスタイル(爆イケ)
  • 高原教頭のキャラ造形について細かな解説(衣装、持道具など)
  • はじめちゃんの言いまつがい「ファンタスティック学園の怪人」
  • バラードMCで“規制着席”(ご着席ください、座ってヨシ☆、ゆっくり座って〜)
  • 「恋ノヒゲキ」→「♪教頭に似て〜るそ〜うで〜す」
  • 「求めすぎ」ダンスバトル→恋ダンスチームも降参&感染、全員でニワトリの行進
  • 「Shake me, darlin'」→経費パンチ*9で締め
  • はじめちゃんここでファイナル
  • 最後、自分でボタンをポチって\ミッチー/のサンプリングを響かせて退場

 

⑭7/3大阪1・セミファイナル(オリックス劇場

思いがけずまた飛行機に乗ったこと、終演後にホテルの部屋で食べたおいなりさんの味、いろんなことをこれからも思い出すんだろうなぁ。

<概要>

  • 980人
  • C&R:セミファイナル、オリックスブロッコリーオリッコリー、マッコリ(1部MC)/ときめいて、輝いて、楽しんで(2部MC)
  • 遠隔技:ハグ、アーチェリー
  • セトリ→懺悔、ビトウィーン+ファンキー☆ミュージック
  • ミッチーコール:強烈

<トピック&発言>

  • 「受け止めてやる!お前たちを!!」(イチャイチャとシャイニンの間)
  • 「慈しみ合いたい」「(心が)ガッサガサじゃん?」「トリートメントしたい」
  • 「幸せになるには努力が必要なんです。その努力をしないなら、今ある幸せを大切にすべきなんだよ」
  • 「僕はミッチーでした。そしてみなさんは、ベイベーでした、男子でした。忘れないで。

<その他>

  • サックス→くわっち(ファイナルまで)
  • タンバリンの説明→「ミッチー黙れっていうとき」 
  • 高原教頭の“その後”→用務員のおじさんになった※捏造
  • バラード間MC→バックグラウンドで龍ちゃんがピアノ(ファイナルまで)
  • 「ビトウィーン」→最初にロゴが下がりすぎててイントロで持ち上がる
  • 「Q.I.D.」→「Trust my Love」が歌じゃなくてセリフ(イケボ)に(ファイナルもまで)
  • 「求めすぎ」ダンスバトル→4人で恋チュン…?
  • 「ひらがなの『み』」!」→尻文字で「み」
  • 新しいギターの名前は「エメラルダス(仮)」
  • 「死んでもいい」→「大人の大人の学芸会♪」

 

⑮7/4大阪2・ファイナル(オリックス劇場

2Daysはレポとの(略)、3回あったけど本当に大変だった…。チェックアウトを延長して部屋で書き続け、その後はギリギリまで、ベイベーさんだらけの某所で、まったくベイベーに見えない格好をしてぱそんこを開いていました。うふふ。

<概要>

  • 1150人(カナケン、大宮に並ぶ1位タイ)
  • C&R:シンデレラ、アリエル、ラプンツェルマキシマス、サニーレタス
  • 遠隔技:ハグ、アーチェリー、ハイタッチ
  • 本セトリ+炎上
  • ミッチーコール:通常

<トピック&発言>

  • ファイナルの口上!→「ありがとうございます、ありがとうございます。及川光博ワンマンショーツアー SOUL TRAVELER、千秋楽でございます!」(シャイニンの前)
  • (初心者さんに対して)「惚れちまいなよ」「もう、惚れるのが早いよ」
  • 「ミッチーはふくらはぎ攣らないよ。ふくらはぎ、攣らない」(アキレス腱を伸ばしながら)
  • 「あ〜よく喋る口。知ってます?ミッチーマウスっていうんですよ」
  • やるときはやろう!やらないときはやらなくていいから。今やらなければ、未来の自分に失礼じゃない?」
  • 及川光博ワンマンショーツアー 2021『SOUL TRAVELER』、これにてお開きでございます」「キラキラしてね。次会えるまで、無事でいてね。なるべく笑顔で!」

  • 「ワンマンショーで会いましょう。ミッチーこと及川光博でした」

<その他>

  • ロビーの神の手さん(UCC職人の珈琲)が大増殖
  • 温泉でミステリアスな仲居さんと惹かれ合って最後は崖に追い詰めて→「ミッチーごめん、あたし、ベイベーだったの…」〜完〜(火サス)
  • ディズニーで例えてもらいたくて食い下がるも「調理パンマン」にされるフッシー
  • 「求めすぎ」→さっちん床ありで有終の美♡♡♡、上手側で尻文字(文字不明!)、クリティカルヒット♪/、全員で「何でだろう」→ニワトリの行進
  • 「クレイジー」の入りで師匠が1カウント早く入ってしまう、伝説のワンツータン事件
  • 「バラ色」イントロでなぜかサンプリングが鳴って→「愛してまーーーーーーーーーーーー になりかける。
  • ECラスト、\愛してまーす/で復活
  • Two of us」→2階の“へり”の部分にレーザーでメッセージ「ツアーおつかれさまでした」
  • 規制退場前にステージ背景に電飾でメッセージ「SEE YOU AGAIN」「FIN」

 

まとめ:独断と偏見で選ぶベスト公演3本

もう長すぎるから簡単にまとめますね!!全部よかったけど、あえて、あえて選出するなら、です!発表します!

 

 

  • 福岡(6/5、9本目)
  • 渋谷2(5/30、8本目)
  • 大阪1(7/3、14本目)

 

 

全公演、どれをとっても忘れがたく、大切な思い出です。ミッチーさん、この困難な時期にプロフェッショナルなエンタメを届けてくれて、キラキラさせてくれて、ありがとう。大好き!!

(あとは愛哲まとめと、個人的まとめを書いて終わる予定)

 

 

 

*1:「いつもならできる人もできなかった今年、なんで“私なんかが”全通したんだろう」。100回くらい堂々巡りをして終わった後も2週間くらい思っていましたが、今はベイベーさんたちとお話しして、ちょっとスッキリしています。ありがとう大好き!!

*2:悪気はないのだと思いますが、以前、記事を上げた直後にまとめた情報を発信し直すツイがTLに流れて参りまして…。もちろんそれは、参加した人にとっては誰でも手に入れられる情報でした。でもそのリストアップしたものを書くには、記憶やメモなど、何かしらの方策が必要でした。せめて言及いただけたらな、と…。私が書いてるから同じことは書かないでっていう意味じゃ全然ないんですよ。私には、やめてほしいことはやめてと言えるようになる訓練が必要です(リアルでも苦手)。少しずつがんばります。

*3:前と右がおしゃべり、後ろから大きめの独り言、左は係員さんが落ち着かなく行ったりきたり。どうしても没入できなくて「これはもう、取材か、取材に来たのかな私」って思っていて、だからシェイクミーでちょっと泣きそうになったんです

*4:MCで「超満員」、DGより売切れにつき当日券なしアナウンスあり

*5:ギリギリに当日券が出て、駆けつけたベイベーさん多数。結局ソールドだっけ?

*6:おそらくあれはPurple Diamondツアー1部で履いていたもの

*7:旅行には全然行けないけど、この日のために貯めてきたんだ、と思えた出来事でした。♪たぎる〜つのる〜僕のマイル〜

*8:席番の表記がアイウエオ表記だったことによるものです

*9:「経費で飲んでんじゃねぇぞ」ダンサーの振りです

拝啓、セットリスト様/及川光博ワンマンショーツアー2021「SOUL TRAVELER」まとめ①(セトリ編)

f:id:purplekuina246:20210711234910j:image

新幹線でコーヒーを飲む、そんな小さなことも、しみじみと幸せをもたらしてくれました*1

 

ファイナルから1週間!ロスに浸る間もなく日常の些事に揉まれる日々ですが、ちょっとずつ「SOUL TRAVELER」ツアーの振り返りを書いていきたいと思います。

まずは、入れ替えも含めたセトリ編からお届けします♪

 

セットリスト(全公演振り返り版)

客入れBGM:James Brown/It's Too Funky in Here 他

影アナ:サッシャさん

*結びの部分を抜粋して残しておきます。

「タンバリンやハンドクラップ、そしてダンスで、しっかり、たっぷり、レッツ自己解放!ファンキーにロマンティックに、愛し愛されましょう☆」

いつもと違うワンマンショーながら、そのポテンシャルを十分に引き出して楽しみましょう、という声かけにグッときました*2

1部

1. Purple Diamond

2. イチャイチャしたい。〜Shinin' Star メドレー

3. BE MY ONE

<MC メンバー紹介>

4. 未熟者にはわかるまい。

5. ラブ・アンドロイド

6. アクアリウム(12本:右記以外)/懺悔(3本:渋谷2、人見2、大阪1)

7. 彼の比率(理枝さんコーナー)

8. 悲しみで胸がいっぱい

9. 抱き枕 *渋谷2以降、アウトロのアレンジ変更(龍ちゃんのピアノが1オクターブup)

10.ビトゥイーン・ザ・シーツ(13本:右記以外)/恋ノヒゲキ(2本:渋谷2、人見2)

11. Q.I.D.

12. 求めすぎてる?僕。<デラックス>

 

休憩BGM:Michael Jackson/Rock With You 他

影アナ:サッシャさん

Are you having fun?」から始まる影アナ。「有意義にお過ごしください!」と言っていただけましたので私は思い出しメモに全振りしました

 

2部

愛と哲学の小部屋〜オンライン

13. 死んでもいい

14. 今夜、桃色クラブで。(新アレンジ→It's Too Funky in Here+ひみつのアッコちゃん「すきすきソング」)

15. CRAZY A GO GO!!

 

EC

ミッチーコール(通常6本/強烈9本)

EC1. Shake me, darlin'

*渋谷1のみEC1.モラリティー、EC2.Shake me, darlin'、EC3.バラ色の人生

EC2. バラ色の人生(ちょっとだけ2020)

EC3. ファンキー☆ミュージック(2本:福岡、大阪1)/炎上!バーニング・ラブ(4本:金沢、大宮、人見2、大阪2)

エンディング Two of us(振り付けあり)

 

規制退場BGM:Boys Town Gang /Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる) 他

※いろんな人が歌ってるけど、、これで合っているかしら、、全部で3回くらいしか聴けませんでした(←早く追い出されがち)。*3

 

セトリのかんそうぶん
  • いちばんびっくりした曲→「今夜、桃色クラブで。」:これはさんざん2019年にやったので、大好きだけど絶対にないと思っていた曲です。でもバチクソおしゃれな新アレンジに仕上がっていて、しかも取り入れ方のアイデアがすごい(ドヤァっていうミッチーさんの顔が見たいです)。 最初は「愛哲大賞」の存在や「○○○ちゃ〜ん!」って他のベイベーさんへの愛を叫ぶすきすきソングパートに戸惑いがありましたが、曲の全容を解明し(執念)、フルで踊れるようになってからは大好きになってしまいました。後半では、大好きな友人のベイベーさんや、6歳ベイベーさん♡に大賞が授与された公演もあり、大張り切り!で踊らせていただきました。このアレンジ、何とかして、音源にしてはもらえないだろうか…。
  • ワンマンショーを通して大好きになった曲→「悲しみで胸がいっぱい」:ファンクやソウルではない、けれどなぜかセトリ内ではしっくりきて、聴けば聴くほどに、メロディラインの虜になりました。空間と音量、ライブという大きな広がりで聴くからこそ、声量豊かな歌唱がまっすぐ胸に刺さってくるというか。人見1からの演出変更ではちょっと“失恋”したような気持ちもありましたが、この曲の主人公の失恋の傷が癒えたから、面白くなったんだな。と解釈しています。
  • 演出に度肝を抜かれた曲→「ラブ・アンドロイド」の光るマイクスタンド:最初は普通のマイクスタンドのふりをしていたのに、サビの前の4カウントで下から白い光がせり上がってきたとき、何事!?って腰を抜かしそうになりました。「2055年」のディストピアを歌うこの歌に、サイバーパンク感のあるこのギミックは、ぴったりでしたね!マイクスタンドがあるからこそできる、ミッチーさんの饒舌な手の振り付けにも魅了されました。
  • 贅沢言うならもっと聴きたかった曲→「懺悔」:ああああ懺悔ぇぇぇぇぇぇ(滂沱)。刺さる、刺さるんだよぉぉ、性癖に刺さるんだよぉ…!!!もともと好きだったけれど、変なところに刺さったので、たいへんに苦しいです。あらためて「喝采」の音源で「懺悔」を聴き返すと、“若さゆえの懊悩”に満ちた歌詞だったのかと驚きました。しかしですね、、50代の懺悔は、やばいぞ…(眉間に皺を寄せて悶絶)。緊密なアンサンブルや各パートのソロも素晴らしく、さらには3回演奏されていくなかでどんどん良くなっていったんですよね。なんということでしょうか…。円盤でしか知らないのですが「大人の恋。」ではマリリン&カオリンの情熱的かつ妖艶なフラメンコがとても素敵でした。でも今回はダンサーなしで、フロントに立つスターの存在感(抑制のきいたフラメンコは圧巻!)とハイクオリティな演奏で、こんなにもドラマチックに魅せてくれた、そのことに改めて感動しています。
  • このツアーの一番の思い出になるであろう曲→「Q.I.D.」:これは完全に個人的な思い出の話になりますが、私はこのポジションにくる曲は「Shake me, darlin'」だと思っていました。ツアー前にオンラインレッスンでしっかり履修できて、しかもライブの喜びを歌った曲だったからです。でも、6月になって様相が一変しました。再びのオンラインレッスンでシェイクミーとは比べ物にならないほど高難度の振り付けを習うことになり(※ベイベーが踊ることはぜんぜん想定されてないと思う)、毎週のレッスンで数エイト増えるごとに、平日の夜に時間を捻出して、本当に死にものぐるいで練習しました。会社でも給湯室やトイレで人のいないタイミングで1エイト踊ってみたり(そしてときどき目撃されるなど)。でも、基礎練が振り付けに1ピースずつハマっていくことを実感し(アイソレ、リズトレ、ウェーブなど*4)、私、やっぱり勇気出して0から1にしてみて(個人でダンスを習いはじめて)よかったなぁと思いました。成長したいと思ったなら、飛び込んでいいんだ。遅いなんてことは、きっとなかったんだ。踊れるようになったとはとても言えませんが、でも私、そもそもぱーぽーのとき、上半身の振り付けを覚えたあとで「あれ?足もなんかやってるっぽい?」って思った人間ですからね。そしてボックスを踏んだら足がもつれてましたからね。そこからのスタートなので…。さちえせんせい、愛してます。ゆうこりん、尊敬してます。そしてミッチーさん、めちゃくちゃカッコ良かった!!!私はQ.I.D.が大好きです。

 

心のなかではまだまだツアーに浸っていますが、痣のほうはというと、7/11現在、さすがに、(30代とはいえ)治りかけてきました。クッ…能力(ちから)が…ッ!!!!

 

次の記事では全公演の概要を振り返ろうと思います!おつきあいくださいませ☆

 

 

*1:東北/北陸新幹線では車内販売が廃止されているので買っておくのがマスト!!

*2:今回書き起こして思ったけど、これってやっぱりタースーが原稿を書いていたりするのかしら…?

*3:ゆくくるでもBGM?で定番とのことなので、また出会えるといいな!(私は通常のゆくくるは未体験です)

*4:アイソレ→すべて!Bメロで胸、サビ終わりで首など。リズトレ→サビの2エイト目。ウェーブ→間奏の2エイト目後半。※できたとは言っていません

想い出は君でいっぱい、ずっと笑顔でいるよ/及川光博ワンマンショーツアー2021「SOUL TRAVELER」7/4オリックス劇場・後半(感想/レポ)

f:id:purplekuina246:20210705162548j:image

神の手さんが特盛だった!!見えるッッ!

 

第1部はこちら!

purplekuina246.hatenablog.com

 

 

※個人の感想/主観です。

 

第2部

はしょっております!

愛と哲学の小部屋〜オンライン
  • 3階、2階:「よく見えるよ〜」
  • 1階後ろ:「あんたたち、可愛いね♡」
  • 1階真ん中:「マキシマス、やだ?」→ここで気遣いが発動。なんで!笑
  • 1階前:「よく踊るね〜!」

OS-1おいしい!」と力強く感想を述べる及川さん。えっとあの、OS-1って脱水になりそうな、体がヤバいときはおいしく感じて、そうじゃないときはあんまりおいしくないって聞いたことがあります…!

 

Q1 ※割愛します

A1 自分の信じた道をゆけ!

この質問は、個人的には、箱からはねておくべき内容だったと思います(フォローしますが初心者さんだったし、質問した方が悪いのではなくて、これはオペレーションの話)。新しい話題すぎて方針が固まっていなくて、すり抜けてしまったのではないかしら*1。タースー、ちょっと困ったと思いますけどスマートに切り抜けました。でもさすが、お答えは汎用性が高かったので書いておきますね。「よく相談してください、いろんな人と。自分の信じた道をゆけ!」

 

Q2 友達との持ち寄り鑑賞会に持っていくDVDは、どれがおすすめ?

A2 「イチャイチャしたい。」or「美しき世界」

こちらも初心者さんから。質問を読み上げながら思いついたことをどんどんしゃべるタースー、「変ですかね?ベイベーって言うの。今更?」って聞いたり「♪わたしが〜オジさんに〜なってもッ…もうおじさんだよッ!」ってセルフツッコミしたり、あとはツアーで何回か出てきた「歳を重ねると回復力が落ちる」の話をして「笑っていられるのか…?♪一緒に〜歩いて〜行こ〜ッだよ、まったくだよ」。あれ?質問はいつ出てくるのか???聞き逃した?と不安になる私。

で、ちゃんと質問が出てきたんですけど、答えはイチャイチャ&美しき。知ってた!その後、ミッチーさんは「お友達ってどんなお友達?」と真剣に悩んで「エロっちいのが好きだったらイチャイチャ。2.5次元が好きだったらファンタスティック城の怪人」というおすすめもしていました。ところで私、50代のマイヤー様に会いたいんですが。

私は初心者のときに、鑑賞会ではないけどおすすめのDVDをツイッターでみなさんにうかがって、いろいろ教えていただいたのを思い出しました♪*2

 

Q3 うちの子たちならやってくれる、ってことは?(※一部割愛します)

A3 遠隔ハグ!

数日前に流行ったハッシュタグの話をふまえた話でした*3「僕も大概だが、君たちも大概だ!」って言われました。うん…笑。答えとしては「遠隔ハグ」。ずっと前からあったけれどこのご時世になってしまって、(発明しておいて)「よかった〜!」としみじみ。いつも時代を先取りしてる(ので爆発的に流行るタイミングには重ならない)という話でまとめました。

あっそうだ、ドラゴン桜の現場でつい共演者さんに対して「○○ベイベー」って呼びかけが出ちゃって、「やだ、本物!」ってリアクションされた話も聞けました。これ好き♡

 

Q4 やる気ってどうやったら出るんスか?←質問者さんの職場の若者のマネ

A4 未来の自分に失礼のないように

やる気のない職場の若者にそれとなく注意したら、上記の質問で返されたという愛哲。ミッチーさんであればこんな風に諭すようです。「未来の自分に失礼じゃないか(で考えよう)やるときはやろう!やらないときはやらなくていいから。今やらなければ、未来の自分に失礼じゃない?」

もう1つ、こんな後輩に現場で出会ったらミッチーは注意をするか?という質問に対しては、自分は「ムードメーカーだから」、あんまりしないというニュアンスで答えていました。

そこからドラゴン桜の話に。演技とは「巧妙に、絶妙にウソをつくことだから」という言葉が印象的でした。第9話は順撮りではなかったそうで会議室でめちゃくちゃ裏切った後に、時系列でその前のシーン(長澤まさみさんが「はいっ!高原先生!」って明るく答えるような)を撮る、そんなときは心が“バグる”と振り返り。「心にダメージがくる役もある」と、自身の役もですが、私はここで勝手に、藤井くん役の鈴鹿央士くんのこととかを想像しました。これまでも若手キャストが悩みながら頑張っている話を紹介してくれていたので!

 

メンバー再登場!ちょっと前半忘れちゃったんだけど、トークの流れで「理枝さん!助けて!」って助けを求めにいったら「なぁに、姉さん」と例のコーナーが始まり「姉さん今日、飛ばすわね!!」で、そっから、すみません間違えて1部に書いてたのですがこのタイミングが正しいです、移植しておきます…(セリフも一部間違えてた)(記憶で書いたら後から2部のメモが出てきた…だめだなぁ)↓

  • 「ミステリアスな仲居さんを崖に追い詰める」話の続き、理枝さんとタースーで、火サスのアレを一緒に歌って「テテテテッ!テテテテッ!ミッチ〜〜♪」(なんか両手をチョキで下からせり上げる動き)みたいなのを作って、「何それ、何その振り付け」「姉さんやるわね」みたいに言われていました。さすがは我らが女神です。

崖の話、「保険金殺人?」って食い下がってた理枝さんも好き。笑

 

ツアーが終わってしまうことについては、「1年中回ってたいですけどね♪」と理枝さん。タースーはいや無理でしょ!みたいに突っ込みつつ、「今回ね、北の方、行けなかったね」としみじみ(札幌や仙台に行けなかったことはツアー中に何回か言及がありました)。旅回りの一座っぽく想像したのか「ワゴンにアンプ詰め込んで?」と理枝さんに投げると、「先導します、バイクで」と例のハンドル超高いバイクの振りが出ました。「免許もってないけど♡」って可愛いよぉ!

 

13. 死んでもいい

イントロは「♪楽しく楽しく」でした。両手に握ったブロッコリーもといポンポンとも、これでお別れ。このキラキラの瞬間を体全体で覚えておきたくて、ステージの隅々まで眺め回しました。「夜空高く〜」でホーン隊がぶん投げたポンポンの1つが、変な位置(さっちんとゆうこりんの立ち位置の間、ややゆうこりん寄り)に落ちて、さりげなく振り返ってどこにポンポンがあるのか(怪我しないように)確認するゆうこりんがプロ。しゅき!!!!ちなみにゆうこりん、今日も前髪はセンターパート。下ろしている部分の巻き髪、いつもよりゴージャスに見えました。前髪が変わったことによる印象の変化かな。ちなみにECでもセンターパートのままで、これはご本人のストーリーで確認できました♪かわいい!

 

14. 今夜、桃色クラブで。(新)

ううう、さみしい。大好きな大好きな桃色クラブ、2019年にさんざんやって、そして2021年の新アレンジは愛哲大賞つきだったから、たぶん、当分これ、聴けない、踊れないよね……。

大好きだったよう、JBの「It's Too Funky in Here」のイントロとアッコちゃんのすきすきソング(ちゃんと合いの手つき)をぶち込んで、超初期のファンクナンバーをさらに中毒性抜群のアレンジに仕立て直すなんて(くわしくは福岡の記事で書きました)、及川P、天才だよう!

すきすきソングを全力で踊って、この曲も完全燃焼。自分のために振り付け書き起こしをして本当によかったと思えた瞬間でした。

2階ドセンからは背景の照明がとてもクリアに見えるので、フワ〜オって出てくるハートや「スキ」もたっぷり見納めできました。

 

15. CRAZY A GO GO!!

そんな、そんな、そんな。カズさんの真似の真似

入りで、なんかドン!って突っかかったようになって、アレっ?って思っていたら、なんかおかしくて、ん?あれ?うん?ってなりつつ演奏が続き、たぶん3エイト目くらいでポへポへ〜〜!って演奏が止まりました。やっぱりそうだよね??

真相はまたしても、またしても、師匠でした!!福岡に続き!

入りの合図で「ワン、ツー、スリー、タン!*4」って入るはずが2カウント早く、「ワン、ツー、タン!」で入っちゃったんですって。福岡のとき同様、しゃがむさっちん、そして両手でキラキラして囃し立てるポーズの理枝さん。(リズム隊として)どう思ったか聞かれた宗さんも「なんでそこで。」って返していたのでタースー、大ウケ。この公演中、師匠はタースーに「ワンツータン」って一生いじられることになります。

で、このやり直し前のテイクで一番キュンだったのはですね、たぶん演奏が変だったからなんだけど、2エイト目でさっちんとゆうこりんが立ち位置を入れ替える所、上手にいたゆうこりんが移動しようとしなくて、さっちんが頭上でクラップを叩きながら「あれ〜〜〜、ゆうこりーん💦」って感じでゆうこりんの方を心配げに覗き込んでいたことです。しゅき…!!!その後、ゆうこりんも気づいてバタバタっと立ち位置が入れ替わったところで、演奏も止まったのでした。なんかとても、珍しいものを見たよ…!

ということで、ダンサーが慌てて立ち位置を元に戻して、桃色クラブの最後のポーズからやり直して、「ファンキーがあれば何でもできる!」もやり直して、クレイジー、仕切り直し!ちなみに仕切り直しは、神戸(死んでもいい)、福岡(Q.I.D.)に続いてこれで3回目でした。なんか得したような気分になるのは何故かしら。

 

本番テイクでかっこよかったのは、イントロで手を伸ばして上手・下手にステップを踏むところで動きに合わせて左手でシャツの襟元を掴んでガバって広げたところです。この広げ方、エロすぎる…!2番の上手でのこの世で\オンリーワン/のところ*5は、左手でサムズアップして自分を「オレ!」って感じで指していて、イケてるう…!

かっこよく締めて、「最高な時間だった」とマイクで言い残して、退場。

 

EC1. Shake me, darlin'

ミッチーコールは通常!ファイナルが終わったら数えようと思っていたら、うわあ、ありがとうチャチャおじさん!

https://twitter.com/chacha_oj/status/14

後半はけっこう通常を叩いたと記憶してたんだけど、そうか、最初はひたすら強烈が続いていたし、終わってみれば通常:強烈=6:9だったんですね。

最後は特別バージョンで、背景のLEDと階段の電飾にFINALの文字が出ました☆

 

メンバー再登場、さっちんのツアTはノースリの、Tシャツの残り()みたいになってるほう(メモ)。ミッチーさんは〆鯖。ということで渋谷1の衣装は本当にモラリティー専用だったのですね。汗びっしょりだから水着のほうが早いんじゃないか?って言ってたのここだったかな。競泳用って言ってました…。

ところでタースーったらすでに限界の模様で、「笑顔で退社♪」のお辞儀を見届けていたら、次の2サビの頭でセンターに戻りながらマイクを口元に持っていったのに歌うのを諦めちゃったのでびっくりして、私が2サビの振りを思いっきり間違えました。ちょっと!2サビって1回しか出てこないから最後の機会だったのに!笑
最後は珍しく、左手で最後ガッツポーズ!

 

EC2. バラ色の人生

前がガッツポーズで終わったからか、少し変わった入り方でした(もちろんスムーズに始まりました)。ところでイントロで\愛してまーす!/が入ったのは何だったんだろう?タースーのキューを見逃したのかもしれないけど、そのあとサンプリングがとまらなくて「愛してまーーーーーーーーーーーー になりかけたので、あわてて止めにいくチエホフ。

ベイベーパート。「心の声で!」と言った後に、歌わずに少し天を仰いで、ゆったりと、客席の心の歌声を聴いていました。最後に「ありがとう!ありがとう!」。この形が好きだなぁ、私。
ちょうど私の目の高さできらめいていたミラーボール。ミラーのパーツがときどきキラッと跳ね返す強い光が、ステージからの、お別れのサインのようでした。

 

EC3. 炎上!バーニング・ラブ

そして整列するメンバー。ここじゃないかもだけど、「悔いなく生きてね」って言われたのがメモに残ってる。3曲目がありそげな雰囲気でソワつく私達。「オンギター!」でしっかりタンバリンのNoが入り*6、もう1回、上手を指して「オンギター?」、下手を指して「オンベース?」、師匠をいじって「ワンツータン?」ときて、「曲のお返し!もう1曲やります!」阿部薫の罰ゲーム!曲はCRAZY A GO GO!!です。ここでCRAZY A GO GO!!やったらすごい笑」

ここでクレイジーが来たら伝説でしたが笑、導入から「炎上ですか!」\炎上でーーーす!/ということで、ツアー15本の踊り納めは、炎上になりました🔥🔥🔥

ところで、タースーは限界すぎて、あっちこっち、歌えてなかったです!でもいいです!最後だから!!理枝さん号に2人乗りするところもめっちゃギリギリで追いついて飛び乗る感じ!

理枝さん、2サビ頭の自分のパート(♪ワクワクしたいズキュンドキュンしたい〜)を歌い終えて、ミッチーのパート「♪サプライズで君に愛の〜」あたりまでしばらく上手側に居残って煽っていて、「♪バラード捧ーげーてーみー」の1エイトで急いで立ち位置に戻りました。「た〜い!」までにちゃんとマイクをスタンドに戻して船を漕ぎ始めて、間に合うの、すご!

ピンクと赤に明滅するSOUL TRAVELERのロゴ、そして眼前に広がる真っ白なレーザーの光。この演出とも、いよいよお別れのときがやってきました。

 

最後は、バッチリキメたけど、後ろに1歩、また1歩とよろけて、よよよ…。

“あのポーズ”に!

しゃがみこんでうつむいた体勢で、

「せーの…っ」

ってなぜ、機材のところにいるのに、うんうんって見守ってるのチエホフ!?(もちろんベイベーはみんなわかってて、シャンのシャン、やりました)
タースーの突っ込みを経て、次はちゃんとサンプリングで音が出て、このツアー初の\愛してまーす!/復活!をやりました。これ、やろうと思えばサンプリングの力で今までじゃなくてもできたけど、ファイナルになって初登場したのですよね。

 

エンディング〜Two of us

Two of usも踊り納めです。ところが、始まるないなや、「みてみて!」とメンバーに上階を指差すミッチーさん。何が起こったのかわからず、見てもらえてる!と思って自信満々で踊ってしまった2階ベイベーの私、ああなんて恥ずかしいんだ。

真相はチエさんの写真の通りです↓〜〜*7

 

及川光博ワンマンショーツアー2021『SOUL TRAVELER』、これにてお開きでございます」

「キラキラしてね。次会えるまで、無事でいてね。なるべく笑顔で!」

そして最後のメンバー紹介。1個、言っていいですか。誰も卒業しなくてよかったです…

見送りのなかではゆうこりん、ぎっくり腰治して!」。ミッチーさん体を大切に、本当にぎっくり腰にならないでね(←前半の記事に書いてますが、ゆうこりんがぎっくり腰じゃなくて、もしミッチーがぎっくり腰になったらゆうこりんが治せるって話!)

 

そして最後の最後の、遠隔技です。

大真面目に、「ハグしてアーチェリーしてハイタッチするよ、この3連コンボでいくよ。いいね。矢が心臓に刺さっても、ウッて声出さないよ。」

 

「両手を広げて!遠隔ハグ!」

(ぎゅっ♡)

「ギュッてして…」爆イケ

(もっとぎゅっ♡)

「遠隔、アーチェリー!」

(ウッ)※サイレント

「片手をあげて!遠隔ハイターッチ!」

(いぇい!)※ミッチーだけ声


「ワンマンショーで会いましょう。ミッチーこと及川光博でした」。そう挨拶を締めくくり、ゆったりとレヴェランス、その姿勢のまま右手で投げキス。

歩きながら手を振ってピッと客席に指差しをして、袖に消える直前、グーを突き上げて、2年ごしのツアーを完走した私達のスターが、ついにステージを後にしました。

 

チエホフにも手を振ってお別れして、規制退場を待つ間、背景の電飾に映し出されたメッセージは

「SEE YOU AGAIN」

そして

「FIN」

でした。

 

 

このあとでまとめの記事も書こうと思いますが、SOUL TRAVELERツアーのレポ自体はこれでおしまいです。

さまざまな形で一緒に旅をしたみなさま、本当にお疲れさまでした。

長きに渡ってご覧いただき、ありがとうございました。

 

ミッチーさん、メンバー&スタッフのみなさん、完走本当におめでとうございます。心の荷を下ろして、少しでも休まるひとときがありますように。

ツアーが終わった今、“想い出は君でいっぱい”なので、これからの日常も、“ずっと笑顔で”いられるよう、がんばりたいと思います。

 

 

11675872478724096?s

*1:一昨年もファイナルでそういう質問があって、何で今年もファイナルで!!って思いました。というか、初心者さんに挙手させて手が挙がる割合と、愛哲の読まれる割合、どう考えても違ったので、初心者と書いてあったらとりあえず箱に放り込まれているんじゃないかなぁと思います。全部聞いたから数えようと思ったら数えられますよ私…。スタッフさん、これもなかなかセンシティブな話題だから、来年はよけてね!!

*2:そして一昨年の愛芸で先輩ベイベーさんが初心者におすすめのDVDについて尋ねる愛哲が読まれたのも、勝手に想い出。勝手に泣いてました。笑

*3:○○の人、という言い方は、他界隈を下げる意味合いはないとしても、文字にすると強いので、私のブログでは割愛します。

*4:フォーでタン!が入るんでした。ご指摘ありがとうございました!

*5:このあいだこの歌詞をナンバーワンって書き間違えたの、我ながらおかしすぎる

*6:見てる人にはわかるけど、なんか文字にすると変なので念の為、紹介が始まったら終わるから、紹介まだしないでっていう意味です

*7:この機材というか仕掛けというか、同じフォント?をPerfumeのドーム公演(2020年2月、中止にならなかったほうの1日)で見ました

その愛に、クリティカルヒット/及川光博ワンマンショーツアー2021「SOUL TRAVELER」7/4オリックス劇場・前半(感想/レポ)

f:id:purplekuina246:20210705023510j:image

ああ、終わっちゃったんですね。

ツアーのまとめみたいなのは後で書きますので、まずは記憶を叩きつけていきたいと思います。

ちなみに最後の席は、2階ベイベーでした!ミッチーさん、最後に高いところのドセンをくれて、ありがとう!

 

※個人の感想/主観です。

 

セットリスト

本セトリ+EC3(炎上)でした!割愛しますね!

そうか、このセトリに出会って、ちょうど3か月、経ったんですね…。

 

purplekuina246.hatenablog.com

 

本編(第1部)

はしょってるし主観!よろです!

 

1. Purple Diamond

私は今日、幕が開いて、ここで泣いてしまいました。

差し込んできたレーザーが、次の瞬間私の目の前でガッと上下に分かれて、視界をまばゆい緑で覆い尽くしたのです。レーザーを見上げるでもなく、見下ろすでもなく、上下に分かれた光に包まれたのは初めてです。周囲のベイベーさんたちも、ハッと身じろぐ様子がありました。

思えば3か月前の初日、この光が空間を切り裂いてゆくのを、私は目を丸くしてバルコニーから(=真横から)眺めていました。こんな世界があったことを、こんな席から目に焼き付けることができるなんて。「おいで!」「おいでよ!」と呼びかけられて、高まってゆく心。演出そのものにシンプルに圧倒されて、泣きながら踊りました。

*1

 

2.イチャイチャしたい。〜Shinin' Star メドレー/3.BE MY ONE

イチャイチャ!!ああ楽しかった、楽しかったなぁ…。振り付けのポイントである間奏の4ステップのところ、「カモン!」って2回言っていて、カッコよかったなぁ。「大阪ベイベー!」「ファイナルベイベー!」の呼びかけがあって「おいでったら!」もありました。「おいでったら」、今ツアーであったかな!?あったっけ、これ大好きなんです!

そしてシャイニンでは、ファイナルの口上(!)を述べるミッチーさん。「ありがとうございます、ありがとうございます。及川光博ワンマンショーツアー SOUL TRAVELER、千秋楽でございます!」。どっちかというと舞台で使われる語彙の「千秋楽」ですが、このタイミングでスターが使うとグッとハマって、胸が一杯になります!そんな言葉があったから、落ちサビの「終わらない瞬間がほしい」でまた、泣きそうになっちゃうんだよ。

BE MY ONEは、本当にこのツアーでめちゃくちゃ育ったなぁと思うのです。今となってはゆくくるの演奏(くるみち1回限り)、もう確認できないのですが、そのときより、そして初日よりずっと練り上げられて分厚くなって、私もすっかり踊りながら乗れるようになりました。2番では歌詞に合わせて下手でばっちり写真を撮ったミッチーさん。“ちゃんと編集して、1冊にまとめて”、いつかこの曲の思い出を私たちにも聞かせてくださいね。

 

MC〜メンバー紹介

<惚れちまいなよ。>

コーレスを想定せずにされた「ファイナルですか?」っていう問いかけに、食い気味に\シャンのシャン/をするベイベーたち。音頭がとられたものではなかったからちょっとズレて(そりゃあそう)、「心が1つになってないぞ!」ってもう1回、「ファイナルですか?」\シャンのシャン/をやりました。このとき「シャンのシャン」をオフマイクで言っていたタースーに、愛しみです。

このツアー今日はじめて見る人!に続いて、初心者ベイベーいじり。初心者ベイベーたちをとっつかまえて早々に「惚れちまいなよ」「もう、惚れるのが早いよ」と畳み掛けます。押しが強いぞ♡

続けて、今ツアーで初めて、初心者ベイベーによる\シャンのシャン/の練習がありました。「初心者ですか?」\しゃんの、しゃん…/みたいな感じで、うまく言えないけど、音が控えめで、ちょっとズレてて、超可愛かったです。タースーも、おっかなびっくりだな、と笑って「じゃあ、引くかもだけど、引くかもだけど」と前置きし、先輩ベイベーによる実演。\シャンの!!!シャンッッッ!!!!!!/っていう感じでいつもに増してキレが意識されていて、なんていうか、圧がすごかったです。初心者さん、引いてないといいんですが(ていうかミッチーさん「引くかもだけど」って2回言うのやめてくださいwww)。

 

<おいでよディズニープリンセス

なんと…ファイナルのC&Rは…ディズニーしばりになりました。

3階:シンデレラですか?

2階:アリエルですか?→「本当だな!?何でディズニーシリーズにしたんだ」って言われた。だから梯子を外さないでくださいww

1階後ろ:ラプンツェルですか?→「髪が長〜〜い!ずるずるずるずる♪」って他に褒め方ないんです!?

1階真ん中:マキシマスですか????????→昨日と同じく1階真ん中でボケてきたぁ〜〜!!ラプンツェルに出てくる表情豊かな馬」って言っていたのですが、今ググっただけでめっちゃ笑ってしまいました。ミッチーさん!ちょっと!!!

1階前:サニーレタスですか?→初お目見えのお野菜でした!

 

ということで、本日はソールドアウト、1150人ベイベー!すごいっ!動員数、1位タイですね*2

1150人みんなで呼んでみよう、\ミッチー!/を2回やりました(※音量が物足りないと、チエホフにボリュームUPを指示)

 

<もしもシリーズ:ミッチーがステージでぎっくり腰になったら>

ファイナルということで「みんな怪我しないよ〜!」と(ステージ上にはいませんが)メンバーやスタッフに呼びかけて、その流れで「ミッチーはふくらはぎ攣らないよ。ふくらはぎ、攣らない」と自分に言い聞かせ、さらに前日踊りすぎて首が痛かったけれど「ミッチーは、気にしない。」

そこで、もしもステージでぎっくり腰になったら、の話に。「まずは、チエホフに助けを求めるでしょ」。そこから、チエホフとウラウラに担架or台車で搬送される想定だそうです。「台車っていうのも洒落てるんじゃない?」。それで第一部終了、休憩をいただきます〜っていったん幕が下りて、「それでさ、うちのダンサーのゆうこりんが、ぎっくり腰治せるんだって!」。だから、袖でゆうこりんに治してもらって、第2部から復活するんだそうです。ぎっくり腰…つらいよ…絶対にならないでねミッチーさん…。私のぎっくり腰の話はこちら→*3

そのあと、教頭先生が出てきました。「ありがとう!教頭で〜す!高原で〜〜す!」って超軽いノリで言って、「うん、うん、さすがは僕だ。」をなんか早口で。裏切って失敗して吹っ切れてチャラくなった教頭先生がいる世界線があるのかも…。

 

<もしもシリーズ:温泉に行ってミステリアスな仲居さんと惹かれ合いたい>

温泉にずっと行っていないなぁ、ゆっくりしたいなぁという話から、骨休めにきた温泉宿での妄想がはじまります。

「ベッドじゃなくて畳の部屋にお布団を敷くのがいい。ゴロンゴロンしたい。180°回転したりして(人見2のネタ)」

「敷きっぱなしにして、朝食食べ終わってから、またゴロンゴロンするの」

「それでミステリアスな仲居さんと惹かれ合う。まだ結ばれてないよ!?」

「で、散歩に出たら、崖で仲居さんと出会って、なんでか崖で仲居さんを追い詰めるの」

…どんどん展開していくこの話、どうなるんだ!?と聞いていたのですが、崖っぷちでミッチーに追い詰められた仲居さんが言うことには、

「ミッチーごめん、あたし、ベイベーだったの…」

〜完〜

た、たしかにな!心を押し殺して給仕をしていた仲居さんがベイベーだったら崖っぷちで自白したくもなりますね。

 

あれ?何の話でしたっけ。あ、そうか、よく働いて疲れたから休みたい的な文脈だ。なので、その後、前日に出てきたヨギボー♪の話になって「ヨギボーに頭から突っ込みたい」「ビル街に倒れ込むウルトラマンみたいに。あ、これは『帰ってきたウルトラマン』ね。ゼアッ

まって、うん。福岡ばりにMCゆるかったような気がしますね???

 

その後、\愛してまーす!/と遠隔ハグをやったのですが、愛してまーす!のところで細かく(うんうんうん)って頷いてたのが、好きです。

 

<メンバー紹介:ミッチーマウスと愉快な仲間たち>

箇条書きでいきます!

  • ミッチーのMCを受けて「温泉行きましょうよ」って誘うあらケン。そこに人見1のネタで「連れてって!ケンくんの車で!」とデレるミッチーさん。あらケンはディズニー映画の中では「ファンタジア」(1940)が好きで、それを観ながらお酒飲むのがお気に入りなんですって!ということで「一緒にファンタジア観ながらお酒飲みましょう」。
  • フッシーのトーク中に、思いっきりベルトを緩めて締め直しているミッチーさん。「聞いてます?」とフッシーに突っ込まれましたが、ホーンズをディズニーキャラクターで例えてほしがっているのに無下にして「(アンパンマンでいったら)調理パンマン」と雑に名付けるタースー。そして「ディズニー…」と食い下がるフッシーがめちゃくちゃおもしろかったです。
  • それを受けて、「あれじゃない?ポニョじゃない?」ジブリに持っていく理枝さん。神戸のネタ、ミッチーさんはベイベーにキャーキャー言われていなかったら「ただの綺麗なおじさん」を久しぶりに再放送し、澄ました顔で「まぁ事実だし。」と言うタースーに、「こら☆」ってセルフで頭コツンで突っ込んでいてキュンでした♡
  • ※火サスの話、間違えてここに書いてたけど2部でした。すみません!修正しました(7/5)

まとめは、自分のおしゃべりについて「あ〜よく喋る口。知ってます?ミッチーマウスっていうんですよ」で、まとめました。ハハッ!

 

4. 未熟者にはわかるまい。

未熟者の冒頭でね、ミッチーさんがそのミッチーマウスをセクシーに開きながら、襟元を両手でガバッ!って開けたんですよね!うわぁって思わずマスクを押さえちゃった。

くわっちのソロ、超良かったです。高速のフレーズで畳み掛けて最後は頭にキィンと響きそうな高音へ!ミッチーさんから理枝さんのダンスソロへのパスが、ものすごく大きかったのも、理枝さんからチエホフへのトレンチコートの投げ渡しが一番かっこよかったのも*4ああ、ファイナルなんだなって、胸が熱くなりました。 

久しぶりの2階で、照明も見納め。本当にこの曲の照明って超サイケ!赤、ピンク、黄色が濃厚に光って、床には渦巻き模様がぐるぐる投影されて、この曲のグルーヴ感を体現しています。

最終盤にはぐっこん!(Good  God!)でも出たし、ミッチーさん的にもすごく手応えがハマったんじゃないかなと思います。最後はお尻を向けて、右手でサックスにアウトロの合図を出して、両手を広げて後ろ姿でかっこよくポーズ。

 

5.ラブ・アンドロイド

個人的に昨日は「今まででベストパフォーマンスだ!」って思ったのですが、今日はミッチーさんが一番楽しんで演奏したんじゃないかなぁと、主観ですがそんな印象をもちました。リラックスしていて、額にかかる前髪を何度もかきあげながら、肩の力を抜いて歌っているように見えました。「顔だけで見てないんでしょう」のところ、今まではほっぺをツンツンが多かったと思うのですが、今日は両手で頬を挟むような動きで可愛かった!「そんな夢を見た」で遠くを見晴らしてままかわいく乗ったかと思えば、ラストは両手を下で組んで足をぶらぶらとさせた後に、キメ1個ずつにがっつりお尻を合わせるスター*5。動きの1つひとつ、ずっと見ていたいなぁと思えるパフォーマンスでした。

 

6.アクアリウム

メロディを変えて歌う、「苦しくなるまで」の悶え感がめっちゃよかった!そしてギターソロへのパスは、左手のひらに吐息をのせてフッとあらケン側に流したのが色気あって最高でした!前にキスを乗せてふーっ!っていうのもあったけど、これもさりげなくていいなぁ。最後はEverybody, hands up!のサジェストがきて、最後のワカメタイムです。うん、この曲は踊るというか揺れる曲ですが、味わい尽くしたな!って心から思えます。

ちなみに私のワカメはあんまり手が上には伸びない品種です(品種?)。友達からはワカメからいい出汁が出てファイナルで締めのラーメンができるねって言われてました。

 

7.彼の比率

見納め!ということでダンサーのお衣装は、15公演中13公演、蛍光グリーンでした!破けたとかじゃなければ、及川P的に、なんか理由があったんでしょね…ダークグリーンのスパンコールだと理枝さんと変化がつきにくいとかかなぁ。確かに暗めの照明の中、あの蛍光色はとても浮き立ちます。

アクアリウムからつながる、理枝さん作曲の大人っぽいナンバー。このツアーで大好きになりました。大人の女性の時間、堪能させていただきました♡

 

8.悲しみで胸がいっぱい

この曲は、ミッチーさんの歌唱そのものというより、それ以外のところが毎回違う曲だったんですよねぇ…。今回、くわっちはBメロでいわゆるPPPFで手を叩いていたんですよね(たしかにこれやりたくなる曲調)、なので客席でも多くの人がタンバリンで合わせていました*6

パフォーマンスは進化または変化していくものですが、この曲だけは初期or中盤のほうが、好みです!でも今日になって突然、ハッと気付きがありました。これは失恋の歌ですが、演奏を重ねるなかで(この歌の主人公の)失恋の傷が癒えたから、明るくハッピーな演出に変わったのかも。そんな風に思うと、私の受け取り方も変わってきます。

何にせよ。ド名曲であることには変わりないのです。かなり初期に書きましたが「あの素晴しい愛をもう一度」と同じ箱に入る曲だと思っています。大好きです♡

 

バラード間MC/9.抱き枕

セミファイナルに引き続き泣かせにかかる、龍ちゃんのピアノ。あれ?セミファイナルであった、そして今日も「悲しみ〜」の転調前にあった、星空みたいな照明の演出、なくなってますね?もしかしたら「抱き枕」本編の、満点の星空っぽいライトとバッティングするからかなぁ。

これから歌う曲のことを、「このSOUL TRAVELERで何回も、何十回も歌ったけれど、当分歌わないね」と言うものだから、急に寂しくなります。「同じ夜は二度とない。しっかりと歌い納めたい。大切なナンバー、聴いてください。『抱き枕』」

今夜の「抱き枕」を一言で現すなら、「感情の表面張力」でした。溢れそうな、零れそうな感情が陰影をつけていながら、丁寧さが保たれていて、でもその感情がとても生っぽいから、どうしたって心を揺さぶられてしまう。今までのどの回とも違う、そんな歌唱でした。「そばにいてほしい」のあとに笑顔を見せて、正面を見つめる表情にやられました。

 

ちょっとだけ脱線しますが、そして全く違う曲だというのは当然わかっているのですが、ツアー終盤になって、「抱き枕」は「ココロノヤミ」と深いところで呼応する曲だなぁと思うようになりました。理由は単純でした。同じC Majorであることと、それに伴ってサビに同じ音階の動きが出てくること。具体的には「ファミレド」です。「(一緒に)あるいてーいこー」と、「夜明け前のー海のようなー(ファファミレドドー、ファファミレドドー)」。まあ、それだけなのですが…ファイナルの夜になって「!!」って納得したっていうお話でした。

 

10.ビトウィーン・ザ・シーツ

あああ!!ヒゲキがなくなった!!なんと、なんと、「恋ノヒゲキ」の登場回数は、15本中、2回でした…!でもねファイナルだしそんな気はしていたのよ…!

昨日変なところにあったSOUL TRAVELERロゴもしっかり上がっていて、ミラーボールも降りていて左右でダンサーがバァン!これよ!コレですよ!!私がこの曲の練習のためにポチった君スタもこの会場だったなぁと(当時は大阪厚生年金会館)、しみじみと思いながら踊り収めました。でもなんで?なんでミッチーさん、いきなりこの曲でマキシマス/って言うの!!!???*7

 

11. Q.I.D.

踊れたかは置いといて、完全燃焼できたと思います…!

昨日と同じく「Trust my Love」がセリフ調に。そして。「Q.I.D.」に合わせてパッと開くレーザーの美しいこと…!

*8

今日になって、ゆうこりん自身はサビでそんなに膝をインにしてないんだなぁ!っていうことに気づきました。でもこうして、細かいところまで見て研究しようとする、そんな日々も終わりです。1年以上心待ちにしていた「Q.I.D.」、まさかこんなに、レッスンに食らいついて修行する曲になるとは思っていませんでした。さっちん(=レッスンしてくれたひと)、ゆうこりん(=振り付けたひと)に見てもらえるほど近くで踊る夢は一度も叶わなかったけれど、6月の私は確かに、この曲と共に生きていました。

終わったときは「やりきった!!」って心の底から思えたけど、ああ…終わっちゃったんだ。終わっちゃったんだな。今になってちょっと泣きそう。

 

12. 求めすぎてる?僕。<デラックス>

…Q.I.D.で完全燃焼しすぎて、次何の曲だっけ?ってなりました(そんな)

さちえ先生のお尻コーナー…!!千秋楽は床ありでしたので、優勝です!!!最後なので白状しますが(崖に追い詰められて)、その前の「スカートはいてくれないか〜」でお尻を突き出してショートパンツの裾をなぞっていたのも毎回見ていました、ごめんなさい。

ダンス→サックスソロのあいだ、ちょっとだけ階段にゆったり座っていたミッチーさん。気怠げに片足を伸ばして、休んでるだけで色気が漏れます。

あとねこれは痛恨。ミッチーさんが上手側でお尻を向けて歌ってるぞ!と気付き、でも凝視しておくべきだったんです。ん?歌い続ける、まだやる?まだやる?って見ていて最後に「ああああこれは尻文字を書いているぅぅぅぅぅ!!!」と気づいたのですが時すでに遅し!!!

あとね、まだあるんですよ。どっかでクリティカルヒット♪/って言いましたよ、唐突すぎて防御態勢がとれずサイレントで崩れ落ちました。

で、最後はダンスバトルでした。うむ、大阪2Daysはバトらず、4人一列のパターンでしたね!平和協定を結んだんだな!ネタは「なんでだろう」で、最初からニワトリ(カルガモ)の行進でした。いやこれ平和協定じゃなくて、人見2から感染しっぱなしなのかな…。特にさっちんとゆうこりんの首の入れ方がプロのそれだった…タースーと美女たちの頸椎が心配です。

この曲の締めはわりとあっさり。

3階ベイベー、2階ベイベー、1階ベイベー、みんなで呼んでみよー!\ミッチー/

「休憩です!」とサクッと宣言して1部終了!

 

 

すべての曲にお別れだと思うと、ついつい自分に甘くなって長い記事になってしまいました。最後だからゆるして!

とりあえず明日はファイナル休暇をいただきましたので優勝です。後半は明日の午後くらいにアップします。みなさん、本当にお疲れさまでした。

 

*あまりに長いので鬼のようにカットして注釈に逃しました↓

 

 

 

*1:最後に書き残しておきたいんですけど、タースーのダンスソロの間、ダンサーが絡み合って踊るところ。あれ、かなり密着してお互いに体重を預けてその力も利用して回転している感じですね。今回、久々によく見える位置だったので改めて思いました。どんな風に練習するんだろうってつい、想像しちゃいますね…(ポワワ〜ン)

*2:カナケン、大宮

*3:私3年前にどえらいぎっくり腰をして、約1か月にわたり、ADLが粉砕されたことがあるんですよ。あまりに痛くて何もできなくて本当に悲しくて泣いていました。整形外科の先生からは「運動しないからですよ」と言われ、よくあるパターンですが整骨院、漢方などなど、さまざまに助けを求めて多額のお金を失いました。なんとか治ったものの、昨年は在宅勤務(食卓の椅子)で慢性的な腰痛が再発。私が今、ダンスとか体を動かす習い事に打ちんでいるのは、二度とあんな思いをしたくない(体的にもメンタル的にも)、という恐怖も背景にあるのです。で、今ですか?ワンマンに通ってダンス練習しまくってたら、治りました。

*4:具体的には、理枝さんの体から離れたあとまだ理枝さんの近くに浮いているトレンチをチエホフが凄いキレでガッって掴み取る、緩急がよかったんです。

*5:ちなみに最後のマイクスタンドは傾けあり。こっちのほうがよりカッコよくて好きです

*6:いつもと違う音が聞こえる?でくわっちを見て気づいた

*7:クラップのサジェストでミッチーさんがやっている指は「1,2,3」ですね。3,2,1じゃなくて。ファイナルでやっとわかってよかったです。

*8:そうそう、昨日も今日も、師匠のカウントが聞こえてきたから、イントロのマイケルに遅れず入ることができました♪オリックス劇場、音がクリアで聴きやすかった

この夜のために、生きてきた/及川光博ワンマンショーツアー2021「SOUL TRAVELER」7/3オリックス劇場・後半(感想/レポ)

f:id:purplekuina246:20210704145035j:image

開演前に撮ったのだけど、「オリッコリー」の後ではなぜかジワジワきてしまう写真。

 

第1部はこちら!

 

purplekuina246.hatenablog.com

※以下、ネタバレです!必要に応じてご自衛くださいませ。

※個人の感想/主観です。

 

第2部

はしょっております!

愛と哲学の小部屋〜オンライン

ミッチーさんは登場して「良かったんじゃない?第1部!」とご満悦。「一夜として同じワンマンショーはないからね」と、大切なメッセージを繰り返します。

「みんなありがとう!」「3階ベイベー!見えてるぅ〜〜〜、メーテル〜〜〜〜〜」という突然の銀河鉄道999

コミュニケーションを手探りで積み重ねてきたミッチーさんですが、「時代が時代になったら、そのうちおしりで文字を書くようになるかも」と思いつき、「ひらがなの『み』」!」と宣言して、書いてくれましたよ、おしりで、「み」を…。最後の一画を書くときに、確信と共にギュン!と下ろされるダイヤモンドヒップ…。「なにやらせてんのあんたたち!」って笑いながらツッコむミッチーさん、楽しそうでした。

「毎回、(これが)最後かもと思っていた」と旅を振り返りつつ、前乗りしては毎週、金ローを見てた、という話に。そしてその内容にうっすらワンマンショーが影響されたというので(ボヘミアン・ラプソディとか)、思わず福岡公演の「エーオ!!」を思い出してしまったのでした(あれはすごかった。フレディのまま締めてフレディのままはけたからな)。

 

 

Q1 七夕の短冊に何を書きますか?

A1 癒やされたい。

こちらのベイベーさんは午前中にお子さんの学芸会を見てから来られたそうで「歌って踊る3歳児を見てから歌って踊っておしゃべりする51歳を見に来ました」、これめっちゃ好きですw

最初にそれを受けて言ったのが「ワンマンショーが七夕みたいなものだから」ということで、本人も気に入った様子でしたが、1年に1回だけミッチーを見に来る人もいるでしょ?って地方公演で言うのが私はすごく好きです。

短冊に書く願いごととしては、しばし考えた上で「癒やされたい」。ヨギボーとか買おうと思ってる、と話してくれたのですが毎回「ヨギボー♪」ってCMっぽいハイなトーンで言って、しかも例えが「でっかいバーバパパみたいな」ビルを倒すウルトラマンみたいにバーン!って飛び込みたいんだそうです。なんて可愛い51歳児でしょうか。

最後に「喋り続ける、僕。」って言ったのが、さりげなく「求めすぎてる?僕。」みたいでした。

 

Q2 今の幸せを大切にすべき?それとも、さらに上の幸せを目指すべき?(意訳)

A2 ※回答とは少し違うかもですが→幸せって人と比べるもんじゃないんですよ。

これは、ベイベーさんご自身での幸せの「上」を話していて(上を目指したら今ある幸せが薄れそうで怖い)、人と比べて幸せになるという文脈ではなかったのですが、お答えとしてはこんな感じ。

導入としてはこの社会状況で小さな幸せを大事にするようになった、という話を踏まえていたかな?この後の流れが超愛哲で最高だったので以下にいっぱい書きます!

「幸せって人と比べるもんじゃないですよ。感じたもん勝ち、『あー幸せ』って」

(コンビニのレジの横にあるコロッケがあるでしょう、それを買えば)数十円。サクッ、『うまっ』。まずはこれで幸せゲットです」

「嫉妬したところで手に入んないんだぜ?」

「幸せになるには努力が必要なんです。その努力をしないなら、今ある幸せを大切にすべきなんだよ

「世の中を暗くするのは、嫉妬する人々。(嫉妬って)悪循環だと思いませんか?」

…という感じでバーッと喋って、まとめは古畑任三郎のマネで及川光博でした」

 

Q3 学芸会みたいなベイベー&男子を見て、ひとこと。

A3 楽しんだもん勝ち!

このベイベーさんが出掛けにご家族に言われたのが「学芸会みたい」…って、微妙にQ1とシンクロニシティ起きてますね?答えは一言で、上記の通り!

この言い方が本人的に声優っぽいと感じたらしく、声優さんは大活躍しているよね、という話になり、宮野真守さんと銀英伝の話をしたエピソードを披露。「DVD…持ってますッ!」って、テンションが完全に共演者じゃなくてオタクのそれ。

 

Q4 ギターは何本持っていますか?グリーンのギターに名前はありますか?

A4  ギターの名前→エメラルダス(仮)

この質問を読み上げるとき、文章に「ミッチーさんは前乗りですか?」という問いかけがあったのでセルフで\前乗りでーす/って答えていたのが可愛かったし緩かったです!

終演後ツイッターによると、足りないらしいんですけど、今回挙がった分はメモを残しておきますね(正確に名前があるのかもですが、今回の本人の発言ママで書いてます)

  1. 悲しみロケット1号(スタインバーガー
  2. 強烈☆ロマンスの星(フライングV
  3. 黒ちゃん(レスポール
  4. 木目ちゃん(テレキャス
  5. アコギがうちに1本ある
  6. 天使(←天使のうたのギターのことかな?これ本人思い出せなくて、サポートするチエさんの声がちょっと聞こえました)
  7. ピンクのテレキャス
  8. 緑のエレアコ(タカミネ)

数え上げてはいなかったですが「10本くらいあります!」とまとめ、今回初登場した緑のエレアコについては、ちょっと考えて「エメラルダス(仮)」命名していました。まだ仮名だそうです。普通に定着しそうじゃない…?

 

Q5 ツアーの印象的なエピソードは?

A5 心配しないで聞いて。疲れた。

ツアー終盤らしい愛哲ですね♪ここでも、ベイベーさんが書いた「愛してまーす!」に、ゆるーく\俺も!/って答えていました。

初日を振り返り、さまざまな制約があるなかでどんなライブなるのか、「ゆくミッチーくるミッチーだけでは読みきれなかった」。そして公演を重ねる中でも「来週ができるかも、わからない」。そんな状況から「気持ちが疲れた」と率直に吐露していました。「だから、(スケジュール的には忙しかったけど)高原教頭先生を演じているのは、バランスがよかった」「ツアーの印象は、心配しないで聞いて、『疲れた』」

明日が終わったら心が軽くなるんだろうな、ということで「最後まで気を抜かずにステージに立ちたいと思います!」やっぱり、かっこいいなぁ、ついていきたいなぁ。

 

メンバー再登場で、最近おなじみになったミツコ&リエコーナー。「姉さん、持ってるわね!」「ヒップも輝いてるわよ!」みたいなやりとりが、いつもより長〜く続いたあと、最後に理枝さんが「どうするコレ」ってちょっと困っちゃったのが可愛かったです。

曲に入る前のC&Rは

  • 1階:ときめいてますか?
  • 2階:輝いてますか?
  • 3階:楽しんでますか?

でした。

 

13. 死んでもいい/14. 今夜、桃色クラブで。(新)

死んでもいいのイントロは、「大人の大人の学芸会♪」でした。これは聞き取りに自信がないので、「大人に大人の学芸会♪」だったかもしれないです。愛哲を踏まえた内容ですね!

ゆうこりんとサックスのわちゃわちゃは、はじめちゃんがかなりウザ絡みするのに対してくわっちは控えめなので、ゆうこりんが結構勝ってて私はひっそりとウケてました。ゆうこりんといえば桃色クラブにさしかかって、前髪のスタイリングがデコ出し気味に変えてある!って気づきました(センターパートかな?)。この前髪はアンコールでいつもの斜めに戻っていたので、いろいろ見られてお得感満載でした♡♡

桃色クラブ、本編の振り付けもあわせて、すきすきソングまでフルで踊れたときの達成感がすごいです。その分、最近「死んでもいい」で間違えまくっているのでリソースは有限だなって思いますね…。

 

15. CRAZY A GO GO!!

イントロでガッツリ腕まくりして、そういえばメガネを外さなかった!外したのは、半分以上過ぎてからじゃないかな?曲の途中からお顔が変わるのって、ものすごくドキドキするんですね…。

上手、下手にミッチーさんがやってくる、かつての「よしよし」パート。ここでしっかりしゃがんでベイベーに目を合わせに行くのが大好きなのですが、今回、上手に来たミッチーさんは、しゃがんで左手で頬杖をつくようなポーズをとり、にっこりしてその左手で指ハート!ぐあああ!!可愛かったぁぁぁ!!!

最後は、首をコキコキしながら、やりきったなぁ、という表情を浮かべ、「ありがとーーーー!」

たぶんここで各フロアに呼びかけるやつがあった気がするんだけど、3階ベイベー!2階ベイベー!ときて、「1階みんなベイベー!」って出てきましたね(たぶんここ)。

最後は、限界だったのか、ステージからまろび出るように小走りで、袖に消えました。

 

EC1. Shake me, darlin'

ミッチーコールでは、ハッキリと始まった強烈バージョン。うん、通常と強烈どっちが多かったかわからなくなってきました。ファイナルの後に数えよう!再登場したメンバーはファイナルグッズの爽やかなSOUL Tシャツ。女子ーズはミントカラーのほうで、さっちんは長袖がついてるアレ。

 

そして…

 

そして…

 

ステージ上に姿を現す前から、見えてしまいました…

 

シャア総帥、再び降臨☆☆☆

 

センターに立つやいなや、風になびき始めるマント。さすがです…!

「この夜のために、生きてきたんだろう?」ともう一言あって、シェイクミーですか!\シェイクミーでーす!!/

笑顔で退社〜、注目していましたらお辞儀してカッコよく敬礼☆で退社しました!総帥は残業などしないよね。あ〜〜、余裕をもって踊れるようになったのは、シャア総帥のオタ芸をこの目に焼き付けるためだったんだなぁ…としみじみ!とまりんもそうですが、この曲はオタクの気持ちを歌っているだけあって、コスプレとの相性の良さが異常ですよね。

Shake me  darlin'という、「ライブという奇跡」を一緒に確かめ合う時間。ああどうかどうか、これからのツアーでも時々やってくださいね…!

 

EC2. バラ色の人生

とにかくマント。本当にマント。

1番の終わりだったかな、ちょっとターンっぽい振り付けのところではマントを持ってエレガントに。そして2番、上手に来て2サビを歌ってくれたときがマジでキュンのキュンだったんですけど、狂喜乱舞の後の「僕のすべて注ぎ込んで」では完全に振り付けを変えて、右へ、左へと後ろにマントを払ってくれたので昇天しました…!

 

 

EC3. ファンキー☆ミュージック

メンバーが整列して、なんやかやあって、最後は1部のMCで宗さんが無駄なトークをしたから(←厳しいよぉ!)というこじつけで、3曲目のプレゼントがいただけることに!ここでもタンバリンで遊んでくれて「バイバ~イ!」っていじわるがあって、いや「バイバ〜イ!」って!

 

…そして固唾を呑んで見守っていました。どの曲がくるか。っていうか、ファンキーが来るか、ですよ…。「ファンキーですか?」\ファンキーでーーーす!/のあとに聞こえてきたのは、師匠のカウント…この入りは、このテンポってことはぁ…!!

 

そこへ黄金色に輝き出す、「SOUL TRAVELER」のロゴ、そしてきらめくイントロ…!

 

ありがとうございますありがとうございますありがとうございます

 

ファンキー☆ミュージックでした!!!!!

 

年末に超練習したものの、ダンスは全体的に超発展途上です!でも、福岡公演以来、このときに備えて、最初のイントロのキメの振り付けはかおりん先生のDVDを見直して復習してきたんです…!うれしかったぁ…!

そしてこの曲も、とにかくマント!!ああやっぱり、フォーマルな祝祭感のあるこの1曲に、マントって本当に合う!そして、登場の時点でうっすら気づいてはいました。まさかまさか、シャア総帥がマントなびかせて理枝さんのバイクの後ろに乗らないでしょ、って(いやそれはそれで面白い?)。だから納得なのでした!

間奏のクラップでは、ガチ踊りのためにタンバリンは置いていましたが、ミッチーさんをまっすぐ見て、心を込めて確信をもって手をたたきました!ゆくくるでこのクラップを習得して、もう半年がたっている…!

最後のところ、両膝に手をついてちょっとさすったりして「てへ」って顔で笑ってたけど、めちゃくちゃ声、出てるじゃん!

理枝さんが引っ張る面も大きい炎上に対して、座長がきっちり締めた!ということも大きいです。ああよかった、一昨年の求めすぎみたいに、福岡でしかやらなかった曲、にならなくてよかった!*1

 

エンディング〜Two of us

※2Daysのタイムリミットにつき、ちょっとここらへんからザックリします!笑

タイミングが思い出せないからここでメモしておくんだけど、衣装にちなんで「逆襲のミッチーでした」がありました。

メンバー紹介が逆向きで、宗さんから!だからダンサーもゆうこりんから。ゆうこりん珍しくポーズあり→さっちんもやっぱりポーズあり。そして龍ちゃんがさっちんのポーズを真似したところでタースーから「いやらしいポーズはいいからw」みたいな突っ込みが入りました。そうだよねいつもはさっちんの後は師匠だから!


万感の思いで愛を交換する、Two of us。神戸以来の関西公演だけど、踊れる人が多くて、やっぱりミッチーさんは会場を見渡して、(うんうんうん)って小さく頷いていました。このうなずきを最初に見たのは渋谷。これが本当に好きなんです。
「体操だから。痛めないようにね」と言いつつ、途中で手首をブラブラする動きも入りましたw

「みんなで呼んでみよう!せーの!」

\ミッチー!/

「それは俺!」

「スタッフのみなさん、今日は及川先生から差し入れがあります!持ち帰ってください。今日撤収ないからね!ゆっくり休んで!スタッフにも盛大な拍手を!」

そして

セミファイナルまたはファイナルイブに集まった980人に盛大な拍手を!」

「僕はミッチーでした。そしてみなさんは、ベイベーでした、男子でした。忘れないで。」

メンバーの見送りかたは超ざっくりで、最初名前の呼び捨てだったんだけど、「ゆうこ!」からの「水上!」でした。さっちんを水上って呼ぶの、ミッチーさんの中で流行ってない???

 

そして最後の遠隔ハグ。

「両手を広げて!遠隔はぁぐ」

(ぎゅっ♡)、*2

そしてベイベーを抱きしめたままのミッチーさん、大真面目に、冷静に、こう言いました。

「これから久しぶりに遠隔アーチェリをするけど、胸に刺さってもウッて言わないよ、無言で倒れるよ。いくよ?」

「遠隔〜〜アーチェリー!」

 (心の声で)(ウッ)(ちゃんと斜めに倒されてるベイベーたち)

「さようなら…ッ!」
ちょっとシャアが入ったままなのか、爆イケの敬礼を残して、マントをなびかせて、14本目を完全燃焼したスターが、袖に吸い込まれてゆきました。

 

 

たいへん。あと1時間で開演です。とにかく粉ものを食べすぎて、昨日と同じスカートなのにキツいです!!

 

それでは、それでは、オリックス劇場に集うみなさん、遠隔サポートのみなさん、最後の1本まで一緒にキラキラできますように。

いってきます!!

 

 

 

*1:この曲は友達がすごく楽しみにしていて、イントロの瞬間心の中で叫びました。よがっだぁぁぁぁ!!

*2:ここで笑った人はあとで教頭先生の部屋に呼び出しです!