完全に猫なのさ

4年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ I'm here for you.

あなたは誰と、ご飯を食べますか?/「最愛」第4話感想

無理ーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!

いやもうまじむりこの展開ほんと無理たすけて!!ていうかまだ4話!!!!

 

またしてもリアタイできずでしたが、当日に実況ツイができなかった分、今ここで叫ぶしかない。いやあ、、もう、、2時間分くらいの密度がありました…。

 

後藤専務の撮り方のクセがすごい

冷血漢の、まさかの「鼻血」

何が言いたいかというとミッチー演じる後藤専務の撮り方のクセが今週もすごい。

先週の予告の時点でTLをざわつかせた後藤専務の鼻血。そのシーンの全貌が明らかになりました。きな臭いペーパーカンパニーを掘り当てた橘(田中みな実*1に書類を突きつけられて、無表情を貫きながらも右の鼻から鼻血がぬるり

冷血漢として、徹底的に“人としてのぬくもり”が排除されてきたキャラクターなのに、ここでガチの鮮血をぶつけてくるとか、ほんとうに変態だ(褒めてる)。

この“ぬくもりのなさ”は、冒頭のモノローグで孤独な境遇が明かされることで説明されているなぁと思いました。いやいや毎回誰かのモノローグで始まるパターンをつかめてはいたけど、やっぱり開始1秒で専務が語り始めたら叫ぶでしょ…。「寂しい人間と言われようと、それが私の人生だ」。ああっなんかマイヤー様みある…。(鼻から)血ィ出しちゃうぞ!!!

このシーンで1つ注目したのが、持道具についてです。鼻血を出してうろたえる後藤を、せせら笑うごとくに顔を背けてタオルハンカチを恵んでやる橘。
後藤が平静を装って鼻に当てているチャコールグレーのタオルハンカチ、よく見ると折り目から大きなほつれが出ています。新品を1回洗っただけではない、“ガサツな橘の持ち物”としての持ち道具のすごい作り込みを感じました。

*2

 

“無表情”という究極の演技

社長室を訪れて梨央を詰めるシーン(これ何回目だ?)、「それー、聞き飽きました」とか、限界まで表情筋の使い方を抑制したセリフまわしが素晴らしい。中の人、本来はあんなに表情筋職人なのに…!そうそう、先週は嫌味に笑うときだけ口角を上げましたが、今回もそんな感じで眉毛だけは持ち上げるんですよね。頬あたりの筋肉が大リーグ養成ギプス並みに縛られてるから、こういったアイコニックな表情のつくりかたが際立ちます。

そして、さらに梨央を激詰めする役員定例会のシーン。いやあなんというか、この感じ見たことあるっていうかその席、副頭取の席っていうか、すごく…半沢直樹です…。

入室してくるときはあとに続く梓社長(薬師丸ひろ子)のためにドアを押さえていましたが、これは慇懃な感じもありつつ、やはり彼は元来ジェントルマンであり、かつ忠義心も強い人物なのだと思います。

っていうか今回、専務が腰巾着で連れてきたお兄ちゃん。えっ、反社の人か何かですか…?母親の執務室を尋ねるシーンの「かぁーさーん!」って言い方も完全に駄々っ子で、2話の“車ガシャってするやつ事件”から精神的な成熟がみられないことがわかりますね…。

 

「飲食」をキーにした関係性の描きかた

食事のシーンはこれまでもたくさん登場してきましたが、今回は特に象徴的だったのでまとめておきます!

①中華料理屋の円卓(梨央、梓、加瀬)

広義の“家族”での3人での食事。ガッチガチのビジネストークをしていた梨央が、母の中座後に立ち上がって、伸びをする。そして“海老だけ”選んで食べる(cf.第1話のニンジンの押し付け)。本当に気を許せる相手は、実の母ではなく15年間寄り添ってくれた加瀬なのだということがわかるシーンです。

 

②捜査一課のランチ

①に重ねられる、捜査会議をしながらのランチ。えっと私、このあいだから係長ツダケンの黄色いランチバッグが気になっているんですよね(たぶん保冷)。ここではサンドイッチかなにかを食べてたと思うけど、ご家族の手作りでしょうか(自分で作ってるとしたらそれはそれで萌えて死ぬ)。捜査上の疑問点を話しながらワイワイと昼食を取る様子で、同じ釜の飯を食う仲間っぽさ、つまりチームワークのよさが演出されています。そして、じゃがりこ的なスナックを分け与えまくる桑子。自他の境界がふんわりしてる動物タイプですよね。だから聞き込み中に出会った犬に絡んじゃったりするのよね(絶対やると思ってた)

 

③情報屋の牛丼

①、②にさらに加わるのが、「情報屋」がアジトのマンスリーマンションで牛丼をひとり掻き込む様子です。彼はのちに、生き別れた弟の「優」であったことが明かされますが、ほんとうに長く、寂しい来し方だったのだなぁと思います…。

 

④定食屋の瓶ビールと烏龍茶

めちゃくちゃ印象的だったのがこのシーン!見失った梨央の居所を把握する名目で、定食屋へやってきた大輝。梨央が頼んだばかりの瓶ビールを飲む間だけ、大輝がジョッキ入りの烏龍茶で付き合うのですが、このときテレビで流れていた大学駅伝のニュースをきっかけに、15年の歳月を感じさせないくらい自然に、陸上の話題が展開されるんですよね…。何より、ここで大輝は、白い歯を見せて笑うんですよ…。これには衝撃でした…。

定食屋を後にして、桑子の待つ捜査車両まで2人で歩くシーン。方言を交えての会話、「私やっとらんよ。渡辺昭さん、殺しとらん」「信じるよ、お前やないってこと。俺が証明する」は、“あの頃の2人”のような距離感で交わされました。宝石のような涙をこぼして*3、思わず大輝に抱きつく梨央。抱きしめるかどうか逡巡する大輝の表情や手がアップになり、信号が青に変わり、結局どうだったのかはわからないんですよね。2人の間には、「ビールを飲み終わるまで」「信号が変わるまで」の期限付きでしか、甘やかな時間は流れないのです。…ヒリヒリします。

このシーンの前には、定食屋のテーブルに残された、空っぽになったジョッキとグラスが余韻として映し出されていました。はぁ、たまらん…。

 

食事については、窮地に陥った梨央がコンビニ飯をレンジでチンするところとか、大輝と桑子の張り込み飯とか、ラボ所長が梨央に差し入れるいちごオレとかもあったけど、とりあえず割愛。このドラマ、第1話の寮の食事シーンから一貫して飲食(あえて古風に“おんじき”と読みたい)をキーポイントにしていると思うので、今後も注視したいと思います!

 

今週の変態カメラワーク3選

(念の為ですが褒めてます)*4

①山尾係長と大輝

前述の、定食屋のシーンの前につながる、捜査本部のいち場面。梨央との関係を訝しむ係長と大輝の間に「単に古い知り合いってだけだよな」「そうですけど」「なら利用するくらいの気持ちでやれ」という会話が交わされますが、林立するデスクライトと長机の直線に囲まれた狭苦しいフレーム(これで画面の2/3くらいになる)に2人を押し込めることで、微妙に本当のことを話していない大輝の心情を表しています。

 

②真田ウェルネスの廊下

こちらは、我らが後藤専務の登場シーンです!いやもう専務、顔を合わせるたびに梨央を詰めていて本当に非道いんですけど、このシーンでは地面スレスレの低いカメラ位置から、あえて後藤の肩から下だけ残してトリミングしています。人物の首が切れているのってすごく不安定な印象になりますよね。これにより、カメラを向いている梨緒の不安な表情、さらに後藤の四角四面な性格を表す立ち姿が際立っていると思います。いやぁ、首から下で背中だけだってめちゃくちゃ表現できるからさ及川さんは!!!(突然の鼻高々)。

 

③真っ黒な鏡面仕上げのテーブルに映る梨央

極めつけがこれっすよ…(頭を抱える)。

梨央のタブレットにメールが届き、なんだろうと開いてみるところ、鏡面仕上げの黒いローテーブルに、梨央の表情が映し出されています。これ、単にクセの強い撮り方かなぁと思ったんですけど、違いました…。「朝宮優」を示唆するメールアドレス*5から届いたメールに添付されていたのは、まさに、犯行中の自分自身が撮った動画でした。ウェアラブル端末で撮ってるから、両手で首を絞めるシーンが撮れちゃうんだよね…()。同時刻に優のアジトでそれを観ていた大輝は、核心に近づいたとき、思わずスペースキーを叩いて一時停止してしまいますが、梨央はそのまま一部始終を目の当たりにしました。

これ、完全に、第2話の白川郷の帰省シーンの再現ですよね。「殺人の一部始終を映した映像」が、一度ならずも二度までも、梨央を、視聴者を、奈落の底に突き落としたのです…。

だから、それを見る直前の梨央は、真っ黒な鏡の中にいるんです。

 

…えぐい!!!

 

…非道い!!!

 

そして続いて届けられたメールに導かれ、屋上でついに優と再会する梨央。

 

あああああああああああ

 

うぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

 

ここで流れる「♪君に夢中」!!!!!!!!

 

無理ィィィィィィ!!!!!!!(冒頭の絶叫に戻る)

 

 

ちょっとだけ、その他の感想です。

  • 役員会の梨央のコーディネートとメイクが好き!居並ぶ年かさの役員にナメられないように、ちょっと戦闘的なファッションを選び、低い声で話しています。マニッシュなパンツスーツ+タートルネックに、マットな肌とリップ。お願いそのリップの品番マジで教えて!!!!!
  • かと思いきや、連絡がつかなかったことを加瀬に怒られるシーンでは、「いつもすいません(´・3・)」と子供っぽい話し方になります。加瀬、完全にお目付け役でオトンなのですが、梨央が着替え始めると途端に狼狽えるのでやばい。何年“家族”やってんのよ…!
  • 係長ツダケンの生靴下脱ぎ(やると思ってたよ)→靴下脱いだ手で何食べてるんですかァァァ!!!!

http://www.rouninken.jp/member/pdf/15_pdf/vol.15_01-15-03.pdf

 

 

またしても情報量少なすぎの第5話予告。逃避行っぽいシーンが出てくるのですが、梨央は、どんな手段を使ってでも、誰に嘘をついてでも、優をかばい、逃がそうとするのでしょう。たすけて!!!!!しんどい!!!!!!

 

最後に、「飲食」を軸に、後藤専務のことを考えてみたいのですが。。。

自身を「寂しい人間」と自嘲していた彼に、日常的に食事を共にする相手は、いるのでしょうか。アップになった左手に、結婚指輪は見当たりません。梓社長との会食で、仏頂面で寿司を吸い込んでいた姿を思い出します。たぶん、寿司が旨いかどうかなんてどうでも良くて、普段はけっこうサプリなんかも摂っているんじゃないかと想像してしまうのです。

会社に尽くしてきた後藤専務の生活を、どうしても考えてしまう。

あなたは誰と、ご飯を食べますか?

 

 

*1:今まで、役名を「しおり」って書いていたんだけどなんだか苗字の方がすわりがよいなと思い変更しました

*2:…あと、このシーン、田中みな実さんは小柄な方なので、なんかこう身長差にキュンときますよね…。

*3:第3話の嗚咽もすごかったけど、吉高さん、泣きの演技の引き出しがすごいですよね…!

*4:ちなみに今回の演出は山本剛義さんでした

*5:パスワードの「YA55」の冒頭はYuu Asamiyaだと思います