完全に猫なのさ

4年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ I'm here for you.

死に向かって歩くその道を、あなたの愛で彩れたら/及川光博ワンマンショーツアー2022「GROOVE CIRCUS」7/30人見記念講堂・後半(感想/レポ)

f:id:purplekuina246:20220731123550j:image

退出の際も、大学職員の方にお世話になりました。ありがとうございます!!

 

※以下、ネタバレです!必要に応じてご自衛くださいませ。

※個人の感想/主観です。

 

第1部はこちら!

purplekuina246.hatenablog.com

 

2部

登場曲、ワクワクしながら待っていたらキャンディキャンディでした!ステージに現れるなりサンプリングの卓に立ち寄ってテキトーにポチッ。流れたやつ、よく聴こえなかったけど何でした?「最高でーすとか?」そんなんあったっけ??

センターに仁王立ちして「♪笑って〜笑って〜笑ってキャンディ〜〜」をオンマイクで歌うも「♪ディ〜〜〜」が本来の音程と違うやつ!笑

着席の合図はそこから間髪入れず「座ってキャンディ!座って!」(※なぜかキレ気味)でした。

暑さの話、1部のステージでOS-1飲み飲みやってまいりましたが、飲んだOS-1がそのまま(汗になって)出るという循環器系アーティストでございます!」隣の妹が崩れ落ちていた。私は「OS-1飲み飲み」が「鉛筆なめなめ」みたいでツボりました。

「明日来るベイベーいるでしょ?明日テレビ入るのよ」って感じの言い方してシューティング予告。300人くらい?みたいな少ない数で言っていて、いやいや今日いるうち1450人来なかったらすごいでしょってなったわ!

あと、本来、仙台公演を成功させていたら今頃(言葉に出してないけどこんなに感染爆発してなかったら今頃)…という文脈で観に行きたかった映画の話など。「グチグチ言いますよ私は、ええ、ええ」という言い方がすごく面白かったのですが、そんなお楽しみも今は我慢してファイナルまで走りきって「明後日から満喫する」。そして「これっぽっちも手を抜かず、突っ走りたいと思います!」。ああカッコいい…。

でねこっからが面白いの→「なんとか仙台で失ったものを取り戻したい!!!」という及川Pの本音!!!「ファイナルグッズ、出ております!ハンドタオル、ファイナルTシャツ…」と口上っぽく宣伝していて、ハンドタオルの話に。「お食事処に行く時さ、携帯とハンドタオルをズボンのポッケに入れていくじゃない」と左右の尻ポケットに入れる動き。日常が垣間見えてキュンだけどそれにしても私はミッチーさんの「お食事処」って言い回しがほんと好き。で、そのハンドタオルには「ちゃーんと自分のマークが入ってるわけ」(もちろん二律背反マークですね)。血糖値の急上昇で汗をかくからそれを取り出して汗を拭くと(おでこを拭う振り)、回りのお客さんが「おや?あのマーク…?」と気づくのではないか、と。「タオルハンケチのマークに集中して、拭いてる誰かは知らない」。ずいぶんと知識の偏ったお客さんですね??というかハンケチ…ハンケチ!!!!(天を仰ぐ)

そして良い子のベイベーたちに、もしもミッチーが1人で黙ってご飯を食べているところに遭遇しても、声かけないよ!!という大事なメッセージ。「いいよ、目を合わそう、5秒。そのあとうなずくよ、お互い。そのあとはスルーだよ!」。5秒、けっこう長いッ!!

そもそも写真やサインを求めて「及川さんですよね」「ファンなんです〜」って話しかけてくる人はベイベーじゃないよね、というお話でした。ほんとそうね、って思いつつこれに類する話をどこかで聞いているはずなのですが(たぶん2019年)、自分の記事検索でひっかからなかったから(初年度は網羅性が低い)、誰か教えてください(「誰か」はちょっと具体的だよ←)。

 

愛と哲学の小部屋

Q1 人から言われて元気が出る&疲れが吹っ飛ぶパワーワードは?

A1 「流石です」!

「あ、前に言ったよね!『流石です』」。デビュー以来の26年間について「少しずつコツコツと成長していると自負しています」、それでバラエティの収録でも力を発揮していてクイズ番組では「さんざん間違えて最後(正解して)持ってくパターンね!」、その収録後は楽屋までの廊下を歩いていると「廊下じゅうで『流石です!!』」って声がかかるんですって。で、本人は手を挙げて上機嫌で応えながら「ハッハッハ、中スターです!」。なんですかこの面白い人は…!

取って付けたような褒め言葉はお好みじゃないということで、「あと、気に入らないのは、『お若い!』。そういうことじゃねえんだよと」。ちょっと文字にするとキツいかもでしたが、やっぱりあれだよねえミッチーさんくらいのスターになってくると、おべっかを使われる機会もそこそこあるのかもしれないねぇ。

で、文脈飛ぶけど、すごく心に響いた久しぶりのワード。

「こうして、僕たちは歩いていく、死に向かって」

久しぶりの死生観ワード…ッ!聞けて嬉しいな。順番前後しますが2枚目の紙を引いてからも改めて

「死に向かって歩いていくんだよ、楽しもうぜ!」

笑った人もいたけれどね、ミッチーさんってめちゃくちゃメメントがモリモリしている人だからね…!

その後は宇宙ひも理論の話をしていたんですけど私の理解が追いつかず完全に宇宙猫になったので割愛です。「この話40分かかる、あとホワイトボードがいる」とのこと。

 

Q2 愛とは惜しみなく与えるもの?奪うもの?はたまた恋みたいに落ちるもの?

A2 愛とは、育むもの。

米米CLUBのファンの方から!!石井竜也さんに聞いてください!!」と即答だったので、拗ねてこれで締めるかと思いきや、自分の音楽性について「先輩(の)方々のミクスチャーでできております」と、いろんなアーティストさんのお名前を挙げて(そこに米米さんも含まれるという意味)、「ちょっこりちょっこりちょっこり、(いいなと思うところを)集めて集めて、リスペクトが込められています」と、ちゃんと先達へのリスペクトにつなげたからすごいよね!\流石です/あと、ちょっこりって何…?

最後は上記のお答えで爆イケに締め。

 

Q3 びっくりするような間違いから起こった出来事はある?

A3 (答え部分なし)

これねQの部分もちょっと不明瞭なのですが「答え」、なかったと思います!というかこの質問者さんが挙げた「間違い」が破壊力ありすぎてさ、、YouTube一世風靡セピアの「前略、道の上より」を検索しようとして間違えて及川光博の「前略、月の上から。」を聞いてしまって今に至っているらしいので!!!これ、スタッフさんも箱に入れながら笑っただろうな😂

王子様というワードが含まれていたので、そこから「若手の王子様」の話になり。「王子様のOB」としていろいろと先輩風を吹かせていたのが面白かったです。部活に顔を出してちょっと偉そうにしていくOBそのものじゃない??

若手の王子様たちのことは応援してあげてください、と伝えた後に「ミッチーのことは敬うように」

 

Q4 このツアーで印象に残った愛哲は?

A4 自己実現欲求の話。

愛哲本を出してほしい!という声に応えて「おやおや…?仙台で失った何かを取り戻せる??」でひと笑い。

印象に残ったものとしてはすぐにこれを挙げていて自己実現欲求の話!マズローの話だよ。どこだったっけな。博多?札幌?…八王子…?札幌か」。→声を出せないとはいえ私もすぐに出てこなくてひとり客席で悶えていました。正解は札幌!!!

で、札幌で聞いている話ではありますがもう一段お話がクリアになってすごくよかったです!

(承認欲求を)捨てろっていってるんじゃないよ、早く満足させろって話」「100人のいいね、いいね、をもらうより、5人の超いいね!のほうがいいでしょ」

そしてここでも「我々は、あと数十年生きたら、死にます」。死生観ワードのリフレインにすごくグッときたまとめでした。ちなみに似たような言葉は2019年のファイナルでも聞いています。

 

メンバー再登場。1部のあとではけた理枝さん、廊下に「ダイヤモンドが点々と落ちていて…」とタースーからこぼれたダイヤモンド(汗腺から出るタイプ)の話を始めます。どんなヘンゼルとグレーテルだよって聞いてたら「もしかして、俺の…?」「お前の…?」と見つめ合う2人。「何これ。」「行き当たりばったり!」「『流石です』!!」という神の流れでした。

好きな飲みものの話になって、理枝さんは「手っ取り早く酔いたいから」角ハイ9%、ミッチーさんは自分で作る炭酸水を使ったレモン風味のハイボール。おっしゃれ〜!「姉さんとおっさんが入れ替わっちゃったね♡」という理枝さん。

 

14.フライドポテト

なんかめずらしく演奏がつっこみがちだった!まあ大崩れはしないのがさすがのミッチー&THE FANTASTIXなのですが☆

イントロの振付、1回目は普通で2回目は飛行機、3回目は宇宙遊泳でした(適当に名付けるんじゃないよ)

間奏では理枝さんのところに行って…ヤンキー座りで…何かの缶をカシュッ!って開けてお行儀悪く飲み干してました…治安悪いwwwwそれはあれですか角ハイ9%ならぬストゼロ9%とかじゃないの…。

もってのほか👎では「ロースカツ弁当」を思い浮かべずにはいられませんでした。いやでも、やけ食いもたまには必要だよっ!

ラスサビのハイジャンプは足の動きに躍動感があって、最後はキリッと「ありがとう☆」

 

15.死んでもいい

曲の序盤で超きれいなジャケット投げがあった!なんかフリスビーみたいに横に飛距離がありました。2部の赤ジャケット、光沢あって綺麗だし(裏地も黒いサテンでしっかり作られているのがわかる)、照明も明るいから1部よりも映えるんだなぁという気づき。これは映像に残ってほしいな!

どこか忘れちゃったけど珍しいところで「1,2,3,4!」のカウントあり。2Bの「愛と真実」では理枝さんに向かってなにかをやり理枝さんはうんうん、って笑顔で応えたのだけど、その後ず〜〜〜っと理枝さんを向いて歌い続けてサビ冒頭の「♪死んでもい〜〜」までやってたから笑っちゃいました。ちゃんとここで振付が鏡合わせになるのでタースーってまじタースー。

初心者の妹ですか?めっちゃ踊れてましたね???落ちサビでポンポンを下げるところも当たり前にわさわさしていて推せる…。

 

16.コングラッチュレーション!!

「ポンポンそのまま〜!!」からのコングラ!なだれ込むように始まったせいか冒頭のカウント「8」で胸元にセットするの遅れて悔しいな、タースーはめっちゃ綺麗にセットしてましたねっ!!

イントロでは確信犯っぽくハッキリと「♪ぐるぐるぐるぐるグルコサミン」世田谷自然食品さんに届け〜〜!!!

ミッチーさん、うちらウェーブがんばったけどほぼお水飲んでましたね!ファイナルでは見てね!!!(圧)

妹ですか??踊れてましたね????何でなん?????

 

17.ポン酢・ポンザー・ポンゼスト

今まで1回も書いてないんですけど(ひどい)、上段では毎回ホーンのおじさんたちがフラフープに苦戦しているわけですが、フラフープを届けに行ったチエホフがフッシーにフラフープを強要されるという謎のわちゃわちゃが発生した!やめてさしあげろ…!??

ポンゼストはY字!で、ミッチーさんはセンターで「命」!!!あっなるほどこれがわかりやすいんじゃない?明日の収録もこれでいこう!?

阿波踊りターイム!では、珍しく下手にズイズイ進んでくるミッチーさん。そしていつもはキレッキレの悠子プロ、今回ちょっと控えめにしてたかも?

最後は「この阿波踊りタイムも、明日で終わるんですね…」としんみり言い残し、なぜかトボ…トボ…とはけてゆく座長。

 

EC

ミッチーコールは通常バージョン。で、こちらについては業務連絡がありましたので明日はまあそういうことですね!!笑

 

EC1.pillow talk

ちょっと他のことに気を取られて描写できる分の記憶がない*1、、、でも演奏も歌唱もすごく素敵でした。

あっそうだ、アウトロの超高音ファルセット、すっごくすっごく綺麗でしたよ!出るんだよねぇ…。やっぱり「願い」のが難しいってことなのかしら?

 

EC2.Shinin' Star

長い、長い拍手に包まれたミッチーさん。本当にこれで終わりでもいいくらい、充実感をみんなで共有した時間でした。「今日は来てくれて本当にありがとう」って言っていたかな。普段、この余韻は短めにそてギュイン!とギアを上げてダンスナンバーになだれ込むことが多かったけど、ここに尺を使ったことが、(中止のあとの)特別な公演なんだなと思えました。

満を持して、「輝いてますか!」\輝いてまーす!/(エア)でシャイニンへ!

いやそれにしてもAメロの途中、背景に、出し忘れていたと思しきキラキラの幕がぎゅんぎゅん上がってきたからびっくりした!たぶん、この前の余韻が素晴らしかったから手順が飛んじゃったんですね!?(去年の大阪1のビトウィーン・ザ・シーツを思い出すなど)。→8/3追記:まって?それはバラード中には出せないから実は合ってた?正しくはいつなの??でもせめてイントロのような気も、、なんかAメロで謎に目についた、ったのは印象としては本当です。

そして最後も…!決めポーズで、正面からタースーを照らし出すライトが一瞬遅れた気がするんです。でもでも、一瞬、シルエットになって、すっごいカッコよかったの!!これ、あまりにもカッコいいからいつもシルエットだった?と思ったけど、その後「パッ」って照明が当たったのが少し不自然に感じたから、いつもは違ったよね…?安定の節穴案件かもしれませんのでそのときはごめんなさい!

 

EC3.バラ色の人生

最初の整列。「この団結力、結束力。○○ベイベー、これが光光(みつみつ)CLUBだよ!!」で恐れ入りました。なんという伏線回収力でしょう(というかベイベーさんのお名前まで覚えているのほんとすごい、脱帽)。

そして素敵なことが起こったよぉ…!

「危ない、大事なこと忘れてた、龍太お願い!」と合図して、その間にさっちんを優しく抱き寄せるようにセンターに立たせて、龍ちゃんの生演奏で流れてきたのは♪ハッピーバースデー!!!

さちえ先生お誕生日おめでとうございます!!!✨

へなへな…と崩れ落ちて、両手をついてへたりこむさちえ先生。

声を出しては歌えないけど心の声でお祝いを伝えまくっていたら、正座したさちえ先生は、両手を掲げて、最初は客席に、バンドのみんなに、そしてタースーに、五体投地ばりに深々とお辞儀したのでした。ゆうこりんがめっちゃテンション高くお祝いしていたのもエモかったですっ…!

今宵の指示出しは、そんなバースデーガールのさちえ先生に。どんなポーズが来るかな、と思ったら、これも鳥肌が立ちそうな瞬間でした。固唾を呑んで見守る1750人を前に、両手を優雅に広げて、右足でバレエのように美しく弧を描いて、

「こんな人生にしたいです!」

という言葉とともに、下手に合図を出しました。

オンラインレッスンとかで何度も耳にしたはずのさちえ先生の声、だけれども、「生声」がステージで聞けたということに震えます。ダンサーさんってマイクがないから、ミッチーに話を振られても基本的には客席を惑わさないようにマイムで答えたりするじゃないですか*2。でもあのときは客席が静まり返って自分に注目している瞬間だからはっきり話したんじゃないかなって思いました。

…ということでこの神合図で始まったバラ色は(立ち位置もあるけど)めっちゃさちえ先生を見て踊りました。

タースーはもう完全燃焼していて、上手で歌っていた「♪僕のすべて注ぎ込んで」、本当に注ぎ込んでいる!!!って思いました。

ベイベーパートは、マイクを両手で握り、高く客席に掲げて。私たちの心の声を聴いてくれているんだと思いました。

 

再び整列しての挨拶。大事なところが意訳になって痛恨。

「緊張感と、ベイベーたちへの信頼感があったから、のびのびやれました」というお話!!すっごく感動したのにメモできず意訳になってくやしみ〜〜、ここは皆様のツイをご覧ください!

「これまで26年間やって参りました。1つひとつ成長していきたい、そんな向上心の塊、及川光博でした」

前後するかもだけどメンバー紹介では「光光CLUBについてフッシー*3「ひかりひかり、って書いてみつみつCLUBだからね!」と念押し。さっちんには「さっちん髪切るの?ツアー終わったら」って話しかけて、切らない、ってリアクション。黒髪ロング大好き!そしてゆうこりんには「明日終わったらいっぱい好きなもの食べれるね!」と声をかけ、血の滲むような努力をしております!!」と紹介。そうなの、そうなのよッ!!!だから超尊敬しているの!光を当ててくれてありがとうミッチーさん!!

 

「幸せでした…!明日も成功させよう!」という言葉に万感の思いが込められてました。

 

最後はこんな感じで抱き合いました〜〜!!

「抱き合って帰ろう!」

「両手を広げて!遠隔ハグ!」←久しぶりに笑い声が響かなかったので全私が泣いた

「心、貫いていい?」

「突き放すドン」

「遠隔アーチェリー!」

「ここで声出して良かったらウェッ!ていうんだけどね笑」

「刀を抜いた…スラリ。ずん飯尾みたいになってきた笑」

「構えて!…チャッ…(刀の効果音)

「遠隔!!真剣白刃取り!」

\パァン/

 

久しぶりにっていうか初めてタンバリンでパァンしてしまった。ファイナルでは小気味よく白刃取りの音を鳴らしたいと思います!

 

以上、レポでした。

 

それでですね。

 

聞いてください!!!

 

妹は帰り道、楽しかったbotになっていて*4、メロディアスも聴いてみたいと言ってくれたし、本当に嬉しい限りです!まあね、あとは感想は本人が書いてくれると思うのでね!(圧)(2回目)

来てくれるもう1人の友達は、終演後、わかりやすく灰になっていて最高でした。そんな彼女が差し入れてくれた優しさの塊を見てください涙↓おいしくいただきました…!午前4時に!!!

f:id:purplekuina246:20220731131220j:image

 

こちらの3名様へのインタビュー記事を企画しておりますので乞うご期待です☆

 

では!!

キクラゲにアイロンをかけて!*5最後のワンマン仕様ピンクメイクをして!いざ、ファイナルへ…!最後の一夜、みんなで悔いなく、愛し愛されましょうね!のちほど!!

 

*1:超アピールな衣装を着て超アピールな動きをしながら、ここでタンバリン消さない人って何なんでしょうね?(ちょい毒)

*2:2019年のゆうこりんの誕生日のときのめっちゃ良い発音の「Happy Birthday!!」はあったけど!

*3:初心者さん向け→フッシーさんは米米CLUBのホーンセクションの人だからBIG HORNS BEE│Personal Profile

*4:ちなみに妹はbotになりがちなので、眠いときは「眠い」bot、空腹のときは「お腹すいた」botになります

*5:まだかけてなかったんか〜〜い!!(綿100%で大変なんよ)