完全に猫なのさ

4年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ I'm here for you.

We love YOUR music/及川光博ワンマンショーツアー2022「GROOVE CIRCUS」7/31人見記念講堂【ファイナル】・前半(感想/レポ)

f:id:purplekuina246:20220801045453j:image

1日目、妹が「美輪さんからお花が来ている!」とびっくりしていた件。

 

※個人の感想/主観です。

 

GROOVE CIRCUSツアーの幕が降りました。

今は何をどう受け止めていいのか…という、今朝には想像もつかなかった心境です。

このテンションのまま書くと行間がしっとりしそうなので、ちょっと元気出して書いていきたいと思います。だって私、今日のMC今年イチ笑ったんだもの(※くどいようですがサイレントね)。

あと、昨日の私は「読めたぜ…ファイナルのセトリ…!!!」って思っていました。修行が足りないなぁ。

 

1部

This is me 始まったのがほぼ16:00でしたので、3分くらい押したのかなという印象です。

 

1.The Curtain Rises

登場シーン、最後はジュディオングでした!*1綺麗だった!すべてが名残惜しく、あらケンのがおがおを、理枝さんの鞭打ちを、1つひとつ目で追っていたら、やっぱりミッチーさんが上段のセンターに登場していました。

 

2.Don't Stop Me Baby

最初に呼びかけたのが「愛しの2階ベイベー!!」で、すかさず「1階ベイベー!!」に続きます。「愛しの…」まできたときに「人見ベイベー!」か「女子大ベイベー!」を予期したのでちょっとびっくりしたのですが、この、ぎっしりな2階の景色がとても嬉しかったんじゃないかなと思うのです。

最後のラップ日替わりは、「好きな言葉は有言実行です!」でした。セミファイナルで確定させて動かさなかったのね!

 

私、歴のわりにスレたところがあるのか、、2019年の初年度は蛇口がぶっ壊れていたくせに、そこまで泣かなくなっていたんですよね。でもアウトロで、あらケンのエモすぎるギターが聴こえてきたとき、もうダメでした。音源に入っていない大好きなメロディ。本当に今夜でお別れなんだ。

 

3.ザッツ・エンタテインメント

サビの入りは2回とも過去イチってくらいでっかい声で「Let's Go!!」の煽り。

そしてサビの振付「ももももキラキラ」の、「シャラララ…!」という音の圧がすごかった…!2カウントずつ視界に現れたり消えたりするタンバリンの光。タンバリン映えという意味では特異な曲だったのだなぁと改めて。

3人並んで肩に手を置く振付のとき、両サイドから寄ってくるさっちんとゆうこりん「来いよ…」みたいな感じでそれぞれ顔の動きをつけて誘っていて、カッコよかった。

上手に来てくれたとき、端のほうまで濃厚にラブを届ける姿を目撃。

 

4.インフィニティ∞ラブ

冒頭、「Welcome to the GROOVE CIRCUS 千秋楽!!」と叫んでスタート!

どの曲も練度がバキバキに上がっているなかではありますが、インフィニティは間違いなくベストアクト!!だと思った曲です。リミッターを外したパワーが、ステージの隅々にまで緊密に行き渡っている感じ!

冒頭はイントロの「Get ready! Baby, are you ready? Go!」を歌ったあともう一度「♪レディゴー」を重ねて。

Bメロで上手にやってくるとき、センターでミッチーさんをとらえているカメラに向かって「ついてこいよ!」って手招きするように合図、このちょっとした動きイケてたわ…!

インフィニティ、こんなに好きになるとは思わなかった!!

※あとはメモに「ありがとう」生声×2、オンマイク…って書いてある。脳内にシーンを再現できず…。

 

MC

1850人のファイナルベイベー!

お化粧直し後の第一声「ハーイ!」に、すかさずタンバリンで「ハーイ!」と返す我々。確かになんか、ハーイ!って感じの鳴り方だった。他にも「イェーイ!」とかもなんか伝わって、タースーは嬉しそうに「…文化!」

 

「嬉しいです!ファイナルでございます!」

「精一杯がんばります。精一杯やります。いつどこがファイナルになるかわからない中、昨日も完全燃焼しました」

完全燃焼して、楽屋でお風呂に入って、おとなしく帰路についたミッチーさん。「帰り道の途中でね、牛丼買った!」「でもね、スターとしての意地がある!」何かと思ったら「玉子とお新香つけた!!!」とドヤる!!!

「久しぶりに食べたらおいしいね!!」

という貴族の食レポいただきました。

 

そして今日は…

「1850人のソールドアウトベイベー!!」

素晴らしい!!!!万雷の拍手で答える、客席をぎっしり埋めたベイベーたち。

「みんなで呼んでみよう!せーのっ!」\ミッチー!!/(サンプリング)。

文脈忘れたけど「カメラさん、ありがとう!」、たぶんいい画が取れたんじゃないかな?

「悔いなく楽しんで帰ってね。女子大気分でね!」

 

C&R〜燃え盛り、煮えたぎる愛
  • 2階:女子大ですか!
  • 1階後ろ:メラメラですか!
  • 1階真ん中:ぐつぐつですか!
  • 1階前:ボーボーですか!!

2階ベイベーには\女子大でーす!/と答えさせておきながら「まぁ〜図々しいこと!」とハシゴを外し、(女子大生じゃないって)バレないバレない!」といじり倒して「あ〜可愛い!」と最後は愛しみを出してくれました。

そして1階後ろ以降は、愛とかやる気(意訳)が燃え盛ったり煮えたぎったりする様子を擬態語で表していったのですが、、1階前ベイベーたちに「ボーボー燃えている!」と呼びかける時点で、もう、変な空気になって肩を震わせる客席。

\ボーボーでーす!!/をやらせたもののこれじゃあんまりかなとテイク2。「キュンキュンですか!」\キュンキュンでーす/という可愛いバージョンもやっておいたものの「なんか普通だな。ボーボーかな」。でもこのパートで指ハートをドカーン!と出すミッチーさんが見られたので満足です!

 

遠隔技で遊ぼう!〜収録用〜

↑別に遊ぼうなんて言ってないけど!円盤映えするシーンの展開でした

「片手を挙げて!遠隔ハイターッチ!Yeah!」

「両手を広げて!遠隔はぁぐ!!」←笑い、起きませんでした!!!!

「おでこ出して…『ん』ってやって…」

おでこを突き出すようにサジェストされたので、これはキスをいただけるやつでしょうか??としっぽを振って待っていたら

「遠隔!頭突き!!!!」

ゴフッ!!みたいな効果音つきだった気がするわ。死ぬかと思った。

「と、ここまでが1ブロックです」と爽やかに編集点をつくる及川P(レポにおいても編集点になりますね)

 

昨日見たすごい悪夢

おとなしく過ごしているため話題がないっていう話から、「今日見た夢の話とかする?」

「時刻でいうと(=時計でいうと)12時(の針の体勢で)、枕に頭をつけて」就寝したミッチーさん(脳内補完:withタオルケット)、目覚めたら90°回転していたらしく「時刻でいうと2時45分!」。今思ったけど、時計の長針と短針がまっすぐの状態が2:45ってすぐ出てくるのすごいなぁ(時計を見ながら考えた人)(ちなみにこの行を書いている時刻は3:15なので形は近い)

で、その寝相のせいなのかすごい悪夢を見たそうで、

「新しい恋人が…どちらかというと新しい清楚系の恋人が…」

この最初の入りで超ヒヤッとしたんですけれど

「めちゃくちゃ財産目当てだった。」

腹筋をひきつらせて笑い声を我慢する私。

「だから、ないよないよそんなに!(お金)持ってないよ〜!って言ったら、その彼女が」

「暴力を振るい始めた。」

私、床が斜めのとこに立ってたというのもあると思うんですが、ここで誇張ではなく脇腹が攣りました。

なんでそんな夢を見たかというと某ハリウッドスターの離婚裁判のお話をテレビで見たかららしい…😂

 

最後にもう1回各フロアにデレてくれたのですが、

  • 2階:(タンバリンの美しい光が)こぼれ落ちそう!愛のナイアガラだね。
  • 1階後ろ:(タンバリンさばきが)あんたたちよくできてる〜
  • 1階真ん中:おしゃれしてきたねぇ。大丈夫ぜんぜん女子大生に見える!

ありがとうございます!!!?????

1階前、メモがないんだけど、ボーボーがらみだったかな?

 

メンバー紹介(抜粋)
  • 龍ちゃん:ここで「22台カメラが入っている」ことが明かされます。すごい!最多じゃない?このとき、ベイベーも映るので気合い入れるようにという文脈で、マスクで顔の下半分が隠れていることを「下半球」って表現してたのがすごいツボでした。地球儀かな?
  • 師匠:しかしその22台のカメラは…「2台はこいつが持ってますから!」と龍ちゃんを指差す師匠。確かにほんとだ、2個セットされてる!「師匠は何個?」「1個」「宗さんは?」→両手でゼロを作って答える宗さん。私はその後で宗さんがどんすとのダンサーの振りの「OKで〜す!」をやっていたのを見逃しませんでしたよ!!
  • 宗さん:耳パタパタ→しっぽふりふり→鼻パオーン!のユニゾン。可愛いな〜!しかしこっからのトーク何を書いたらいいのかわかんないくらいぎゅるんぎゅるんだったので割愛です…「ホタルイカ」と「干支を決めるときのねずみ」の話…
  • 理枝さん:そういえばこの前でちょっと席を外していた理枝さん。ここでは戻ってきていて「ごめんごめん、ちょっとみんなの角ハイ冷やしてた!」。ミッチーさんのお尻の固さを聞き続けてくれた理枝さんがご自身のお尻の固さを知らせてくれるというサービスタイム→軟式テニスのボール!そして、ドラムロールを挟んで明かされたミッチーさんの今日のお尻の固さは…「砂肝。」

※今、これを書きながら。未来永劫、ミッチーさんのお尻の固さを聞いてくれる人はもう現れないんだ、と思った。こう書くとミッチーさんのお尻の固さをすごく知りたい人みたいになっちゃうけど(尻だけに)、違うんだよ…。この関係性、この距離感だから引き出せる話だったんだよね…。

 

5.気まぐれラプソディー

さて!悔いなく踊りきりました!

サラツヤストレートをなびかせて踊るさっちんをニコニコ見ながら踊っていたら、その背後の空間をジャケットが横切りました(UFOみたいに言うな)。つまりきれいなジャケット投げだったということです!

ダンスのおかげで大好きな曲になりました。ありがとう気まぐれーズラプソディーズ!

 

6.まるごとフルーツ

冒頭の表情、眉間に皺を寄せていて、端的に言ってちょうエロかったです。
イントロでは身体をくねらせるようにしながらボタンを外していき、ベストは肩が脱げた状態にはせず、胸元がガバガバのままそのまま歌いはじめる一連の流れがよかった!

そのベスト投げもかっこよく決まったぜ!

「♪すかさず頬張りたい」「♪愛のフォークで」などの性愛の仕草は、もう、超ねっとりやりました。まってこれOAできるやつ??

はて…ところでアウトロ伸びたりしませんでしたかね?私、福岡のどんすとみたいに、いつものタイミング(とおぼしき所)で両手をスンって下ろしてしまって変な人になりました。ただのフライングの可能性も大いにございますが…

 

7.PARANOIA

ここだけ書き残しておきます。

2番Aメロのキメでミッチーさんが理枝さんを指差して、理枝さんがビシッ!!っとポーズを決めるところがすごく印象に残っているのです。

今思ったんだけど、これって今まで指差しあったのかな…。自信がないけど、あったとしても今回は強めにやったとかじゃない?

もう節穴の可能性ありまくりで恐縮ですが、少なくとも、今夜、とても私の印象に残った、っていうのは事実…。

 

8.We love music

泣いてしまってこの曲の感想が書けません。

We love the music

ポケットに広がる universe

We have the melody

カラダを駆け巡る fantasy

「We love music」 作詞 伊藤理枝

 

壮大なCメロ、今までは「♪時を越えて 今 距離を越えて」が刺さることが多かったのだけど、今回はその続きの「♪繋がる奇跡に 何度でも出会いたい」 で客席に手を差し伸べる姿にグッときていて…。あれがひとつのお別れだったのかもしれないです。

本当に、繋がる奇跡に、これからも、何度でも、もっと出会いたいよ、と願ってしまう…。

でも、セミファイナルのレポでも書いたけど、「私はここですっごく楽しんでるよ!愛を受け取ってるよ!!」という気持ちを伝え続けられた、という実感が間違いなくあります。

私なんかが、4年目の私なんかが、こんなにぐっちゃぐちゃに泣いておかしいかもしれないけど、でも、それだけの愛をもらっていたんです。

 

 

(涙を拭いて鼻をかむための間)

 

(ずびっ…)

 

(よし、テンション戻します)

 

 

9.君が好き。

ツーショの小芝居、今までで一番さり気なくなかったです。さり気、ありました。円盤で見るのが楽しみだ…!

「♪君が好き」で途中からマイクを離すやつ、シューティングではどうなったかというと、1回目も2回目もオンマイクでした。アウトロがよかったなぁ、終わってからオフマイクで2回「♪君が好き」を歌ったのですが2回目は左手を耳に添えてみんなの声を聞くように。

 

10.願い

ちょっとメモが煮崩れたじゃがいもみたいになって形が残ってないけど、書ける所だけ…。

日焼けの話。大学時代の思い出で「逗子マリーナにマンションを持っている友達の家に何泊もして」…という有閑倶楽部すぎるエピソードを明かしてくれたのですが、「焼けたわけだけど、日焼けじゃなかった。火傷。自分も肌よわいけどみんなも気をつけてね、といたわってくれました。

「昨今の直射日光、殺人的だと思います。(そんななか)今日も来てくれて本当ありがとう」

「それでは聞いてください。(指パチン)『願い』」。

 

最近お留守がちだったファルセット、今回は最初からぜんぶ地声/下の音で歌っていました。そういば、上記のトークの間、ファルセットの練習、しなかったしね。

音源に出会ったときの感想はとにかく「ファルセット!」で、他にも好きという声をたくさん聞いた記憶があります。私がRADIO◎CONNECTORで読んでいただいたメールもファルセット絡みのものでした。でも、これが収録に向けての及川Pの判断なんだなと理解できました。

そして、途中でわかって感動したことがあります。それは「ミッチーさんは、この曲の歌い方を開発し直したんだな」ということ。「♪抱きしめて」を地声で歌うと、次の「♪流れ星に」のハイパワーで歌う箇所への繋ぎがよくなって、さらに「♪迷わずに歩いて」は下の音を選択することでデクレッシェンド気味に。緩急が変わった結果、すごく収まりが良くなった感じがしました。

そして…

はじめちゃんがすごかった。。

宇宙から星の輝きを引きずり下ろすかのように、エモーショナルに歌い上げるアルトサックス。

アウトロでも過去イチためて、最後はサビの掛け合いのフレーズを洒脱にリフレイン。

魂抜かれた…。

 

そして多分、ミッチーさん最後ちょっと泣いていたと思う。

ピンスポの中で深々と頭を下げる姿。長い長い、長い拍手。

 

11.メロディア

イントロが始まっても、ミッチーさんは顔を押さえてちょっと泣いているようにも見えました。

トリートメント、上手に来てくれて、よしよし…かと思ったらフッとキスを飛ばすので心臓に悪いわ…。

間奏でリズムを取るところ、左右に控えるさっちん、ゆうこりんを振り返ってそれぞれ目線を送るのが感動的でした。

そういえば、「マスクの下は、キラキラ笑顔!」とかは言わなかったんですよね。みんながそれくらいキラキラしてたからじゃないかなぁ。ただひたすら生の喜びが輝いていた時間でした。

 

私ですか!!悔いなく踊ったよ!!(雨乞いのポーズ)

 

ちなみに妹は、「願い」→「メロディアス」で爆泣きしていたとのこと。

 

12.Q.I.D.

29回目にしてこんなことが起こるとは。冒頭の音源に入っている「Q.I.D.」が鳴りませんでした…!マイケルのポーズを取りながらタースーは明らかに「あー…」ってなってたのだけど、これは止めるな、と思いきや演奏は止まりませんでした。なるほどねショーマストゴーオーーーン!!!

あとでTLで拝見してなるほどと思ったのですが、マニピュレーター案件だったら、映像では編集で音を乗っけられるかもということなんですね?

 

私ですか!!悔いなく踊ったよ!!(マイケルのポーズ)

でもSmile and Soulを2回とも間違えたよ!なんで!!!!

 

ファイナルなので休憩中に曲名ツイ解禁↓

 

13.CRAZY A GO GO!!

1番Aメロ終わりの4カウント!大好きなさちえ先生の脚上げが見れた!!毎回変わるけど脚上げがあると今日はいい日ってなる(占いなの??)

ソロの前、はじめちゃんが階段を降りてくるとき龍ちゃん専用カメラにぶつかったっぽい。笑
ミッチーさんはアウトロに差し掛かっても「踊ろう!」と上手側に煽って、最後は「人見のベイベー」「世田谷ベイベー」「三茶のベイベー」でした。

 

ポーズで掲げた手を、もったいつけて下ろすタースー。

「すごい!」

と満足げに言い残し、袖に消えていきながら

「休みなさい!」

いや、あなたがね!!休んでね!!!と心の中で全力で叫んでおきました。

 

 

そこそこ、行間がしっとりしてしまったようで恐縮です。

あと記憶の定着がめちゃくちゃ悪くて苦労しましたが、それは感情の揺れもあると思うけど単に寝不足ですね。

うん、レポがへっぽこでもだいじょうぶ、、、映像が残るから、、、

 

仕事がやばいのにファイナル休暇をとっております。

お休みとれた方もお仕事の方も、余韻とともに健康に月曜日を過ごしましょう…!(ばたり)

 

 

*1:今さらですが適当な名前をつけて本当すみません(呼び名があるほうが便利なもので…)