完全に猫なのさ

4年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ I'm here for you.

超低解像度で振り返る初ワンマンショー

4/27に参加した、初めての及川光博ワンマンショー(オリンパスホール八王子)を振り返ろうと思います。

元はこれです。

f:id:purplekuina246:20210601011939j:image

 

行くことになった経緯とその後の端末はこちら。

もともと記憶力がいいほうじゃない上に、とにかくあの日はそこに存在するだけで、キラキラした何かを受け止めるだけで精一杯だったのでもう

引くほど何も覚えてない

その後、先輩ベイベーさんの感想やレポ拝見したりして(最初に拝見したのはみあやさんのブログ及川光博ワンマンショーツアー2019PURPLE DIAMOND 八王子セトリなど | 今日も完全燃焼!です)

少しずつ「何をやってたのか」復習したり、そもそもの知識を学習したりしてきましたが

この記事は当時の完全初心者目線のまま、驚きの低解像度でお送りします。

曲目は出てきませんしネタバレはしていないと思います(あるグッズが関係ある曲の話以外)。レポではないので何のお役にも立ちませんが、よろしければご覧ください…。

 

先輩ベイベーから教えてもらった注意事項

連れてってくれた友ベイベーが教えてくれたことは以下。これは今振り返ると初心者的にとってもありがたかった。

  1. バラードは静かに聴き、コールはしない
  2. バラードでは光る手首をオフにする
  3. ポンポンは開いてカバンにしまっておき、その時まで使わない

 

第1部

最初の3曲

キラキラと輝く及川光博さんが登場。

本物だ〜〜〜〜〜〜(語彙)

今年目に入れたものの中で間違いなく一番輝度が高い(物理)

わっ、こんなにいろんな曲に振付があったのか〜! みんな踊ってる…すごい、どうしよう…でも音楽に乗ってたら楽しめそうかも…

 

メンバー紹介などについて

友ベイベーから、ほぼ必ずホーンセクションが入ると聞いていました。中高で吹奏楽部、大学で少しだけホーン隊経験があり(楽器はサックス)、楽しみだったポイントの1つ!

サックスの人は2人いて回によってどちらかが出演されるようだ

と知る。

「おそろいのストラップ作りました」

にグッとくる。サックスやる人のストラップはもう体の一部だから!!

 

そして、ステージ上に当たり前のように執事がいる!!

いやでもミッチーだから執事必要ですよね。うん。

という謎のわかりみに達した。

 

ファンサのこと

これはもうまじまじのまじでびっくりしたんだけど

ファンサが殺人的

えっ、触らせて…えっ、ハグ???えっ????

大丈夫ですか戦争起きない????

 

ところが

最前のベイベーさんがミッチーにマイクを向けられたとき「あ゛だしも゛〜〜〜〜!!!!」という濃いめの返しをされたんだけど

客席の空気があったかい

ことにすごくびっくりした。

ミッチーが、最前の10代ベイベーにハグしたときも、

お母さんとか、いとこのお姉さんの気持ち

になって眺めてた。

ほんとうに衝撃だった。「いいなぁ」「ずるい!」みたいな空気、ない。

もしかしてミッチーのワンマンショーでは、ファンサはみんなのもの、というか、1つを全員で少しずつシェアするんじゃなくて、誰かがファンサをもらったらそれは自分がもらったのと同じ、ということなのかな? 

 

バラード

1曲終わったあとに「着席っ」って言われた。

うれしい、座って聴いてもいいの?

カフカの椅子に体を預けて、ときどき目を瞑ったりしてじっくり聴けてうれしい。

拍手。

まるで海の底から湧き上がり、ホールをじんわりと満たすような、暖かい暖かい拍手だった。

これ、クラシックコンサートの拍手だ。

(そういえばここはコンサートホールだと思い出す)

最初の3曲と同じ演目、同じ会場、同じお客さんと思えないよ。静かに感動を覚えた。

 

1部の最後の曲

うわ〜〜楽しい〜〜〜〜踊りたい〜〜〜〜

胸から取り出した「ラブ」を投げまくったあと(その投球動作?がほんとうに全身を使っていた)

はけてゆくミッチー、袖にさしかかった後ろ姿が一瞬よろけて少し心配になった。

 

休憩中

友ベイベー「これは最初から踊らせに来てるなって思った」

 

第2部

愛哲

愛と哲学のこ!べ!「や!」(言えたぞ〜〜〜)

この時くらいから、

C&R、型が難しくないから初心者でも参加しやすい!!

とわかりはじめる。

(どこだったか忘れたけど遠隔アーチェリーにも対応できた)

 

愛哲の間ずっと思ってたことは、

質問のクオリティ高すぎない??

そしてミッチーのお答えの切れ味よすぎない? 愛がありすぎない??

最初、執事の人が持ってる箱には今日集まった質問のベスト3が入ってるんじゃないかという考えが頭をよぎった。

でも、ミッチーが次の質問を選ぶとき執事の人は箱を振って、

たしかにガサガサいっている。やはりたくさんの紙が、箱の中にあるのだ…。

 

そして、ポンポンの曲

覚えてないんだけど、イントロかフリで察して一斉にかがむ(ポンポンを出す)ベイベー達。

それを見てかがむ初心者の私。

待ってた!!今度こそちゃんと踊るぞ!!!! 振付を覚えた曲がやってきたことへの喜びが爆発。

これ知ってる、進研ゼミでやった!!!

 

踊れるのが嬉しすぎて、手の振付だけじゃなくて「ブロードウェイ」でかがむとことか「踊れますよ〜〜」と言わんばかりにやりました。

もうめちゃくちゃ楽しかった。

「ありがとう平成」の巨大墨書が降りてきてテンションが振り切れる。

…そしてあっという間に終わってしまった。

短い。短かった。たどたどしくポンポンを開くのにかかった時間を思った。

ステージの輝きは本当に特別で一瞬なんだ。

 

アンコール待ち

ミッチー、チャチャチャ(手拍子)だったような記憶。

すると照明が落とされたステージ中央の階段で、手拍子に合わせてMの文字が瞬くではないか。

すごい…これはコールに電飾が呼応してくれたんだ!! みんなの思いが電飾をつけた…胸熱…!!

※この記事は超低解像度でお送りしています

 

ダブルアンコール、トリプルアンコール

うれしい! これやってくれるんだ!!

振付がうろ覚えながらも食らいつきたくて、ついミッチーじゃなくてダンサーさんを見てしまう…! あーいかんいかん!! でも楽しい!!とにかく夢中で浴びて、参加した。

 

終演後、アンケートみっしり書いて帰りました。

・初めて来たけどとにかく楽しかったこと

・ショーマンシップにしびれたこと

・ミッチーの志向するエンターテインメントは決して古びないと思ったこと

あと1部の最後で少し心配になったから

どうかゆっくり休んで体をいたわってください

って書いた記憶あります。

 

 

このときはまだ「あ〜楽しかった! カッコよかった! いいもの見た!」でした。

1月に誘ってもらった時に思った

「何も考えずにエンタメを浴びたい」は確かに達成された。

 

「よいものだと知ったのでまた来年行きたい」。ふだんからバンバン推してなくても年1回だけライブに行くお客さんがいたっていいよね、それも応援のしかただよね、などと知ったようなことを心の中で呟きながら…。

 

 

そして今、私のスケジュールには6月の公演が3回分決まっているのだった。やっぱり自分に何が起こったのかまだよくわからない。