完全に猫なのさ

3年目ベイベーが及川光博さんについて書くブログ

果てなき愛とシスターフッド〜RIE JENNIライブ「JENNI CATS ARE COMMNIG TO TOWN!!」2021年2月22日 (※配信組の感想/セトリ未補完)

※2/28 字幕版アーカイブ公開にあわせて追記・修正を行いました。が、曲のタイトルについては表示されなかったのでそのままにしているところもあります。ご了承ください

2020年のRIE JENNI初ライブからあっという間の1年。昨年の2月15日、渋谷VUENOSのぎゅうぎゅうみつみつのフロアでうっとり身体をゆらしていたのに、それからたった10日でエンタメを取り巻く世界は変わってしまいました(2月26日、政府の要請により大規模イベントの自粛へ)。

 

purplekuina246.hatenablog.com

purplekuina246.hatenablog.comPerfumeのドームライブは、2020年2月25日の公演は行われ、2月26日は中止に。

 

たくさんの困難が今もあるなか、新しい形で理枝さんが届けてくれた今回のライブ。ありがたいことに配信があり、当日は後半30分だけリアタイし、アーカイブをおうちでゆっくり楽しみました。以下、熱いうちに感想を残しておきます。

 

※現地組ではなく配信での感想です。

※セトリは一部曲名が不明なままで、2/28の字幕版アーカイブ公開後に補完・修正します。歌詞の聞き取りは参考までにお願いします。

 

 1.Come together!!

ダンスリハの動画が事前にアップされていたこの曲から!刺繍入りの白シャツにほっそいデニムパンツの理枝さんが登場。ダンサーのさっちんとゆうこりんは、ベルトのウエストマークがかわいいデニム&チェックのお衣装♡

baby, Come together! パーティーがはじまるよ
baby, we can make it 新しい世界はすぐそこ
転んだっていいじゃん 逃げたってオーライ
生きていれば何度も会える
孤独な夜 乗り越えて今
遊びの才能 研ぎ澄ませジェニー

もうねこの歌詞が本当に好き!

オープニングナンバー的な役割で短い1曲ですが、「一緒においでよ!」って手を引いて、明るいほうへ連れ出してくれるような、エンパワメントに満ちている。すごくすごく思いを込めて生み出されたナンバーだなぁと思うのです。

※2/28追記:サビの最後、何を研ぎ澄ませるのかどうしても聞き取れなかったのですが「遊びの才能」だったのか〜〜!!クール!粋!!

 

2.move on!!

昨年のライブではポリス帽に、ダンサーズはSWATのハードなお衣装でめちゃくちゃかっこよかったこの1曲。ああ今年も逮捕されたい。*1

サビの歌詞「1,2,3,4 MOVE ON!! COME TOGETHER」の歌詞が、1曲目とリンクしていて最高です。

あーもう、振り付けが本当に大好き、サビもだし、とくにサビ前のキメの、敬礼っぽい右手とウエストの振りが超好き。
ああ、さちえせんせいの顔周りで揺れる御髪のカールになりたい。ゆうこりんの伏し目を彩るまつげになりたい…(なにをいっているんだ)

 

3.ICE CREAM

ミドルテンポの大人〜〜〜なナンバー。

ゆうこりんの脚に理性を蹴り上げられたので、あと理枝さんがマイクの手元で何かをなさっていたので(自主規制)、記憶が定かではありません。

 

4.HOLD ON

軽快なベースラインがとっても印象的!

Hold on,押し寄せる痛みから

Hold out,あなたを守りたい

その手を離さないで I will catch you

そんなの惚れちゃう!ついていっちゃう!!

ここらで気づいたけれども、理枝さんのお歌って、めちゃくちゃ歌詞が聞き取りやすいのですね。だから歌詞のメッセージがびしばし伝わるんだなぁと思いました。

※2/28追記:あああ「Hold on/out」で言い換えていたのですね。げっちゅーでもなくてcatch youだった〜

 

MC

いつものきゃわわな「こんばんはー♡」が聴けてうれしいMC。特に心に残ったメッセージを書き残しておきます。

「リエジェニって場所は、大人の悩み事の情報を交換できるツールにしたくて」

「私のみなさまへの愛はでっかいです。大きくて、減らないので、ぜんぜん減らないので、いっぱい取ってってください」

「闇があると光が知れるんじゃないかなって」

昨年のライブで言っていた「みんなの待ち合わせ場所になれたら」という言葉を思い出します。理枝さんが体現しようとしているのは、唯一無二のシスターフッドなんだと改めて確信。

 

5.

「私の心の闇の部分は音楽で昇華していけるように」というMCからつながる1曲。

私以外の誰かになりたい 扉を叩く音が響かない
そのシャツは4年前の夏の日に
口紅我慢して贈ったモノよ

この歌い出しの歌詞、たまらん!「口紅」は、女性が自分自身を彩るアイテムの象徴。愛と献身が、そして費やした時間が、相手に伝わっていないようなもどかしさと悔しさがにじみます。この口紅は、シャツを買うために我慢するのだから絶対にデパコス(独断と偏見ではシャネルかランコムトム・フォードです)。


メンバー紹介

理枝さんはお着替えタイム。師匠から順番にソロを回しながら背後のビジョンに大きく映るメンバーの名前。かっこいい!そうきたか!!フロント不在でもこれができるのね!

 

6.

カウベルの音でハンドクラップを誘うイントロにギターリフが重なり、にゃお〜〜んという甘やかな猫の鳴き声が聞こえるぞと思ったら…。

にゃーーーーん!!!!(語彙喪失)

レースの猫耳をつけて、スーパーラブリーキュートな黒猫が3匹登場するではありませんか…!

ダンサーのお衣装は黒のシアーなブラウスに黒のミニスカ(=これワンピースかも)、そこに大正義・ニーハイブーツでございます。

わかりやすく手で猫の手を作るだけじゃなくて、全体的にガールズヒップホップみ満載のカーヴィーな振り付けが猫、マジで猫。
さっちんの挑発的な流し目も、ゆうこりんの陰のある眼差しも、すごく猫。
こんなきゃわわななにゃんこに迫られたら太刀打ちできない。

 

7.レモンティー

ここでダンサーはいったん退場(改めてこのダンサーのお衣装、たった1曲の露出ながら強烈な印象を残したなと思う)。軽快なロックナンバーにチェンジ!理枝さんのガチなシャウトとヘドバンが、セクシーな黒ドレスとギャップを演出してカッコいい。そして言うのを我慢していたけれど、前の曲から、私の目は理枝さんの黒ドレスの胸元に釘付けです(言うのかよ)。谷間に挟まってるペンダントのチャームになりたい…。

 

MC(フッシー、曽我さん)

トランペットのフッシーとバンマス・曽我さんによるトークコーナー。超要約すると鼻毛のお話&謎掛けでした。配信組のコメントを見てめっちゃニコニコしてるおじさん2人がチャーミングでした(にっこり)。

コメント拾ってもらって恐れ入ります…。


曽我さん「普段、語尾に『にゃん』とかつけて喋ることあります?」
フッシー「そんなないなぁ…」
私「(そんな…?)」

 

後半は真っ赤なキャミドレスに着替えた理枝さんも再登場。配信のコメントを拾いつつ、今回のライブでフィーチャーされた「猫ちゃん」について、「マイペースで一人遊びがじょうずってことでね、みなさんの象徴でもあるんですよ」と明かしてくれました。

そう私たち、一人ひとりの心の自由を大切にしながら、手を取り合って、連帯していきたいのです、と心の中で答えたくなる。

 

8.彼の比率

ダンサーズ再登場!お衣装はフリンジがたっぷり揺れるブラ&ショートパンツで、さっちんは黄色、ゆうこりんは水色。わかる、その色の割り当て超わかる!!!視聴しながらのわたしのメモ、「さちえせんせいのおへそ」だったので反省したほうがいい*2
ラストの決めポーズのところ、上手からパンしていったカメラが目を伏せたゆうこりんをとらえて、この曲全体の余韻になりました。

 

9.my collection

うわ〜〜い待ってました!!大好き!理枝さんのボーカルが超ファンキーでアガる!

ミッチーさん版は「今夜はファンタスティック!!」。振り付けが同じということもあり、2019年のワンマンの思い出も重なります。さっちんのキレキレの「♪ンバンバンバンバ」が最高(伝われ)、そして笑顔の封印を解いたゆうこりんにノックアウトです。

(ていうか改めて、この曲の振り付け難しすぎるわ、そりゃ覚えられんわ…!)

 

10.Baby Baby Baby

いやむちゃくちゃカッコいい!!都会っぽくてグルーヴィーでめちゃ好き!!!

Tell me what's you want
I'll give you anything you want

ああ、ほんとうに愛しかない。

振り付けもめちゃくちゃ好き(特にBメロ)。
(ところでカメラさんゆうこりんのおなか抜きがちだなと思ったんですけど、激しいダンスゆえ、この曲で見えそうで見えなかったおへそが見えるようになったのでした)(合掌)

 

EC(Sweet day of the Friends)/エンディング

ここだけ、リアタイ時の感想。

会社を出て後半30分だけ地下鉄でリアタイをしていました。用事のある渋谷に着いてからは、iPhoneをコートのポケットに入れて、耳だけで。そしてこのアンコールの1曲は、桜丘側に渡る歩道橋にさしかかったとき始まりました。

時が流れても すべて変わっても ずっとここにあるから

渋谷はいま再開発の真っ只中。新しいヒカリエやスクランブルスクエアのまばゆい光、そして旧東急東横店の静かな建物を横目に、理枝さんのボーカルに耳を傾ける。新宿ALTAで待ち合わせはできなかったけれど、少し離れた街の歩道橋の上で、夜風といっしょに理枝さんの声に包まれるような、不思議で得難い体験をしました。

 

f:id:purplekuina246:20210224000926j:image

行くたびに変わる渋谷、少し前に撮った写真。

 

 

 

エンディングは多幸感あふれる「Come together!!」のリプライズ。終演後、TLには現地ジェニーさんたちがバラのお花をたくさんアップしていました。理枝さん、困難な状況のなか、素敵なライブを届けてくれてありがとうございました!配信でもたっぷり愛をいただきました。これからも手を取りあって、みんなで明るいほうへ行けたらいいなって思います。

 

 

*1:去年の感想にも逮捕されたいって書いていたので反省したほうがいい

*2:ゆくくるのメモでは「さちえせんせいのおしり」ってメモしてたので反省したほうがいい